fc2ブログ
 
  

マルタの休日:ヴィットリオーサの街と世界遺産の巨石神殿

2011年10月19日水曜日@マルタ島/3回目

ようやくヴァレッタVallettaを出発したバスは、グランド・ハーバーGrand Harbourの対岸の街のスリーシティーズThree Citiesに向かいます。湾が入り組んだスリーシティーズの中に入ってきます。


sEatvP0Imc3fe2.jpg



この辺りが先程ヴァレッタのアッパーバラッカガーデンUpper Barracca Gardensから眺めていたドックヤード・クリークDockyard Creekのようです。


UDMvrViHCs8728.jpg



バスはマリーナの前に停車します。ここでも下車してガイドの案内があるようです。もう観念して付いていきましょう。ここがヴィットリオーサVittoriosaの街の観光の起点のようです。街のメインゲートは別にあるようですが、ここが便利なんでしょうね。


8dm8RHAdspa01c.jpg



マリーナから見上げると、大きな教会が見えます。聖ローレンス教会Saint Lawrence Churchです。


c4ccBZaK2u0ac4.jpg



ガイドツアーが始まります。マリーナから階段を上がると、教会が見えます。これは聖ヨセフ教会Oratory of St Josephです。


EOxPbtBwvt7fda.jpg



すぐ近くに、ヴィットリオーサの街の中心のヴィクトリー広場Victory Squareがあります。もちろん、この広場の名前の由来はグレートシージの勝利を記念したものです。広場には、勝利のモニュメントが建っています。 ここでガイドがそういう話を説明してくれます。


_CKmcFRpZc7d4b.jpg



広場にはもうひとつ彫像が建っています。守護聖人の聖ローレンス像です。


wRL3RjZuAn945d.jpg



この広場からガイドの説明を聞きながらのプラプラ歩き。ここは広い通りのあったヴァレッタとは異なり、狭い路地が入り組んだ街です。それに、真っ昼間だというのになぜか人っ子一人歩いていません。一人で歩いては迷いそうだし、何やら危険な香りもします。気のせいかな・・・。まあ、しっかりと集団にくっついていきましょう。


depS4DlGzn2824.jpg



ガイドは建物の前に立ち止まって、やたらと裁判の話とか罪人の刑罰の話をしています。ヨーロッパはどこでもその手の話が好きみたいですが、これはヴァレッタでも聞かされた話の続きです。このヴィットリオーサの街にはヴァレッタよりも前から宗教裁判所があり、異教徒を厳しく罰していたそうです。十字軍を起源に持つ聖ヨハネ騎士団としては当然のことだったんでしょう。路地歩きはしばらく続きます。


3ZyiauLJSZ7ec5.jpg



もっとガイドツアーが続くのかと思っていたら、いつの間にか最初のヴィクトリー広場に戻ってきています。時間の都合か、ここでの説明はほどほどで切り上げられるようです。最後に、聖ローレンス教会の前に来ました。マリーナから見上げていた教会です。この教会はマルタ・ストーンでできた立派なファサードです。


dI8SQCcTCFc8bd.jpg



またバスに乗車。今度は巨石神殿に向かいます。バスが住宅街のなかで停車するのであれっと思ったら、そこにタルシーン神殿(Tarxien Temples)があります。外の塀からは公園みたいに見えます。


dZVKtd4rwwf67f.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012021901.jpg



建物の小さな出入口がこの神殿の入口です。雰囲気がないですね。


BoWe2ymF8H5c9b.jpg



この建物の中でチケットを購入。


PC8qSch1m9c150.jpg



中に入ると、崩れた巨石がごろごろした古い神殿です。あまり面白くはありませんが、マルタでは有名みたいです。


CEWI9i1nd99433.jpg



この神殿は、何と紀元前3600年から2500年頃に建造されたという凄く古いものです。「マルタの巨石神殿」として世界遺産(文化遺産)に登録もされているそうです。四つの巨石構造物から成り、それを案内板にしたがって見ていきますが、どう見ても岩が転がっているだけです。少しまともな建造物は巨大な三つの石でできている入口ですが、これは最近復元したものです。それに工事中で通れません。


e_qmWHP_y2cf1a.jpg



文句たらたら見て歩いていると、急に素晴らしいものに遭遇します。豊満な大地の女神の下半身像です。マッシブな造形は現代的でもあります。ピカソの絵にも通じるものでしょう。実物は大きなもので、迫力があります。


4QqaNELA_wa085.jpg



ただし、野外に置いてあるこの像はコピーです。オリジナルはヴァレッタの考古学博物館に展示されているそうです。それも撮影禁止とか。
このタルシーン神殿での見物はこの女神像だけですが、コピーとは言え見る価値があります。

さて、またバスに乗って次の目的地に出発です。バスにゆっくり戻ったら、sarai達の席はもう2階にはなく、1階の離ればなれの席になります。配偶者が横にいないのは寂しいものです。


rPGxI3zm8f27d2.jpg



早く次の目的地に着くといいな。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR