FC2ブログ
 
  

燃料電池でGO・・・組立て成功!!

燃料電池の組み立て&発電体験への参加について、当ブログでもご紹介しましたが、いよいよ、今日が本番です。

会場のある都営新宿線の船堀駅に降り立ちました。このあたりへ来るのは初めてです。


FZEXKHuaaP90af.jpg



駅の目の前が会場のあるタワーホール船堀です。名前のとおり、でっかいタワーのあるビルです。時間があれば、タワーに上ってみたいですね。


mZDtD1moo4673b.jpg



タワーホール船堀の建物にはいると、エントランスに立派な彫刻がありました。何故か、音楽を奏でる3人の立像です。


wgEYD5d0bGd51c.jpg



燃料電池の組み立て&発電体験は1階の展示会場で行われます。「燃料電池シンポジウム」展示会場の入口です。


UUb2UqSK5e8b24.jpg



ここの受付で受付を済ませ、会場にはいります。展示会場の中央に燃料電池の組み立て&発電体験コーナーがありました。まだ、開始時間はずっと後なので、閑散としています。


m1Yj_eS6jr4573.jpg



とりあえず、この組み立て&発電体験コーナーに組立てキットを提供している「ケミックス」の展示ブースがあったので、そこでキットの内容を説明してもらいました。燃料電池の組立てキットは約3万円で水素燃料や動作確認用のトンボの模型を合わせると5万円くらいだそうです。学校の理科実験セットには使えそうです。


0P5eUOzcBLbc0d.jpg



展示会場は燃料電池関係の会社のブースや大学・研究所のポスターセッションがずらりと並んでいましたが、saraiは門外漢なので、ざっと見ただけです。


cJbau_Wr74c7f9.jpg



まだまだ、燃料電池の組み立て&発電体験の開始には時間があるので、さっきから気になっていたタワーに上ってみましょう。いったん、エレベーターで7階まで上がり、そこから、タワー専用のエレベーターでタワーに上ります。これは無料ですが、エレベーターには案内のお姉さんが乗っていて、タワーの解説をしてくれます。タワーは115mあるそうです。エレベーターで上ったところは展望台になっていて、360度見渡すことができます。今、話題と言えば、スカイツリーですね。少し遠くに靄がかかって見えました。


LpfVp2eKum9842.jpg



ズームアップするとこんな感じです。


yOY05mwsCKd5d8.jpg



真下を見下ろすと、さすがに高さを感じます。下に見えているのは船堀駅のホームの屋根です。


l1n6iGdQcU79fd.jpg



東京の街の眺めを楽しんでいるうちに時間になりました。そろそろ、会場に戻りましょう。

燃料電池の組み立て&発電体験コーナーの席に座って、撮影の許可をいただきました。このキットはもう発売中なので撮影可とのことです。
キットの部品はこんなものです。えらく、コンパクトなものですね。


mWxmSumCt8dc7c.jpg



最初に簡単に燃料電池(Fuel Cell)の概要の説明があり、いよいよ組立て開始です。繊細な部品なので、ゴム手袋を着用した作業になります。


j2VjyF9Z9laa69.jpg



アクリルプレートの上に金属製セパレータを重ねます。


Sv3Y9jPHnb1434.jpg



その上に「拡散層付き電極」を乗せます。この電極が肝のようです。この電極の片側には白金がまぶしてあり、これが触媒となって、水素分子のイオン化を促進し、空気中の酸素分子と化学反応を起こし、H2O、すなわち、水になり、その過程で発電されるそうです。この電極は固体高分子膜を間に挟んで2枚をサンドイッチ状態にします。片方が水素、片方が酸素の電極になります。


aD6RG1bCf7e93d.jpg


最後にまた、金属製セパレータとアクリルプレートを重ねて、ビスできっちりと締めあげると完成です。


Uo0tlzF0rlba1e.jpg



さて、saraiの組立てはうまくいったでしょうか。ドキドキです。
指導者のかたが水素燃料のボンベ(小さいですが水素燃料が70リットルも入っているそうです)から水素を流し込むと、すぐに発電確認用の「とんぼキット」(DCモーターでトンボの羽根が振動します)が作動し、とんぼのは羽根がぶるぶると震えます。やったね!!


sEN9lBPl1je504.jpg



実地にやってみると、燃料電池とはどんなものか、分かったような気がするから不思議です。

新しい技術に触れるのは、いくつになっても嬉しいことです。
2015年には、FCV(燃料電池車)が主要メーカーから発売されるそうです。そのFCVには、基本的には、今回のコンパクトなキットと同じ原理の燃料電池が積み込まれます。その燃料電池が発電した電気でモーターを回して、車が動きます。静かで水以外の物質は一切発生させない究極の環境対応車です。10年もしたら、車社会はどう変わっているんでしょう。是非、生きているうちに見極めたいものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR