FC2ブログ
 
  

トラブルにはめげないぞ! 這ってでもウィーンに到着

今日は平穏な朝から始まりました。マルタはこれまでで最高の天気。暑いくらいの陽気です。

トラブルの第1弾は朝のメール。なんと明日予定しているウィーンとチェスキー・クルムロフ間のシャトルバスが故障で動かないというのです。リンツからバスを出すのでそれを利用せよとのこと。急いでネットでウィーンからリンツの鉄道チケットを購入。うっかりしていましたが、帰りはいったいどうなるんんだろう? 早く帰って、その夜のオペラに備えないといけないのに・・・。

トラブルの第2弾。ホテルで10時半に予約しておいたタクシーを待ちますが、時間を過ぎても来ません。代理店に電話し、タクシー会社に確認を取ってもらった結果、20分以上も遅れて到着。代理店と運転手の遅れた言い訳が違っていましたが、まあ、いいでしょう。十分、飛行機の時間には余裕があります。

トラブルの第3弾。空港に着いて、早速、チェックインをすると、ルフトハンザの空港職員が出発時間が1時間以上遅れるということを宣言。結局、もっと遅れて、2時間ほどの遅れでフランクフルトに向けて出発。

トラブルの第4弾。フランクフルトへは結局1時間半ほどの遅れで到着。当然、ウィーンへの連絡便は影も形もなし。次のウィーン便のゲートまで走り、力尽きます。ここでも満席で乗れないとのこと。では、どうしてくれる?もたもたとPCを操作して、結果は約40分後の便があるので、それに乗れとのこと。トランスファー・チェックインのカウンターで手続きをしろとのことで、今度はゆったりとそこに行くと、そこは大行列。配偶者にこんなところで並んでいてもいいのって、強い指示を受け、係の人にもう搭乗まで時間がないけど大丈夫かって詰め寄ると、彼はあくまでも自分の意見だが、直接、搭乗ゲートにいったほうがいい、ただし、もう、無理だろうと無責任な態度。再度、遠い・遠い搭乗ゲートまで配偶者と走りました。ゲートに着いたら、もう、精魂尽きました。そこの係の方にウィーンまでの搭乗券を示すと、みんな難しい顔をします。それでも、何か検討しているみたいです。しばらくすると、その中の責任者が配偶者のほうを向いて、しばらく待ってくれとのこと。もしかしたら、何とかなるのかと期待します。結局、搭乗時間を過ぎて、やっと、ゲートを通してもらいました。何とか、ウィーンに行けそうです。

閑話休題 何と配偶者はビジネスのシート、saraiはエコノミーのシートと明暗を分けました。
配偶者は豪華食事。


dOLRsAMoPM636d.jpg



saraiは貧弱な食事。


S9oJOSZ2c8f560.jpg



一体、人生の岐路を分けるのはなんでしょう。

トラブルの第5弾。無事にウィーンに到着。しかし、恐れていたとおり、荷物が着きません。窓口に行くと、状況説明もそこそこに書類を書かされます。これって、荷物は届かないってことなのね。調査の結果、荷物はまだフランクフルトにあり、真夜中にウィーンに着くので、朝、ホテルに届けるとのこと。本当でしょうか? これも信じるしかありませんね。
渡されたのは2組のお泊りセットです。


r6n5caQNp07dd2.jpg



立派なケースの中にお詫びのメッセージ(日本語もあります)、寝間着代わりのXLサイズのTシャツ、洗面道具、なぜかニベア、洗剤、女性用品といったものです。記念にはなりますね。

疲れたので、空港からは大枚はたいてタクシーでホテルに。今年の4月にも長逗留したホテルなので勝手が分かっています。レセプションの可愛い女の子もいました。リメンバー・ミーというと戸惑った顔をしていました。やっと、気持ちが癒されます。

明日の準備やはっぱさんと連絡をとったりして、ともかく、今夜は寝て、明日がよい日であることを祈りましょう。

明日はチェスキー・クルムロフに1泊の旅です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR