FC2ブログ
 
  

ベルリンのカルチャーコンプレックスって・・・

旅の10日目です。

ベルリンの朝はまず、カフェでの朝食が1日の始まりです。今日はカフェ・フルーリーに向かいます。地下鉄を乗り継いで、もうすぐ到着するところで、急に気が変わり、別のお店にチェンジです。ベルリンと言えば、歩行者信号のマークから人気の出たキャラクターのアンぺルマンが有名です。お土産を入手するためのアンぺルマン・ギャラリーに行こうということになり、カフェもその近くにあるところにしようと一瞬の決断。即、地下鉄を降りて、Sバーンに乗り換えて、最寄駅のハッケシャー・マルクト駅で下車。駅からすぐ近くのカフェのハッケシャー・ホーフに行きます。若者に人気のお店とのことですが日曜の朝は空いています。窓際近くの特等席で朝食セットと追加メニューでまたまた豪華朝食。美味しくいただきます。

このカフェがあるのは、カフェと同名のハッケシャー・ホーフというカルチャーコンプレックスの中です。ベルリンで今流行しているサブカルチャーの発信地として、ホーフと呼ばれている、複数の建物の中庭に面して、おしゃれなショップやカフェやギャラリー、小劇場などが集まってできた複合カルチャー施設が誕生していますが、このハッケシャー・ホーフはその代表格です。
朝食後、このホーフの8つの中庭を巡りながら、アンぺルマン・ギャラリーを探します。ホーフの中庭の奥のほうにアンぺルマン・ギャラリーが見つかります。


5qPVaBmPUD092f.jpg



キャラクターの性格上、子供向けの商品が多いですが、狭い店内はアンぺルマングッズであふれています。何点か、お土産に購入します。

ここは博物館島にも近く、まずは歩いて、博物館島で昨日は行かなかった旧ナショナル・ギャラリーに向かいます。この美術館には、19世紀の作品を展示しています。ちなみに一昨日行ったベルリン絵画館には18世紀以前の作品が所蔵されています。20世紀の作品は新ナショナル・ギャラリーに展示されています。ベルリン美術館の絵画作品を見ようと思えば、3つの美術館に行かなくてはなりませんが、今回は新ナショナル・ギャラリーに行く余裕はなく、残念です。今日見る旧ナショナル・ギャラリーには、ドイツ・ロマン派を代表するフリードリッヒの作品があります。これが見たかったんです。3階のフロアに上がると、フリードリッヒの作品だけで1部屋が占められており、壮観です。こんなにフリードリッヒを見るのは初めてです。夢中で鑑賞します。そのほか、リーバーマンやベックリンの作品も揃っています。さすがにベルリンですね。ベックリンの超有名な《死の島》を見つけたときには正直びっくりします。ここにあったんですね。かって、ヒットラーの総統室に掛けられて作品だそうです。


k_Fo1Jg5Ro65e7.jpg



これでsaraiは満足し、次は配偶者の要望のシャルロッテンブルク宮殿に向かいます。

Sバーン、地下鉄、バスを乗り継いで、シャルロッテンブルク宮殿にたどり着きます。いやはや、広大な宮殿です。もっともヨーロッパの宮殿はどれも広大ですから、これが特別っていうわけではありません。日本語のオーディオ・ガイドのご丁寧な解説付きで宮殿を1階、2階と見学。その後は、もちろん、庭園の鑑賞です。これは宮殿の2階の展望室から眺めた庭園の美しい姿です。


bTsP5UqwGc8a7e.jpg



シュプレー川が傍らを流れ、とても美しい庭園です。が、とても広く、歩き疲れます。何とか、ぐるりと見て周り、宮殿の外に出ると、そこがちょうどM45番のバスのバス停です。助かります。

バスに乗って、またまた、癖になったカリーヴルストを食べに向かいます。カリーヴルストの有名店に立ち寄り、夕食代わりのカリーヴルストとマヨネーズ付のポテトフライをゲット。


r2Uo8Hdsbjbd8b.jpg



とても美味しいですが、インビスでの食事は露天でとても寒いんです。
ここからはホテルも歩いてすぐです。

明日は夜の便でウィーンに飛びます。

今日の歩数:14,178歩


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR