FC2ブログ
 
  

おもちゃのような街、チェスキー・クルムロフ

今朝のウィーンは青空。一向に荷物は届きませんが、元気に朝食。

空港に連絡すると、11時頃には荷物をホテルに届けるとのこと。多分、チェスキー・クルムロフへの出発には間に合いません。着のみ着のまま、出かけることになりそうです。11時にホテルをチェックアウトし、20分ほどロビーで待ちますが、荷物は届かず。タクシーを呼んでもらって、ウィーン西駅に向かいます。西駅でザルツブルグ行のレールジェットに乗り、まずはリンツ中央駅に向かいます。いつもながら沿線の丘陵の家々と緑は美しい。


cETUdV3un883d8.jpg



リンツで予約してあったシャトルバスにピックアップしてもらい、一路、チェスキー・クルムロフに向かいます。途中の草原は広大で美しい。


qsB7XldeCU3491.jpg



しかし、saraiは携帯にかじりつき、荷物の状況確認に大童。結局、はっぱさんの力を借りて、ホテルにちゃんと荷物が届いたことを確認し、一安心。

チェスキー・クルムロフでは短い滞在時間ながら、念願のお城の塔の上からの眺めを楽しみ、大満足。


RmPSpGWaiO1b18.jpg



美味しいチェコ料理に舌鼓を打ち、ホテルからお城の夜景を楽しみながら、就寝。


LQ1LM0WAHQ7ef3.jpg



明日はウィーンに戻り、早速、国立歌劇場でオペラ。音楽三昧の日が始まります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, あやさん 2011/10/22 22:16
ものっすごぃ大変な2日間でしたね(@_@)。。しかしそれにもめげず、旅を楽しんできていらっしゃるsaraiさんご夫妻!すごい!!
明日は念願のオペラ鑑賞だそうで☆しっかり体調を整えて、楽しんできてください!

しかし奥様の機内食と旦那様の機内食… レディーファーストですね♪

2, saraiさん 2011/10/23 05:52
あやさん、コメントありがとうございます。

今、ウィーン国立歌劇場から帰ってきたところです。
オペラは感動、また感動。別記事でアップします。

トラブルも後からは思い出になりますが、その時はそれどころでなく、必死の戦いです。
機内食はやはり、女性に華を持たせるのが世界の常識ですね。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

究極美に陶酔!サロメ@ウィーン国立歌劇場 2011.10.22

今夜のウィーン国立歌劇場のR・シュトラウスの楽劇《サロメ》は今年聴いたオペラで最高でした。6月のメトロポリタン・オペラの来日公演も素晴らしかったし、ましてや、4月に同じウィーン国立歌劇場で聴いたネトレプコとガランチャの夢の共演のプラチナオペラ《アンナ・ボレーナ》はとりわけ素晴らしく、今年のオペラの第1位に輝くことが決定したかに思っていました、今日までは。

ところが、今日の《サロメ》はあまりに凄かった。まず、開演前にオーケストラの顔ぶれを見て、びっくり。コンサートマスター席にシュトイデが座ったのは当たり前だとしても、その後、隣にダナイローヴァが座りました。いわゆるダブルコンマスです。20年ほど前に同じウィーン国立歌劇場でR・シュトラウスの《エレクトラ》を聴いたときに故ヘッツェルとキュッヒルがダブルコンマスで座ったことを思い出します。あのときも凄く気合の入った演奏でした。今日は若手のコンマス2人とは言え、期待できそうです。

今日のプログラムとキャストは以下です。

  R・シュトラウス:楽劇《サロメ》
   指揮:ペーター・シュナイダー
   演出:ボレスラヴ・バルロック
   ヘロデス:ミシェル・ロイダー⇒ヴォルフガング・シュミット
   ヘロディアス:ジャニーナ・ビークル
   サロメ:カミラ・ニュルンド
   ヨカナーン:ユナ・ウーシタロ⇒マルクス・マルカルト
   ナラボ-ト:ヘルベルト・リッペルト⇒イエルク・シュナイダー

矢印のあるのは当初のキャストが変更になったところです。とりわけ、ヨカナーン役のウーシタロは楽しみにしていたので残念です。

指揮者のシュナイダーが棒を振り下ろすと同時に幕が開きます。オーケストラはあまりアンサンブルが揃っていません。ばらつきのある演奏です。舞台はクリムト風の文様のデザインで舞台装置も衣装も統一されています。美しい舞台です。
何かばたついていた演奏もサロメ役のニュルンドが登場すると、美しい響きに変わっていきます。そして、ヨカナーンが井戸から出されてきた瞬間、劇的に響きは究極美に大変身。これはオペラなのか、何なのか、よく分からなくなります。オーケストラの艶やかな美しい響きのなかにヨカナーンやサロメの歌声が交じり合い、何という贅沢な音響でしょう。純粋に音楽、音響に身も心も包み込まれ、思わず、涙が滲みます。R・シュトラウスの作り出した素晴らしい音の響きにずっと感動していました。サロメとヨカナーンの絡みの素晴らしいこと、また、ヘロデ王のサロメへの求愛の場面の音の響き、山場の7つのヴェールの踊りの素晴らしさ、ヨカナーンの首を断固要求するサロメとヘロデ王の絡みの素晴らしさ、そして、身震いするほどショッキングなサロメの凄惨で狂乱した歌唱とオーケストラの美の極致、そして、究極美の高みに達したフィナーレ、最後まで感涙し続けたオペラを超えたオペラでした。
第1に素晴らしかったのはオーケストラ。若きコンサートマスター2人で今後ともウィーンサウンドは将来も不変の美しさを保つこと、間違いなし。シュトイデの独奏もとても美しい響きでした。
第2にカミラ・ニュルンドがここまでサロメを歌いきるとは想像もしていませんでした。透き通った高音の響きは自然でオーケストラと美しく響きあいます。絶叫さえも美しく響きます。そして、おまけに容姿も素晴らしく、サロメの美を十分に表出させています。7つのヴェールの踊りも力演でなかなか魅せました。
第3にヘロデ王役のシュミットの声の響きの豊かさ、後半部分を支えたのは彼の力に負うところが大きかったです。
第4にヨカナーン役のマルカルトもなかなかの好演でした。ワーグナーものを思わせる力のある歌唱。聖人の高貴さを十分に表現していました。ウーシタロともいい勝負だったでしょう。

やはり、ウィーンのR・シュトラウスの凄さをちょっとなめていました。恐ろしいほどの美しさ、美し過ぎて、官能美を通り越して、終末の滅びを予感して身震いするような響きでした。こんな演奏が聴きたくて、わざわざウィーンまで来ちゃうんです。一緒に付き合って、感動を共有してくれる配偶者に心の底から感謝です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR