fc2ブログ
 
  

シチリア島でもカラヴァッジョ:メッシーナを出発し、ローカル列車でシラクーサへ

2011年10月15日土曜日@メッシーナ~シラクーサ/3回目

メッシーナ州立美術館Museo regionale di Messinaから、またトラムに乗って帰りましょう。トラムの停留所RINGOに着きました。でも線路を人が歩いている状態では、トラムの到着はまだまだでしょう。


NIqHntZ6dy6516.jpg



トラムの情報も古いのだか間違っているのだか・・・。saraiの感じでは、このトラムはドゥオーモDuomoの先からドゥオーモ~メッシーナ駅~美術館前を通って美術館のちょっと先までを、1車両のみが往復しているのではないかと思われます(実際はトラムの経路はドゥオーモの先の中央駅を通り越して、ずっと先まで延びているようです。ですから、さすがに1車両のみというわけではなさそうですね。)。だから30分おきほどにしかトラムは来ないのでしょう。というわけで、大分待たされましたがトラムはやってきて、乗り込むとガラガラに空いています。こんなに不便なトラムでは利用者も少ないのでしょう。


g739zqmGWkb6d2.jpg



旅人のsaraiにとっては貴重なトラム体験なので、車窓を楽しまなくてはと思います。海辺の公園には戦士の像が建っています。


onDVZfokuh4169.jpg



港の近くを通過する際、港の中に立っている聖母マリアと思しき金色の彫像を戴いたシンボル塔がよく見えます。フェリーで港に到着したときも見えましたが、暗くて写真に撮れなかったものです。この彫像は青銅に金箔を施した高さ6mのものです。


vhdNZ9DoZcec76.jpg



往きに見た豪華客船のところまで戻ってきました。


GrDb5v05Oc658f.jpg



メッシーナ中央駅の前で降りて、無事にホテルに帰着。


zhfoMHFur_05a5.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012012301.jpg



まだ、ホテルの外観の写真を撮っていなかったので、せめて入口だけでもと写真におさめます。ホテルの建物は大きく立派なんです。


qvsxDXby3V666f.jpg



もうチェックアウトは終わっているので、預けておいた荷物をレセプションで受け取ります。


LVPD26xgGk2871.jpg



ロビーも立派でソファーもゆったりとしています。


U0TqmDvvOT1147.jpg



さて、駅に向かいましょう。近くて便利です。

このホテルは立派なホテルですが、ビジネス客向けですね。観光の街ではないので当然でしょうね。メッシーナで泊まるのはこのホテルしかないでしょう。

駅の窓口でシラクーサSiracusaまでのチケットを購入しますが、2人と言ったのに1人分しか発券してくれなくて、何だか変だと気付いたsaraiがもう1人分を発券してもらい事なきを得ました。saraiがチケットを買っている間に配偶者は面白いものを発見。2人乗りの自転車を押した2人連れのカップルです。自転車で旅をしているようですね。列車に乗るらしくホームに出て行きます。実はこの人たちと意外な所で再会することになります。


jSuQ7_pluffff0.jpg



列車の中での食べものとコーラをゲットして乗車です。


R_8UCBsCMl506e.jpg



乗車するローカル列車はメッシーナ12時20分発で、目的地のシラクーサSiracusaまで3時間半もかかります。列車に乗り込むと発車する前にランチをいただきます。まずはコーラで喉を潤しましょう。


dplG2vkRYrdc1e.jpg



食べ物のパックを開きます。


V4OCLFbXFz1986.jpg



ゲットした昼食は、ライスボールのようなものですがなかなか美味しい。イタリアの食文化恐るべしです。これはシチリアっ子の大好きなアランチーニという食べ物です。イタリア語でオレンジのことをアランチアと言いますが、その大きさと形が似ているのでアランチーニっていうそうです。


wLBzmmr10J27ee.jpg



中身が異なる色々な種類のアランチーニがあります。


Cp9VEUGOjE3956.jpg



ランチを食べていると、列車がメッシーナ中央駅Messina Centraleを出発します。


4ziFRjyCs5bd48.jpg



メッシーナ中央駅を出ると、列車はずっと綺麗な海岸線を走ります。ビーチがずっと続いています。夏は賑わうのでしょうね。ところでこの路線は単線のようで、何度も対向する列車待ちをしながらのんびりとシラクーサを目指して走ります。途中で検札があります。ハイ、チケットは2人分持ってますよ。車掌さんに見せると、何かチケットに書きこんでいます。戻されたチケットには日付が書きこまれていました。そうです、忘れていました。乗るときに打刻しておかないと違反で(打刻しなければ何時でも何度でも使えてしまう)、これも罰金なんですよ。バカな旅人と見逃してくれたのでしょう。ありがとう!
1時間ほど走ると、綺麗な海岸が見えてきました。タオルミナ近くの海岸のようです。ここもこの季節は、賑わいとはほど遠いですね。


5vwUskrJQg4d6d.jpg



5分ほどでタオルミナTaorminaの駅に到着。


FZLNGqyMrw8c06.jpg



タオルミナを出ると、途中から海岸線を離れてオリーブ畑の中を走ります。雨はしつこく降ったり止んだりです。メッシーナの美術館に行くときは止んでいて良かった・・・。
列車は一路シラクーサに向かいます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012012302.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR