FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:ようやく鞍馬寺・・・そして、奥の院へ

2012年6月25日月曜日@京都/7回目

鞍馬寺の山門を過ぎると、いかにもお寺の境内の参道という雰囲気になりました。しかし、依然として上り道は続きます。


6KpXKTDViV48fe.jpg



赤い欄干の橋があります。下に川でもあるのかと思いましたが、単に山肌に張り出しているだけのようです。


I0XfNLerrjfc85.jpg



ようやく石段の上方に鞍馬寺が見えてきました。やれやれです。


RFbJbXoEAd702f.jpg



ここまで上ってくると、あたりの山並みも眼下に見下ろせるようになってきました。


yxeEo1t96U1510.jpg



最後の急な石段を、頑張って一気に上ります。ふーっ・・・


kjnvsGIeDa586c.jpg



鞍馬寺に着きました。赤い柱はお寺という感じではありませんが、建物の作りはお寺の作りです。早速、参拝を済ませました。


qJzUlsS9Hfd3f8.jpg



展望台みたいなところがありましたが、縄で仕切られていて聖域のようになっています。そこに鎮座している大石が重要なもののようです。説明を読むと、鞍馬寺の経塚遺物の上にあった石だそうです。鞍馬寺経塚遺物自体は国宝だということで、この石も貴重なものなんでしょう。配偶者は単なる蓋なんでしょうとあぶない発言をしますが、そんなことを言っちゃいけませんね。宗教的な遺物は世の東西を問わず、そんなものですが、信者にとってはとてもありがたいもののようですからね。


SXm7KnJzj0acec.jpg



お寺の中には、さすがに天狗の絵が飾られています。


C3cV8h_2Fb2a83.jpg



お寺のお庭は綺麗です。


80vCBXO3GC0c96.jpg



このお庭の先に奥の院への道があります。
奥の院への石段に着くと、その石段を眺めてお参りしているご夫婦がいます。奥の院まで行くのは大変なので、ここからのお参りで済ませるとのことです。


igIyOfTwRoc29d.jpg



saraiは疲れてはいまるものの、まだ体力的に余力もあり、ご夫婦と別れて張り切って上ります。それに奥の院から貴船を目指す予定ですからね。


N7uttgZiTua70a.jpg



石段を上っていると、目の端に何か小さなものが見えました。おおっ、ホタルですね。牛若丸のゆかりの鞍馬にふさわしく、ゲンジボタルです。


20WLqUZT7L4542.jpg



少し進むと与謝野鉄幹・与謝野晶子歌碑がありました。
晶子の歌は

 何となく君にまたるるここちして いでし花野の夕月夜かな


7G3auw4kFS4500.jpg



ここに彼らの歌碑があるのは、昭和期に天台宗から独立して鞍馬弘教を開宗した住職・信楽香雲(しがらきこううん)が与謝野門下の歌人だったからだそうです。鞍馬寺には、東京から移築した与謝野晶子書斎の冬柏亭もあります。

鞍馬寺からもかなり上ってきたようで、お寺もずっと下に見えています。


FQQTYrODqAc61b.jpg



ここから、ようやく奥の院への道が本格的に始まるようです。このあたりでsaraiはかなり消耗してきました。大丈夫でしょうか?


v0s4fWseuTbc9f.jpg



ここからも思った以上に遠いようですが、引き返すのも大変ですから、突き進むしかありません。この後、無事に歩けたかどうかは次回で。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR