FC2ブログ
 
  

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:コバルトブルーの光で満たされた幻想の世界

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/2回目

手漕ぎ船に乗り込んで、いよいよ「青の洞窟」Grotta Azzurraに入場です。が、その前に船頭さんに「青の洞窟」の入場料と手漕ぎ船の代金を払います。1人12.5ユーロです。クルーズ船とは別料金です。クルーズ船に乗る前に、このような料金が必要だとは明確には説明されてません。もしも、ここまで来てお金がなかったらどうするんでしょうね。手漕ぎ船の船頭さんは、入場料を「青の洞窟」の番人に支払うために、船を寄せていきます。


_73yTja2s6480a.jpg



「青の洞窟」の前の海上は手漕ぎ船やクルーズ船がうようよ。大盛況です。


U7vmEbTrdN6dd1.jpg



「青の洞窟」の狭い入口の岩間の近くに手漕ぎ船を寄せて、「青の洞窟」から次々と出てくる手漕ぎ船が一段落するのを待ちます。


LSeDDdSPD3ed17.jpg



だんだん、我々の順番が近くなってきました。


GVabb4Wjab0f03.jpg



saraiと配偶者も船に寝そべって頭を低くして、「青の洞窟」にはいる準備完了です。その様子を船頭さんがパチリと撮影してくれました。


qRVxhSPjiid865.jpg



遂に我々の順番になり、「青の洞窟」に突入です。


vO2gzYVFi54bae.jpg



船頭さんも頭を低くして、岩間に近づきます。いよいよ「青の洞窟」に入ります。我々もさらにぐっと頭を引っ込めます。でないと、頭を岩にぶつけてしまうほど、岩間の天井は低いんです。


oMETaSvUq163aa.jpg



岩間はオールで漕ぐスペースもないので、船頭さんは天井に取り付けられた鉄の鎖を手繰りよせて、一気に「青の洞窟」に突入です。


THcfEg1n__8669.jpg



一瞬、真っ暗な空間で何も見えません。


uRPR4E6nAv1e5e.jpg



後ろを振り返ると、岩間から光が差し込み、コバルトブルーに染まった海水が美しく輝いています。オ~、これが「青の洞窟」なんですね。


WKV3EpZMCZa13e.jpg



後ろから続けて入ってきた手漕ぎ船が岩間からの明かりを少し遮っていましたが、その手漕ぎ船が視界から離れると岩間からの光がさらに明るくなり、美しい光で洞窟内が満たされ光の饗宴です。


GzpUZIn5R84ed9.jpg



手漕ぎ船はさらに奥の方に入り、洞窟内は落ち着いたコバルトブルーの光になります。とても美しいです。TVでは何度も飽きるほど見た光景ですが、生の迫力は違います。


1o18qxJHrPf620.jpg



向きを変えながら、洞窟内を周り始めると「青の洞窟」の海面全体が光を放っています。本当に美しい光景です。


7jmR6o_pVd7442.jpg



船頭さんがカンツォーネを歌い始めました。とてもよく響きます。こちらも一緒に声を合わせて歌います。一気にテンションがあがり、楽しくってたまりません。人間って単純なものです。船頭さんは日本語で、「素晴らしいね」と「ゆっくりと青の洞窟にいるよ」って言ってます。混雑すると5分ほどで出てしまうそうですから、大歓迎です。

まだまだコバルトブルーに輝く「青の洞窟」を堪能します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR