FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:額縁を通して見る絶景庭園・・・宝泉院

2012年6月26日火曜日@京都/9回目

勝林院の先に宝泉院がありました。最近、よく紹介されているお寺です。緑濃い木立の先に門が見えてきました。


io5ofhSReGf1bc.jpg



青もみじに彩られた趣のある門です。


CeWEa0Bf5I3438.jpg



入場料にはまたまたお茶券が付いています。今頂いたばかりというと、お茶なしにして、200円引いてくれました。
境内にはいると、いきなり圧倒的な存在感の五葉の松が見えてきました。


lz85hdG4TM719b.jpg



ここから右手の方に歩くと宝泉院の建物があります。


KqMlwN9yIT1767.jpg



建物にはいると、美しいしつらえの手水があります。季節の花のアジサイが綺麗ですね。


0HLf2XjSvy5914.jpg



さて呼び物は額縁の庭園です。奥座敷に入ると、ここも2方の戸が開け放たれ、しかも柱が少なく、まるで額縁の絵のような光景のお庭が楽しめます。その姿は見事ととか形容のできないものです。一方の額縁越しのお庭は樹齢700年の五葉の松の逞しい姿です。お寺のかたの話では、盆栽の松がそのまま成長し、現在の巨大な松になったとか・・・真偽のほどはさておき、見事な松です。


edY5LBYuQJ2a2d.jpg



そして、もう一方の額縁は山を背景にした竹林です。これは美の極致です。この美しさは例えようもありませんね。


syewl5IWZj026b.jpg



額縁なしの風景はこういう風になります。やはり、額縁を通した風景のほうが素晴らしいですね。


UZ_Lg8y4al4393.jpg



秋は紅葉が加わり、さらに素晴らしい美を演出するようです。ただ、その時期は観光客で大変だそうです。今日はsaraiたちの他は若いカップルがいるだけ。ゆったりとこの素晴らしい額縁の庭園を存分に味わうことができます。本当に梅雨の時期の京都に来てよかったと心底思うとともに、静かに感動しました。


7lT1oGdARe8e6e.jpg



広い座敷の中も美しい作りになっています。花瓶に挿した花に障子からの光があたり、とても綺麗です。


vgcfjW5kRk23b5.jpg



日本の美に浸りながら、時間の経過も忘れてしまいます。気が付くと、先ほどの若いカップルも席を立ち、茶碗2つがぽつんと残り、この美しい額縁庭園にはsaraiと配偶者だけになってしまいました。何と贅沢な時間でしょう。


cO17qZ2zdK6061.jpg



最後にもう一度、青もみじと竹林の庭園をゆっくり堪能し、深く心にやすらぎを刻みつけました。


nrbZAJqxlu2f4a.jpg



額縁庭園の宝泉院の建物を出て、今度は反対側にある庭園に向かいます。先ほどはいってきた門への路を辿りますが、この路は緑と水で綺麗です。


yOOHm9tQsH7095.jpg



門を通り過ぎると、宝楽園という枯山水の庭園に出ます。


JRZpdcQQ3jca54.jpg



よく手入れされた砂の庭が見事です。


ajAQ6eMXwx5d9e.jpg



この庭園からも垣根越しに宝泉院の五葉の松がそそり立って見えます。


UdQuOOa8NM0feb.jpg



庭園には色づいた紅葉もあります。木々の緑に溶け込んで、綺麗です。


4vnvnaijPl02c4.jpg



さあ帰りましょう。門から振り返って別れを告げます。右手が額縁庭園の宝泉院、左手が今の宝楽園という枯山水の庭園でした。


TxIUqL2Bx2c8f6.jpg



ここも実に素晴らしい京都ならではの庭園でした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR