FC2ブログ
 
  

ベルリンの最後の朝食は豪華・・・そして、ヨーロッパ最大のチョコレート屋さん

旅の11日目です。

ベルリン最後の日です。今日もベルリンのカフェの朝食にこだわります。4軒目になります。今日はカフェ・ビルダーブーフです。店の奥には、豪華なしつらえの安らぎの空間が広がっています。ソファに座って、ゆったりした朝食をいただきましょう。


rjnMA011dcb7df.jpg



ということで、スパークリングワイン付の豪華朝食と相成り、1時間半以上の時間をたっぷりとかけて、豪華朝食をペロリ。


lx5G_OXKOe82d3.jpg



その後、お決まりの観光コース、ブランデンブルグ門、国会議事堂、ティアガルテン、ウンター・デン・リンデンを歩き、へとへとになります。
休養も兼ねて、ヨーロッパ1の大きさのチョコレート・ショップ、ファッスベンダー&ラウシュに立ち寄ります。ホットチョコレートを頂き、そのあと、チョコレート料理に挑戦です。スープとリゾットですが、甘いチョコレートがかかっているんです。これはスイートポテトのチョコレート掛けのスープです。配偶者は美味しいそうです。


pgiLQ_Imfh4cbb.jpg



これでベルリンの休日はすべて終わり。昨夜、WEBチェックインしていたので、すいすいとウィーンへ帰還できます。ウィーンでは同じホテルの同じ部屋に戻り、我が家のように寛いでいます。

明日の夜はウィーン国立歌劇場でマスネのオペラ《ウェルテル》です。帰国するまで、連日連夜、オペラ・コンサートが続きます。配偶者にも頑張ってもらいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

《ウェルテル》カサロヴァ、テジエ@ウィーン国立歌劇場 2012.4.17

DVDでは、ガランチャ、アルヴァレスの素晴らしい公演を見ています。同じウィーン国立歌劇場で同じ演出です。今夜、大きく違うのは、当初、ウェルテル役がテノールのサッカだったのが、バリトンのテジエに変更になったことです。バリトン版もあるんですね。
この日の公演では、全編流れるマスネの美しい音楽がウィーン国立歌劇場管弦楽団によって、実に綺麗な響きで演奏されました。特に高音弦と木管の奏でる美しい調べには、茫然とするばかりです。室内オーケストラのような一体感のある整ったアンサンブルには驚嘆します。生でこのオーケストラの響きを聴くだけでも、ここへくる価値があります。カサロヴァはこの役をどんなドスのきいた声で歌うにかと思っていたら、さにあらず、抑えた美しい声で悲しく優しい役柄を歌い切りました。時折、張り上げる劇的な表現にも心を打たれます。静かな表現でも声がよく通っており、生で聴くカサロヴァの素晴らしさを再認識させられました。姿形や若さではガランチャに及ばないわけですが、音楽的な表現では、拮抗しているという感じです。来年、4月はこのウィーン国立歌劇場でガランチャが《ウェルテル》を歌う予定なので、是非、聴き比べてみたい思いです。
バリトンのテジエですが、やはり、いつも彼らしく、少しクールで冷たい感じですが、声の響きは大変素晴らしい。素晴らしくて、堂々としているところが、このナイーブなウェルテル役とのギャップを感じてしまいます。どうしてもテノールのほうが愛の情熱に打ち震える青年の心にあいそうです。それでも、バリトンでも、もっと線の細い表現ならば、それなりに死ぬほど女性を恋い焦がれる心情にあったかもしれません。辛目の言い方になりましたが、さすがに素晴らしいバリトンで第3幕、第4幕のリリカルな歌唱も巧みに歌い、聴衆の心を揺さぶってはくれました。

今夜のキャストは以下です。

 指揮:ミカエル・ギュットラー
 演出:アンドレイ・セルバン
 管弦楽:ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 ウェルテル:ルドヴィク・テジエ
 アルベール:ター=ヨーン・ヤン
 大法官:アンドレアス・ヘルル
 シャルロッテ:ヴェッセリーナ・カサロヴァ
 ソフィー:ダニエラ・ファリー
 シュミット:ペーター・イェロシッツ
 ヨハン:ジェイムズ・ロザー
 
特に続けて演奏される第3幕~第4幕には、心を打たれました。オーケストラの素晴らしさはもちろんですが、カサロヴァの円熟した歌唱力によって、とても感動しました。バリトンのテジエもオシアンの歌ではさすがに聴かせてくれました。フィナーレでは思わず、胸にジーンとくるものがありました。こういう1流の布陣で聴くオペラは生の迫力で素晴らしいです。やはり、オペラを生で聴くのは最高です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR