FC2ブログ
 
  

ウィーン訪問も2桁になりました。

今日はオーストリア航空の成田ーウィーン直行便でウィーンに向かいます。
搭乗するB777です。


udg0dXeTJt984f.jpg



オーストリア航空便は順調な飛行で、定刻の16時にウィーン・シュベヒャート空港に着き、Sバーンとトラムを乗り継いでホテルにチェックインしました。
ウィーンの街中では、もう美しい花が満開です。


I6DrfLAQFF4e5a.jpg



今はホテルの部屋でまったりしています。配偶者はぐっすり寝込んでいます。
ウィーンも10回目になると、目新しさよりも、故郷に帰ってきたような安息感があります。

明日は天気が良ければ、マーラーのお墓参りに出かけます。夕方、お友達のHさんと半年ぶりの形而上的なお話をして、夜はウィーン楽友協会でさっそくコンサートです。いよいよ、また音楽三昧の生活が復活です。楽しいな・・・


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ドゥ・ビリー+ウィーン交響楽団《ウィーンの春》@ウィーン楽友協会 2012.4.7

旅の最初のコンサートは軽く名曲ガラコンサートです。いつもはこの手のコンサートには行かないのですが、今回は指揮が大御所プレートルというわけで特別な思いでチケットを入手しました。しかし、無念にも直前で指揮者が交代。ドゥ・ビリーになりました。
そういうわけでますます気軽に聴けるコンサートになりました。
1時間ほど前に楽友協会に着き、予約していたチケットを受け取ります。今日はもちろんsaraiは楽友協会のネクタイ着用です。係のかたが目ざとく見つけて、「ベリー・ナイス!」と声を掛けてくれました。だんだん、楽友協会にも馴染んできました。しばらくすると開場です。今日はORF(オーストリア放送協会)のテレビ中継があるようで、両サイドのパルテッレ・ロジェの前方はテレビカメラがずらっと並んでいます。日本のコンサート会場でこんなに派手にテレビカメラが並んでいるのは見たことがありません。これがウィーン流なんですね。

sarai達の席はステージから少し遠くて、パルテッレの16列目。それは端っこです。でも、楽友協会のグローサーザールはそんなに大きなホールではないので、まあまあの位置です。楽団員の顔もしっかりと見えます。

今日のキャスト、プログラムは以下です。

 指揮:ベルトラン・ドゥ・ビリー
 ヴァイオリン:アントン・ソコロフ(ウィーン交響楽団のコンサートマスター)
 司会:バーバラ・レット(ORFのアナウンサー)
 管弦楽:ウィーン交響楽団

 スッペ:オペレッタ《軽騎兵》序曲
 ポンキエッリ:オペラ《ラ・ジョコンダ》より《時の踊り》
 ガーシュイン:《パリのアメリカ人》

  《休憩》

 トマ:オペラ《ミニヨン》序曲
 サン・サーンス:オペラ《サムソンとダリラ》よりバッカナール
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
 ビゼー:《アルルの女》第1組曲より第1曲《プレリュード》
 ビゼー:《アルルの女》第2組曲より第4曲《ファランドール》

《アンコール》
  オッフェンバック:オペレッタ《天国と地獄》序曲
  ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《雷鳴と電光》

開演前に購入したプログラムに付属していた来シーズンの予定を見ていたら、目が点に・・・。何と来年5月にウィーン交響楽団と我が庄司紗矢香が共演するではないですか。ウィーンのコンツェルトハウスです。指揮者は大野和士です。ブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏するとのこと。どうもウィーン交響楽団の日本ツアーの一環のようです。

さて、ドゥ・ビリーが颯爽と登場し、演奏開始です。まずはスッペの軽騎兵序曲、実に有名な曲ですが、生で聴くのは多分初めてです。ウィーン交響楽団の素晴らしい響きで聴くのはもったいないくらい。ビリーはオペラ指揮者として研鑽を積んできた実力を遺憾なく発揮して軽快な指揮ぶりです。特に中間部の抒情的な部分でのメロディーの歌わせ方は実に美しいです。
次はポンキエッリの時の踊りです。序奏に続く主題はかって《レモンのキッス》でしたっけ、歌謡曲にも取り入れられた有名なメロディーです。この演奏も先ほどの軽騎兵と同様で非の打ちどころのない美しい演奏です。弦の厚みのある響きが印象的で、やはり、抒情的なメロディーの歌わせ方が見事なのはビリーの老獪さでしょう。
前半最後はガーシュインです。ガーシュインのシンフォニックジャズを聴いていると、この流れがバーンスタインのウェストサイドストーリーに繋がってくるのがよく分かります。この曲は音の響きは素晴らしいのですが、ちょっと音楽のノリがもうひとつに感じます。やはり、アメリカ人の演奏家にやらせたほうがうまそうな感じです。
曲の切れ目ごとに司会のバーバラ・レットのアナウンスがはいります。ドイツ語なのでよく分かりません。分からなくても支障ありません。基本的には、演奏曲の説明をしているようです。指揮者のビリーへのインタビューもはいり、ビリーの生声が聴けたのが面白かったくらいです。

休憩後、まず、トマのミニヨン序曲です。この曲は初めて聴きますが、平明で分かりやすい曲で名曲コンサートにうってつけの曲です。ウィーン交響楽団の実力で美しい響きを聴かせてくれます。
次はサン・サーンスのオペラ《サムソンとダリラ》からバッカナールです。管楽器で中東風のメロディーを歌わせ、テンポのよい曲想が流れます。オペラの場面を彷彿とさせます。ビリーは的確な指揮ぶりです。
次は何とツィゴイネルワイゼン、あまり、コンサートでは聴きませんね。独奏ヴァイオリンはウィーン交響楽団の第1コンサートマスターのアントン・ソコロフです。音程もしっかりし、音色も美しいのですが、上品過ぎるといった感じです。もっと、ばりばりと名人芸を披露してもらいたい感じです。気持ち良く聴けたことは間違いないのですが・・・。
最後はビゼーのアルルの女です。やはり、こういうフランスものはビリーの得意とするところで、色彩感豊かな演奏で、煌めいた響きです。ファランドールのフィナーレは圧倒的でした。

期待通り、アンコールは2曲もありました。オッフェンバックの《天国と地獄》は運動会の定番でカステラのCM曲、さらにはフレンチカンカンでもありますね。楽友協会のホールに賑やかな響きが轟き渡りました。結構!結構!
そして、最後はやはり、ウィンナーワルツ。それも定番の《雷鳴と電光》です。ビリーの2年前のウィーン放送交響楽団との来日コンサートでもアンコール曲でした。満足!満足!です。

まあ、通俗名曲のコンサートで感動するようなものではありませんが、楽友協会でウィーン交響楽団の名手たちの贅沢な響きを聴かせてもらい、音楽旅の序章としてはとてもよかったと思います。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR