FC2ブログ
 
  

アルルはゴッホの名画の舞台:アルルの「黄色い家」へ

2011年4月3日日曜日@アヴィニョン~アルル/1回目

旅の5日目です。

今日はプロヴァンスProvenceの朝、アヴィニョンAvignonは晴れ上がっています。やったね!!

まずは朝食です。レストランはとても明るく、いかにもプロヴァンスという感じの気持ちのよいところです。


UBOs_dD1vJ654c.jpg



ホテルの朝食は、種類は少ないのですが、あたたかいものもあり、美味しい朝食です。


1d5qjMtebG93d2.jpg



自分でお湯に入れるゆで卵もありますが、少し時間が短過ぎて半熟にも至らずです。(2日目は、タイマー10分にセットしたら、今度は半熟ならぬ完熟卵になってしまいました。なかなか難しい・・・。)


twCuPv9eh_6e85.jpg



とっても珍しくってオシャレな感じなのは、ビンに入ったいろんなジャムがズラリと並んでいて、好きなものを好きな分だけ取り分けられることです。蜂蜜を取り分けるスプーンのようなものは始めてみますが、とっても面白い形をしています。使ってみますが、これが実にとろ~りとした蜂蜜を取り分けるのに絶妙な形なんです。


aO_AOdCOK3c6a7.jpg



果物も豊富にあり、配偶者にリンゴをむいてもらって食べます。新鮮な果物もいいものです。


KbcTdxoXtW519a.jpg



さて、朝食後、このホテルから時計台広場Place de l'Horlogeに出て、その広場からホテルを眺めてみます。プラタナスがホテルの前に立ち並び、いい風景です。ひさしのあるレストランの建物がホテルの建物で、古めかしい歴史を感じさせる建物です。


YtwiRwB8kq05d5.jpg



このアヴィニョンのホテルはホテル・ドゥ・オルロージュHôtel de l'Horlogeはいかにもプロヴァンスという雰囲気のホテルで、街歩きの拠点として、とても使いやすいホテルです。

さて、これからアルルArlesに出かけます。アルルはゴッホの憧れの地、この目でしっかりとそれを見ましょう。
ホテルから街を貫通するレピュブリック通りRue de la République、ジャン・ジョレス通りCours Jean Jaurèsを歩き、アヴィニョン・サントル駅Gare de Avignon Centreに向かいます。このアヴィニョン・サントル駅は、昨日着いたアヴィニョンTGV駅Gare d'Avignon TGVとは別の在来線の駅です。ホテルから10分ほど歩き、街を囲む城壁を抜けるレピュブリック門Porte de la Républiqueに到着。目の前には、アヴィニョン・サントル駅が見えます。


2011071921.jpg



城壁に沿って、大きな自動車道路、サン・ロック通りBoulevard Saint-Rochがあります。この道路を渡ると、駅です。そこから街を囲む城壁が見通せます。この城壁は全長4.3キロ続いているそうです。


2011071922.jpg



ジャン・ジョレス通りも見えます。プラタナスの並木が美しいですね。フランスのこの季節はプラタナスの若葉がとても綺麗です。通りの手前には街の城門レピュブリック門が見えます。


2011071923.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011071901.jpg



さて、駅に入り、アルルまでの鉄道チケットを買おうとしますが窓口が分かりません。駅の案内所のお姉さんに何度も尋ねることになり、最後には叱られながら、やっと窓口が見つかります。すぐ、右側のところにあるのですが、何故か目にはいらなかったんです。ゴメンナサイ・・・。


2011071924.jpg



窓口でアルルまで2枚と言うと、60歳以上かと聞かれます。シルバー割引があるようで、これは嬉しい限りです。往復で一人11.8ユーロです。我々も見た目が年相応のようで、若いつもりの2人としてはちょっと残念です。(後でチケットを見たら、普通のチケットだったのでシルバー割引は誤解・・・)
往復券を購入して、さあ出発です。いかにもプロヴァンスらしい明るい色彩の通路を通って、プラットホームCに向かいます。


2011071925.jpg



プラットホームには、既に9時20分発マルセイユMarseille行きの電車が入線しています。もう、発車3分前です。チケットを買うのにモタモタしているうちに、ぎりぎりの時間になってしまっていました。


2011071926.jpg



早速、車内に乗り込むと座席はがらがらです。今日はユーレイルパスを使わないので、当然セカンドクラスですが、ゆったりと座れそうです。


2011071927.jpg



アルルまではわずか20分ですが、車窓のプロヴァンスの風景をしっかり楽しみます。早春の緑が綺麗です。


2011071928.jpg



9時38分に予定通り、アルル駅Gare d'Arlesに到着。アルルの青空が目に染みます。この陽光にゴッホは感動したのでしょうか。


2011071929.jpg



アヴィニョンからアルルへの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011071902.jpg



駅のツーリスト・インフォメーションで市内地図をもらおうとしますが、残念ながら、クローズしています。日曜のせいか、まだ時間が早いのか(10時前です)、判然としませんがどうしようもありませんね。

アルルの街では、画家ゴッホの足跡を訪ねます。駅前の通り、ポーラン・タラボ通りAvenue Paulin Talabotを5分足らず歩くと、ラマルティーヌ広場Place Lamartineが見えてきます。


2011071930.jpg



ラマルティーヌ広場は、真ん中に噴水の上がる大きな広場です。


2011071931.jpg



このラマルティーヌ広場は、あの有名な「黄色い家」の広場です。意外に大きな広場だったので、「黄色い家」の所在が分かるまで少し時間がかかりました。今や黄色い家の跡はまったくありませんが、絵にあるそれ以外の建物はそれなりに残っていました。


2011071932.jpg



通りの奥には鉄道の高架になったトンネルがありますが、「黄色い家」のパネルを見ると、ちゃんと蒸気機関車の走っている様子が描きこまれています。


2011071933.jpg



アルルの街には、ゴッホの絵が描かれた場所には、このようなパネルが設置されています。ゴッホも観光のシンボルとはね・・・。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011071903.jpg



さあ、これから、ゴッホゆかりの場所を巡ります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR