FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:両足院の半夏生の花をめざすものの・・・トホホ

2012年6月27日水曜日@京都/7回目

インクライン巡りの果てに地下鉄東山線の蹴上駅に辿り着き、そこから地下鉄に乗って三条京阪駅に着きました。なんだかんだ言っても、またまた三条京阪に来てしまいました。何度ここを通ったことでしょう。地上に出ると、昨日も利用したレストランエリアです。saraiの目がラーメン屋の山頭火から離れません。京都に来てまで・・・と思いつつも、ラーメン好きは吸い寄せられるように暖簾をくぐって店内へ。美味しく旭川ラーメンを頂いてしまいました。
saraiは味噌ラーメンです。首都圏で山頭火に行くときはいつも食べる味噌ラーメン。まさか、京都で食べることになるとはね。


DRxYZWxkjR0a22.jpg



配偶者は塩ラーメンです。


TPMJamS3HWd4f5.jpg



さて、今日のお目当ての建仁寺両足院に向かいましょう。両足院では半夏生の花が綺麗に咲いているとの情報です。ここからはブラブラ祇園を抜けていけば良さそうです。それも京都らしくていいですね。大和通りを抜けていきます。この辺りでは大和通りは縄手通りという名前になっています。


OYXPl01m6N8fae.jpg



ただ、祇園といってもこの通りは至って普通の通りです。


5kmYJfrMtF2c71.jpg



少し歩くと祇園新橋の通りです。この通りは祇園の風情がありますね。


GihFlPtJxTb194.jpg



少し先には祇園の花街のある白川南通りがあります。水路沿いの緑も綺麗です。


w2hY7TKMkp4908.jpg



この辺りからお店が多くなり、鰻と京料理のお店の梅の井もありました。残念ながら、もうお昼はラーメンをいただいたのでパスです。


lCfJLu8oeIb8f0.jpg



やがて四条通りに到着しました。目の前には舞妓さんがいます。後ろ姿を拝ませてもらいました。


B5Jm7kOqAo1208.jpg



建仁寺が近くになったかなと思う頃、突然人が増えました。この人たちに付いて行けば間違いなく目的地に着けそうな気がしますが、イヤな予感もします。途中で人の流れと離れて、横手から建仁寺に向かいます。建仁寺の境内の中の通りです。


sif2UEwXaZ89ee.jpg



建仁寺もとても立派で大きなお寺で、境内はとてつもなく広いです。大きな法堂の前に出ました。


CL3Mb_uyeR5cf8.jpg



この建仁寺の境内の中に両足院はあるのですが、場所がよく分かりません。しかし、人の流れを観察すると、その流れに付いて行けば迷うことなく着けそうです。やはり、到着できました。


oMvPEAaGRw4a42.jpg



早速、受付に向かいましょう。着物を着たご婦人がぞろぞろと歩いています。これは少しやばいかな・・・。


cs0QF19Ztm68b9.jpg



やはり受付では文化を訪ねる会とか何とかの団体客でごった返していて、大騒ぎです。入口近くからお庭の様子を窺いますが、花はチラホラの感じ。


AGkOCg__PJ958b.jpg



既に金地院で半夏生の花とは出会えたし、もうそれで十分ですね。この騒々しさの中で味わうものはなさそうな気がしました。引き返しましょう。京都のこんな有名なお寺の庭を静かに自分達だけで楽しみたいというのはわがままでしょう。今回の旅で、今まで美しいお庭を静かに味わえたのは梅雨の時期だからこそのことで、今までが幸運だったのかもしれませんね。それでも両足院の入口をちらっと恨めしそうに眺めながらの撤退です。


B7L5ZqeYFf4511.jpg



広大な建仁寺の境内を歩き、建仁寺の門を出ました。


YqoneecMxnf375.jpg


いったんリゾートマンショに戻ることにします。この後は次回で。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR