FC2ブログ
 
  

ヴュルツブルクはフランケンワインの街:美しきアルテ・マイン橋

2011年4月19日火曜日@ヴュルツブルク~フランクフルト/6回目

マリエンベルク要塞Festung Marienbergから下りてきました。下りるのは楽でしたが、上るのはきつそうですね。タクシーでズルしてしまいましたが、正解だったようです。

すぐにアルテ・マイン橋Alte Mainbrückeです。


mHYwBGmDi14aa9.jpg



この石造りの橋はちょうどプラハのカレル橋みたいなもので、橋の欄干沿いに石像が左右6人ずつ立っています。向こう岸の旧市街の建物はカラフルです。


VepyR1Eyveb0ec.jpg



橋の上からのマイン川Mainです。流れの先には、またワイン畑です。


uXE81b5tgL3f5a.jpg



川岸のカラフルな建物の前の堤には多くの人達が休んでいます。橋を渡ったら、私たちもそこで休みましょう。


rh6K8j18ph9d3f.jpg



橋を真ん中ほどまで渡ると、先程のマリエンベルク要塞やその要塞の斜面にあるワイン畑も見えます。


VIt66ad49T419d.jpg



橋を渡り終えるのももうすぐです。旧市街の重厚な建物が見えてきます。


t8LPeJ3NMx56d2.jpg



橋の欄干沿いの石像も見ておきましょう。まずはお馴染みのフランコニアFrankonia、フランケン地方の象徴ですね。


xbAsiOIhAUab00.jpg



次は聖キリアンSt. Kilian。ヴュルツブルクWürzburgの街の守護聖人です。


vAAqF6qDZx9094.jpg



橋を渡り終え、アルテ・マイン橋を眺めます。


26xkz_tCnQc06d.jpg



マリエンベルク要塞、ワイン畑、マイン川もよく見えます。


KbgVwzcASM544d.jpg



このアルテ・マイン橋からは、マリエンベルク要塞、マイン川の流れや旧市街も美しく、プラハと似た風景に思えます。川を除くとザルツブルグのホーヘンザルツブルグ城の雰囲気にも似ています。どこにも似ていないのは、斜面に大規模なフランケンのワイン畑があることです。やはり、ヴュルツブルクは何といってもフランケンワインの街です。saraiとしてはきっぱりと言いたいところです。

これでヴュルツブルクの街も満喫です。橋を渡り終えると、ドーム通りDomstraßeがまっすぐに大聖堂Würzburger Domまで続いています。


al9gS_cn2V1cd2.jpg



アルテ・マイン橋のたもとのタクシー乗り場を見ると、懐かしい顔が見えます。先程乗ったタクシーのドライバーです。お互い、にっこりです。


sTgbtjIAt36702.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011100201.jpg



次はマイン川沿いの遊歩道を散策します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

欧州鉄道周遊の旅、遂に完! フランクフルトから帰国

2011年4月19日火曜日@ヴュルツブルク~フランクフルト/7回目

アルテ・マイン橋Alte Mainbrückeを渡り終えた後、マイン川Main沿いの遊歩道を歩きながらホテルの方に向かいます。暖かい陽気に誘われて、川の堤の遊歩道はカップルや若い子たちの仲間でいっぱいです。


sz4Tc25noac93b.jpg



まだ陽は高く、汗ばみます。上着も取って、半袖のシャツ1枚で歩きます。
この遊歩道からの眺めはとても素晴しい。マイン川、アルテ・マイン橋、マリエンベルク要塞Festung Marienbergというヴュルツブルクの景観すべてが揃っています。


IzFsWXGpuzfdf1.jpg



遊歩道は美しい花であふれています。ドイツの春はとても綺麗です。


3acROYMS3v9ba3.jpg



遊歩道の先には、遊覧船乗り場。先程、マリエンベルク要塞から見えましたね。でも、残された時間では残念ながら乗船することは無理なようです。


_EmG1CmXUNa038.jpg



ちょうどホテルのところで川の堤から抜けるトンネルがあり、街のなかに出ます。


SNH2_EEI3n9bfe.jpg



すぐにホテル。まだ少し電車の時間には早いですが、最後の行程なので慎重に早めの行動をとります。昨日と逆の経路でトラムの2番に乗って、ヴュルツブルク中央駅Würzburg Hbfです。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011100202.jpg



駅のショップで、電車の中での飲み物と軽食を買って、プラットホームに移動。
ここは階段しかないと覚悟していると、何と階段の横の荷物用のベルトコンベアが動いています。最後は楽させてもらいます。予定時間15時55分に少し遅れてICEが到着。今回はセカンドクラスです。ヴュルツブルクWürzburgを発車すると、すぐにマイン川沿いを走ります。


ZC4VzWK4ZIcbdb.jpg



このあたりのマイン川はとても美しい流れです。


4GV2Idv6fsf008.jpg



1時間半の乗車で17時22分に定刻でフランクフルト空港駅Frankfurt am Main Flughafen FernbahnhofにICEは滑り込みます。

パリから始まった欧州鉄道周遊の旅もこれで完結です。旅全体を俯瞰するとともに、ヴュルツブルクからフランクフルトへの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011100203.jpg



電車から降りるときは近くにいた車掌さんが親切に荷物を下ろすのを手伝ってくれ、空港への通路まで教えてくれます。ダンケ・シェーン!!

さて、ともかく邪魔な荷物を預けてしまいましょう。今日の飛行機はJALで搭乗はターミナル2です。指示板にしたがって進むと、ターミナル1からターミナル2へのシャトルバスに乗れとのこと。ちょうどバスは待っています。シャトルバスでかなり移動して、ようやくターミナル2です。建物に入って少し探すとJALのカウンター。WEBチェックインは済んでいるので荷物を預けるだけです。まだ時間が早いせいかカウンターもがらがらで、すぐに荷物を預けられます。
ただ、今回はウィーンでRIMOWAのスーツケースを免税で買ったので、いったんスーツケースを持って出国審査の外側の税関のスタンプをもらう必要があります。JALのお姉さんに場所をよく聞いて税関に行き、免税書類にスタンプをもらって、そこでスーツケースも預けます。これですっかり身軽になります。

さて、フランクフルトといえば、やはりフランクフルトソーセージを食べないといけないでしょう。空港のレストランエリアに向かいます。この空港はとても立派です。


3II6I_roaz7801.jpg



ドイツ料理のレストランを探すと、何と何とそこにはフランクフルトソーセージはもちろん、ミュンヘンの白ソーセージ、ニュルンベルグソーセージまであります。が、ここはぐっと抑えて、フランクフルトソーセージを1皿だけ頼んで、それだけでザッツ・オールと言うとウェートレスのお姉さんもニッコリ笑いながら分かったわよとのこと。お腹にちょうどいいくらいの大きなソーセージが2本のっています。


QnEcTcmkfwdcd5.jpg



ところがテーブルの上のメニューを見ていると、Mövenpickのアイスクリームがあります。去年スイスに行ったときに美味しくいただいたアイスクリームで懐かしくなり、追加注文。もちろん、オーネ・ザーネ(ホイップクリームなし)でお願いします。


bdFw6fm2oI224a.jpg



そろそろ時間です。出国審査を受け、手持ちの免税品の書類の税関スタンプをもらい、横にあったリファンドのカウンターで免税のお金をいただきます。もちろん、ユーロのキャッシュで受け取りです。またすぐにヨーロッパに戻ってきたいですからね。

これですべて終わり。少し免税ショップものぞきますが、今更買うものも余分なお金もありません。さっさと手荷物検査を受け、搭乗口に向かいます。搭乗までの時間が1時間はあるので、PCを立ち上げます。空港のホットスポット(TELECOM)に1時間だけのアクセス権でネット接続し、ブログ記事の最後のアップと帰国メールを何通か出して、ちょうど搭乗時間になります。
無事搭乗です。


aeLasITG4E362a.jpg



またまた最後尾の2人席に落ち着き、帰国の途につきます。
最後の機内食です。何と何と、またまた、Mövenpickのアイスクリームがあり、びっくり。


Z9VaGWLygF2318.jpg



長い長い旅の記事もこれで終了です。お付き合い願いありがとうございます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR