fc2ブログ
 
  

マルタからウィーンへの試練の旅:マルタ・リカ空港へGO

2011年10月20日木曜日@マルタ島~フランクフルト~ウィーン/1回目

旅は15日目です。

マルタMaltaは今日も快晴。昨日からの引き続きで、気温もかなり上がっています。最高の天気。暑いくらいの陽気です。テラスからも陽光の強さが感じられます。


8Ak76b_1qG7958.jpg



今日はお昼過ぎの飛行機でウィーンに向かいます。10時半にタクシーが迎えに来るので、出かける準備をしてホテルの前の港沿いの遊歩道のベンチに座って、対岸のヴァレッタVallettaの街を眺めて過ごしましょう。
朝食に出かけると、3日連続でミュンヘンの人(最初の部屋で隣室だった人)と出会います。今日ウィーンに向かうのでサヨナラですとお別れの挨拶をします。
簡単な朝食を済ませて、部屋に戻ります。

PCを立ち上げて、最後のメールチェックをします。saraiがメールを見た途端にアチャ~との叫び声をあげてしまい、配偶者が「一体どうしたの」とびっくりです! とんでもない内容のEメールが届いています。明日のウィーンからチェスキー・クルムロフへのシャトルバスのリコンファームをした返事なのですが、シャトルバスが故障したので運行できないとの内容です。その代わりに、鉄道でリンツまで来ればそこからはシャトルバスを出すのでよろしくっていうことなので、仕方ありませんね。お詫びにバス代は無料にしてくれるそうです。早速オーストリア国鉄のホームページを開いて、ウィーンからリンツまでの鉄道チケットを購入。シャトルバスの会社にはリンツから乗るのでよろしくってメールします。後で気が付きますが、チェスキー・クルムロフからの帰りはどうなるんだろう? 帰りの日は早く帰って、その夜のオペラに備えないといけないのに・・・。 まあ、ネットって便利というか不可欠ですね。ちゃんとネットのつながる部屋にチェンジしてもらった効果がありました。

バタバタしましたが、手配を終えてようやく部屋を出ます。チェックアウトを済ませてフロントに荷物を預け、ホテル前の遊歩道のベンチでゆったりした時間を過ごします。朝日に輝く港の海と対岸のヴァレッタの街です。この風景も見納めです。


0YNDk682U1d318.jpg



港の岸壁沿いの遊歩道は長閑そのものです。


wTdsdryZnV54ef.jpg



ベンチに腰掛けた配偶者は、この後どんな事態が発生するか知る由もなく笑顔満面でご機嫌です。

船着き場を散策していると、またまたミュンヘンの人と遭遇。よほどご縁があるのですね。ヤ~、ということで、立ち話です。


VS0sO41Rwi574c.jpg



彼はまだまだ次の月曜日までマルタにいるとのこと。ヨットを買いに来たとか言ってましたが(ドイツ語なまりの英語でよく分からない)、いったい何者なんでしょうね。

そうそう、まだ、ホテルの外観の写真を撮っていませんでした。こんな感じの9階建てのビルです。


d0Bu8MIYm_9b4e.jpg



我々が最初に泊まった8階の部屋のテラスが見えています。3人の宿泊の方がいらっしゃいますね。


P1n1DLV87q6b48.jpg



このホテルでは、ちょっとした問題は色々ありましたが、その程度で安く泊めてくれるのなら大歓迎です。万人にお勧めできるホテルではありませんが、旅の予算を圧縮したい方には十分過ぎるほどの内容のホテルです。

そろそろタクシーのお迎えが来るころです。ホテルに戻って待ちましょう。
ところが、約束の時間が過ぎてもタクシーはやってきません。ロビーで外の道路を見ながら、いらいらして待っています。


YtoW3xElKI76a2.jpg



10分間待ちましたが来ないので、携帯で連絡すると、向こうから聞こえてくるのは「もしもし・・・」という日本人女性の声です。てっきり英語の会話になると思っていたのでびっくり。日本語でタクシーがまだ着かない旨を告げると、タクシー会社に確認して再度連絡するとのこと。しばらくすると携帯に電話がかかってきて、道路の渋滞のせいで遅れているが3分から5分で着くので待っていて欲しいと言われ、了解です。
10分ほど待たされましたが、ようやくタクシーがやってきます。似たような名前の別のホテルに行ってしまったとのことです。遅れた理由は食い違っていますが、理由は何であれお迎えが来てくれてホッとします。またヴァレッタの街の前の道を通って、お馴染みになった街を抜けていきます。やはりマルタは小さな島です。そんなに色んな道はないのでしょうね。無事に空港に到着です。3日前にマルタに着いたときは、出迎えのドライバーにすぐに駐車場に連れていかれたのであまり空港を眺められなかったけど、ゆっくり眺めるとコンパクトで分かりやすい空港です。向かって左が出発口で右が到着口です。ボーディングブリッジもなく、歩きかバスで飛行機まで移動して乗り込む空港です。滑走路も一本で、混み合ってもいません。
昨夜WEBチェックインを済ませておいたので、簡単に搭乗手続きも終了です。が、出発は1時間半ほどの遅れとの情報です。カウンターで、フランクフルト空港でのウィーンへの乗り継ぎは大丈夫かと聞きますが、肩をすくめるだけ。ま、流れに従うしかないですね。

まずは空港内の郵便局を探して、孫への絵葉書を投函します。郵便代が100円もしないのは安いですね。


4n4Zd8qAgxcca1.jpg



投函するのは郵便局の窓口の横に設置してある郵便ポスト。マルタはどこでもこの赤い郵便ポストのようです。


_lVJtdts9cb0c1.jpg



ちなみに、さすがにマルタ空港で出したこの絵葉書は、1週間もかからずに日本に到着したそうです。イタリア国内で、いくつかのホテルのフロントで投函をお願いした絵葉書は3週間から1ヶ月近くもかかって到着。この後ウィーンでもホテルのフロントにお願いしましたが、1週間から10日ほどで到着。お国柄が感じられますね。少し文字の読み書きができるようになった孫に、外国からの絵葉書が届けば喜ぶだろうという配偶者の初めての試みです。目論見どおり大いに孫は喜び、世界地図に都市を書き込んでいたとのことです。

いったん、空港ビルの外に出てみます。空港ビルはこんな感じ。


fa4lFHL1pC0db5.jpg



空港前には、定期バスが停車しています。今年から運行を始めたARRIVAバスです。名物だった猫バスに代わって、この中国製のバスになりました。結局機会がなく、このARRIVAバスには一度も乗れませんでした。


3pvnJ1wtYX0aba.jpg



空港ビル内に戻ります。新しくて清潔な印象です。


nVNNDr1pik159d.jpg



お店を眺めながら時間を過ごします。


xexcHl966qedd9.jpg



大したものはありませんが、やはり孫たちへのお土産物が目につきます。女の子の孫には小さなマルタ・テディーベア、男の子の孫には自分で彩色するマルタ名物の猫バスです。
待合室に移動します。またまた、ブラブラお店を物色です。食べ物屋さんにはピザの代わりにパイが多く並んでいます。


vVKTDABJgG34a7.jpg



そうですね、マルタはイギリスの文化圏ですね。イタリアではエスプレッソばかりでしたが、ここでは美味しい紅茶とパイを頂いてみましょう。紅茶を注文すると、とっても大きいマグカップにたっぷり紅茶を入れてくれました(もちろんティーバッグですけど)。セルフの砂糖などの置き場にポットに入った牛乳が用意されていたのには、さすがイギリス文化と納得しました。久しぶりの紅茶はとっても美味しかったですよ。


NcyJNkwHi70094.jpg



このお店のテーブルからは空港ロビーが見渡せて、便利で気持ちがいいです。


d6Ukz0Qi5W295f.jpg



禁煙コーナーのテーブルはがらんとしています。奥のほうは混んでいたんです。


PlO8fCTVye1280.jpg



時間はそれなりに経っていくものですね。しばらくすると搭乗ゲートが開きます。ゲートの外に出ます。


bTdLLnnd8L59e0.jpg



ここからは飛行機まではバス。バスから降りて、ルフトハンザ航空のフランクフルト行きの飛行機に乗ります。


03HxAnYnMj3fa3.jpg



結局、約2時間遅れで飛行機は出発です。

今日は既にトラブル続きでしたが、これはほんの序の口だったんです。これからトラブル本番?です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR