FC2ブログ
 
  

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:青空の下、気持ちのいいカプリ島一周クルーズ

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/4回目

カプリ島一周クルーズが続きます。小さな洞窟にいったんすっぽりと収まったクルーズ船は、洞窟から出て洞窟そばの入り江に近づきました。この辺りは、陸路からも下りてきて海の眺めを楽しめるようです。階段や見晴らし台になっています。


Z5bViWL8at4b28.jpg



クルーズ船はまたスピードアップして、次の目的地をめざします。


Vxjam6G3gc51cd.jpg



やがて、遠くに灯台のようなものが見えてきました。


3t6kfAQZGTdc06.jpg



なかなか綺麗な灯台です。プンタ・カレーナの灯台Faro di Punta Carenaです。


iyLIke_1d_b169.jpg



ここから岬を回って、クルーズ船が岸辺に近寄っていきます。この辺りは海の色が変わって、美しいコバルトブルーです。船の先には、また別の洞窟が見えます。「青の洞窟」ならぬ、「緑の洞窟」Grotta Verdeです。


IJFykNkqzf1091.jpg



船尾をこの「緑の洞窟」に最接近させてくれました。ここは陽光の下でとても明るいのですが、海面は「青の洞窟」と同じようなコバルトブルーに染まっています。


jlR9mNcgsI0cbb.jpg



海面はこんなに美しいんです。感動的ですね。


XyOxMd7iBRc69e.jpg



この「緑の洞窟」を離れ、次のポイントをめざします。行く手には、何やら海上に大きな奇岩が見えています。何でしょう。


Ji3qg2WCcc9152.jpg



その奇岩の手前に街が見えてきました。マリーナ・グランデMarina Grandeに帰ってきたのかと思いましたが、どうもここはマリーナ・ピッコラMarina Piccolaのようです。マリーナ・グランデのちょうど反対側にある街で、海水浴場があります。今はシーズンオフなので静かですが、きっとシーズンには賑わうのでしょうね。


AEWvvKkKXsfd5a.jpg



マリーナ・ピッコラの右手には切り立った高台があります。トラガラの見晴らし台Belvedere di Tragaraです。でも、この時点ではそこに見晴らし台があるなんて、知らなかったんです。それは乞うご期待・・・。


agPobgMlxc58d1.jpg



マリーナ・ピッコラの左手にも大きな岩山があります。この岩山が島一番の高台モンテ・ソラーロMonte Solaroのようです。アナカプリAnacapriの街からはリフトで上れます。10年ほど前にカプリ島を訪れた際にアナカプリに行きましたが、そのときは残念ながらリフトは休止中でした。


PQQBiWpLy84a57.jpg



さて、マリーナ・ピッコラを過ぎ、トラガラ岬のすぐ先に3本柱の奇岩が海中からにょっきりと顔を出しています。ファラリオーニFaraglioniです。


n2TqlN1VS2529f.jpg



と、クルーズ船はまっしぐらに真ん中の岩メッゾMezzoに向かって突進していきます。あぶない!!


JgfIDajuDw7d6d.jpg



次の瞬間、風化と浸食でぽっかりと開いた穴にクルーズ船は吸い込まれていきます。なーんだ・・・ホッ。


c72DdrAIvZ69a6.jpg



それにしてもぎりぎりの隙間しかありません。操船の巧みさにまたまた驚嘆。
岩のトンネルをくぐり抜けて、青空が見えてきました。


gHhCw9WEhl2b97.jpg



カプリ島一周クルーズも残りわずかになってきました。

青の洞窟からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012010701.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR