fc2ブログ
 
  

シラクーサからマルタ島へ:最後も粘って、オルティージャ島の地下探検へGO

2011年10月17日月曜日@シラクーサ~マルタ島/4回目

オルティージャ島Isola di Ortigiaを一周完歩して歩き疲れたので、お茶でもして一休みしましょう。美しいドゥオーモ広場Piazza del Duomoは、昨日までとは打って変わって明るいシチリアの陽光に輝いています。妙な一人乗りコンパクトカーも広場にあります。そういえば、この広場では車は見かけません。乗り入れ禁止なんでしょう。とすると、このコンパクトカーは自動車ではなく電動椅子?


P2JlOsbhyQ13ee.jpg



ドゥオーモDuomoの目の前のオープンテラスのカフェに陣取り、広場の眺めを楽しみましょう。木立の下からのドゥオーモは今日も綺麗です。


zadH1RTexQ8909.jpg



ところで、オルティージャ島を1周している間に何台かの20番の無料バスが私達を追い抜いて行きました。その間隔から、ホテル近くのバス停のバスの発車時間は、毎時10分と40分であることを突き止めました。ホテルからアレトゥーサの泉Fonte Aretusaまでは歩いて5分もかからないので、12時10分のバスに乗るためには、ホテルを12時に出れば十分のようです。それまでゆっくり過ごしましょう。ここには珍しくカプチーノがあります。それとシチリア名物のレモネードをいただきます。


GeyOtKiWD_6636.jpg



オープンテラスのカフェにはゆっくりとした時間が流れています。広場ものどかそのもの。こういう時間が旅の楽しみですね。


6hKAs7gjJ4ca8a.jpg



それでも、ちょっと余裕を持って少し早目の11時50分にはカフェを出ます。この早めの行動が正解だったんです。
ドゥオーモ広場を歩き出すと、今までは見かけなかったものが目に飛び込んできます。ドゥオーモの脇の小さなドアが開いていて、数人の人が出入りしているのです。2人ともピンときて、顔を見合わせます。ずっと探していたドゥオーモの地下への入口です。どうも日曜はこの入口は休みだったらしく、月曜日の今日になって営業を開始したようです。もう時間もありませんが、saraiが楽しみにしていた地下探検なので、入場料1人4ユーロを払って急いで入ります。


d7FOauLaxEd42b.jpg



すぐに地下への階段が深く潜っていきます。


DiwscQMw4e2351.jpg



一気に地下広場に出ます。


xX3RR5SIsT3f8e.jpg



ここからは、何本ものトンネルが網の目のように伸びているようです。多くは通行禁止になっていますが、通行可能なトンネルを時間の許す限り進んでみましょう。壁に大きな写真が張ってあります。この地下トンネルは第2次世界大戦中は防空壕として利用されていたようで、その頃の写真です。


oJJxhSCweg195a.jpg



この地下トンネルは、ギリシャ時代に源を発するようです。
地下トンネルの地図が表示されていましたが、細かく吟味するような時間的余裕はありません。気持ちは焦っています。


TNJlu4_cHlb1e4.jpg



ともかく適当に1本のトンネルを進んで行くと、すぐにトンネルの出口の明るい光が見えてきます。


uwDeeMz_r9d8fb.jpg



何と先ほど歩いていた海岸沿いの道フォロ・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世に出ます。しかもその出口には誰も門番はいません。分かっていれば、無料で入場できたんですっ!


g75owqg4SGaee0.jpg



いったん外に出ますが、地上を歩くとかえってホテルに戻るのに時間がかかりそうなので、トンネルに戻ってドゥオーモの脇の入口から出ます。門番のおじさんはにこやかに迎えてくれます。こちらが焦っているのは分かっているんでしょうか。


LfbvfWKgwI6e37.jpg



急いでホテルに戻り、預けてあった荷物を受取り、バス停に向かいます。

バス停には予定時間の5分ほど前に到着し、余裕で推定出発時刻通り来た20番の無料バスに乗車。シラクーサ駅まで無事に移動完了です。これから、カターニア空港行きのバスを探してバスに乗車できれば、予定通りのスケジュールになるんです・・・。

ところで、シラクーサで滞在したホテルは駅からは遠くて心配でしたが、慣れれば無料送迎バスの20番はとても便利です。ホテルのあるオルティージャ島には、ドゥオーモやカラヴァッジョの絵のあるサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会もあり、美味しいシチリア料理のレストランもあり満足です。お蔭でカラヴァッジョの祭壇画は2度も見に行く余裕があり、saraiは大満足。ホテルのお兄さん達も英語が堪能で、しかも親切。建物は古いですが、屋上テラスの朝食レストランは眺めもよく気持ちが和やかになり、国際交流も図れます。それに何といっても料金が安い。絶対のお勧めホテルです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR