fc2ブログ
 
  

イタリア半島を南下し、シチリアへ:メッシーナの名物レストランでシチリア料理に舌鼓

2011年10月14日金曜日@アマルフィ~メッシーナ/5回目

サレルノSalernoからの5時間の鉄道の旅を終え、海峡の街メッシーナMessinaに到着しました。メッシーナ中央駅Messina Centraleで列車に別れを告げます。


XogtDPXzWo25f5.jpg



我々の乗っていた列車はさらにシラクーサSiracusaに向けて走り出します。ちなみにシラクーサは我々の明日の目的地です。

saraiは駅を出て、小雨の中を駅近くのホテルに無事チェックインしました。このホテルはNHロイヤルパレス(NH Royal Palace)ホテルです。ここでは1泊のみです。

メッシーナはカラヴァッジョの絵画を見ることだけが目的です。あまり観光地ではないようで、ホテルの選択の余地はほとんどなく、メッシーナ中央駅のすぐ近くのこのホテルが最適です。したがって、超早い時点でキャンセル不可の安い料金(2人で1泊86ユーロ)で予約しました。

ここは無線LAN接続が有料なので、まずは約10ユーロを支払いパスワードを発行してもらいました。ネット接続は問題なく?つながりました。

部屋は広く、ベッドも大変広いです。


U8FWAvrhzE9b71.jpg



デスクもしっかりとして、PCの作業もやりやすそうです。


XxTK1demju3726.jpg



ちょっと部屋に落ち着いたところで、夕食はシチリア料理のレストランへ行きます。ところが、ホテルからレストランへ予約を入れるものの、英語が通じずなかなか話が進みません。と、お店の人からアメリカーナと代わるから待ってくれとのこと。待つことしばし、英語の分かる人が電話に出てきて、スムーズに会話が進みました。最初から英語の分かる人に代わればよかったのにね。ホテルのレセプションでレストランの場所を教えてもらい、暗い道を通ってレストランに到着です。アル・パドリーノAl Padrinoというトラットリアで、名物おやじのパドリーノさんが仕切っている店です。太った調子のよいパドリーノさんに迎えられ、まず食事中のお客さんに紹介されました。なんと、先ほど電話で英語で会話してくれたのが、このアメリカ人夫婦のご主人だったんです。感謝の握手をして、テーブルに着きます。この旅は何かとアメリカ人と関わりがあります。昨夜のアマルフィのレストランでもアメリカ人のご夫婦とテーブルを隣り合わせ、少しお話をしました。その方はペンシルベニアからの方で、saraiがペン・ステートですねって言ったら、よく知っているねって驚いていました。
このパドリーノさんのレストランは日替わりコース料理があるので、それを注文しました。
まずはシチリア産の白ワインです。ちょっと癖のある香りの強いワインでした。


qyc9ZkIK2Zc427.jpg



料理を待つ間、配偶者がパドリーノさんに写真を撮っていいかと聞くと、OKと言いながら若い人を連れて我々を店先に誘い出します。一体何事だろうと思っていると、saraiのカメラをその若い人に渡し、看板を背景にしてのパドリーノさんとsaraiと配偶者の3人並んでの記念撮影となりました。面白いオヤジさんです。


9yAeoJ7Fkcb491.jpg



料理が出てきました。
盛り合わせのアンティパストです。


ZutId3PmPq5a7c.jpg



パスタです。このパスタはシチリア郷土料理のパスタ・アッラ・ノルマ。ナスとマカロニのトマトソースのパスタでたっぷりとリコッタチーズをふりかけて食べます。


m_pTLAPWIged7e.jpg



メインの魚料理です。イワシのロール巻とパン粉を付けたイワシのオリーブオイルのグリルです。


ZZBZb5vsqw5861.jpg



デザートはシチリア名物のカンノーロです。


ltBY00TuzZ6daa.jpg



盛りだくさんのシチリア料理でした。saraiは美味しく完食しましたが、配偶者はかなり残してパドリーノさんに叱られていました。それでも、パドリーノさんから食後のリキュールをサービスです。パドリーノさんはつねにレストラン内にいて、お客さんを楽しませ接待していました。


kgJu1xWRlu9f52.jpg



レストランは外からは目立たない建物ですが、中はご覧のとおり満席の賑わいです。


pngUUUsazcc1e5.jpg



シチリア料理に満足してsarai達は席を立ちますが、まだまだこれから地元の人達が集まり賑やかな会食が始まるようです。


rJtaxcSLZp5357.jpg



見送りに出てきたパドリーノさんと店先でサヨナラし、大変盛り上がった夕食も終了です。言葉は通じなくとも、人間同士気持ちは通じるものですね。

ホテルにもどり、長旅に疲れた配偶者はぐっすりです。明日に備えてsaraiもそろそろ寝ましょう。オヤスミナサイ。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR