FC2ブログ
 
  

アヴィニョン散策:法王庁広場へ

2011年4月3日日曜日@アヴィニョン~アルル/7回目

アルルArles散策を終えて、宿泊地のアヴィニョンAvignonに戻ってきました。

アヴィニョン・サントル駅Gare de Avignon Centreからは、レピュブリック門Porte de la Républiqueから城壁を抜けて、朝通ってきたジャン・ジョレス通りCours Jean Jaurèsをホテルに向かいます。


hVc_GPo0SJ38a8.jpg



プラタナス並木の美しい昼下がりのジャン・ジョレス通りをブラブラ歩きます。


MKb4VFbbBd22fa.jpg



3分ほど進むと、通りの右側にツーリスト・インフォメーションOffice de Tourismeがあります。このツーリスト・インフォメーションで市内地図をもらいますが、日本語版です。よしよし!っていう感じです。


L1b8bx271Ga980.jpg



ここで、お得なアヴィニョン・パッシオンAvignon Passionというカードももらいます。


XeRgOAALKd3b39.jpg



このカード自体は無料で配布されています。このカードを提示すると、有料施設に入場する際に割引になります。ただし、1番目に入場する施設では通常料金を支払い、その際にこのカードにスタンプを押してもらいます。すると、2番目以降の施設では割引料金が適用されるというシステムです。
割引率は以下のように最高50%までなります。

 法王庁宮殿Palais des Papes:10.5ユーロ⇒8.5ユーロ
 サン・ベネゼ橋Pont Saint-Bénézet:4.5ユーロ⇒3.5ユーロ
 プティ・パレ美術館Musée Du Petit Palais:6ユーロ⇒3ユーロ
 カルヴェ美術館Musée Calvet:6ユーロ⇒3ユーロ
 ラピデール博物館Musée Lapidaire:2ユーロ⇒1ユーロ
 アングラドン美術館Musée Angladon:6ユーロ⇒4ユーロ
 ランベール現代美術コレクションCollection Lambert:7ユーロ⇒5.5ユーロ

ということは、ツーリスト・インフォメーションのすぐ近くにあるラピデール博物館Musée Lapidaireにまず立ち寄っておくのが、一番効率がよいということですね。
このほか、ローヌ川クルーズや近郊バスツアーも10%割引です。
まあ、投資なしで割引になるので、街巡りを始める前にこのカードをゲットしておくといいですね。

アルルでは随分歩き回ったので、ちょっとホテルに戻って休憩です。こんな時には、旧市街のど真ん中のホテルは便利ですね。午後の明るい日差しのあるホテルのベッドは、午睡に最適です。


QA5VrcmJLm9fcd.jpg



1時間ほど午睡をとって、頭がすっきり。まだ疲れは残っていますが、もう夕方の4時過ぎですから、そろそろ活動を開始しないとね。窓から路地を見ると、まだまだ夏時間のこの時間は空も明るいです。


aEVSUctDQBf9d2.jpg



さあ元気を出して、アヴィニョン見物に出かけましょう。
旧市街の中心にあるホテルから出ると、外はオルロージュ広場Place de l'Horloge(時計台広場)です。広々とした広場には、テントを張ったカフェテラスがずらっと並んでいて、街の音楽家の演奏も行われ賑やかです。


yo6omnpcd64cb8.jpg



この広場には、欧米での定番であるメリーゴーラウンドもしっかりとあります。


b0OZkmT3YGd64d.jpg



アヴィニョンといえば、ある一時期法王庁があったことで有名ですね。今でも堅固で巨大な建物が残っています。
オルロージュ広場から狭い道、ジャン・ヴィラー通りRue Jean Vilarを抜けると、法王庁宮殿Palais des Papesのある法王庁広場Place du Palaisに出ます。既に道の向こうには、ノートルダム・デ・ドン大聖堂Cathédrale Notre-Dame des Domsの金色の聖母像が見えています。


8FHAmeCpDT1667.jpg



法王庁広場にはオープンカフェ、広場の右手には、手前に法王庁宮殿の巨大な石の塊、その先にノートルダム・デ・ドン大聖堂とその鐘楼の頂きに金色の聖母像が見えます。これこそ、アヴィニョンの街の中心です。夕方というのに、この人出です。


0ujR3vf2ho70ac.jpg



法王庁広場の中央からは観光用のプチ・トランも出ています。今回はプチ・トランは利用しません。自分の足で街を廻ります。プチ・トランの向こうには、この広場の名物の逆さの象さんのモニュメントが見えますね。


LX9eP_wAQvcd60.jpg



広場をノートルダム・デ・ドン大聖堂の真下まで行って見上げると、プロヴァンスの青空に映える金色の聖母像がそびえ立っています。まるで青空に浮かんでいる感じです。


Xf30QT5MzRc3b2.jpg



広場の奥のほうから広場を振り返ると、広場の向こうにノートルダム・デ・ドン大聖堂、法王庁宮殿です。実に重厚かつ雄大な光景です。


eLJu_59qcJ56fc.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011072801.jpg



この法王庁広場での散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR