FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:100番の見晴らしの良い2階建てバスで、束の間の市内観光

2012年4月13日金曜日@ベルリン/1回目

旅の8日目です。3日前から20年ぶりにベルリンBerlinの街に滞在しています。一昨日から昨日にかけてはアイゼナハEisenach、ヴァイマールWeimar、ヴィッテンベルクWittenbergを小旅行してきましたが、今日からは久々のベルリンを本格的に楽しみます。

配偶者が朝目覚めて、ホテルの部屋のカーテンの隙間から外を見ると・・・え~、どんよりとした曇り空。夜の間に雨も降ったようでビショビショ。


itcicj6Z5t15c3.jpg



昨日の午後はヴィッテンベルクで素敵な青空が見えたので、配偶者はお天気は回復して今日あたりから素晴らしい晴天になる予感がしていたらしいのです。完全に期待を裏切られましたが、雨は止んでいるようなので良しとしようか・・・などと配偶者がお天気にがっかりしている間、saraiはまたまた夜遅くまでブログを書いていたのでぐっすり睡眠中。仕方がないので、配偶者は選手交代でブログの下書きを書きながら、saraiの目覚めを待っていたとのことです。

ようやくsaraiが起床。saraiも思わしくない天気を見て、今日予定していたシャルロッテンブルク宮殿Schloss Charlottenburg行きは止めようということにします。やはり青空の下がいいに決まっています。こういう日は、美術館に限ります。楽しみにしていたベルリン絵画館Gemäldegalerieに行くことにしましょう。今夜はベルリンに来た第一目的のベルリン・フィルのコンサートがあるので、ベルリン絵画館だけをさっと見てホテルに戻り休養して、コンサートに備えることにします。
さて、ベルリン絵画館に向かう前に、お洒落なカフェで朝食をいただきましょう。今回の旅のテーマの一つは「カフェでいただく朝食」ですから、ホテルは朝食なしにしてあります。本日のお楽しみの朝食はどこにしましょうか。配偶者が一番楽しみにしていた、花屋さんがあるカフェのアンナ・ブルーメCafé Anna Blumeに決定です。

さっさと出かける準備をして、ホテルの部屋を出ます。さすがに5つ星ホテルのロビーは綺麗ですね。


GUy97AGPoR865e.jpg



お洒落なブティックもありますが、朝はまだ開店前です。


0OMY90h7al5e09.jpg



ホテルを出て、クーダムKu-damm(正式名称クアフュアステンダムKurfürstendammの略称)の通りを歩きます。道行く人も寒そうです。


0wylTQvd5j31ca.jpg



カフェ・アンナ・ブルーメに向かいます。ブライトシャイドプラッツBreitscheidplatzのバス停からバスに乗ります。100番の見晴らしの良い2階建てバスの上からベルリンの街を眺め、市内観光をしながらアレキサンダープラッツ駅Bahnhof Berlin Alexanderplatzに行くことにします。100番、200番の2階建てバスは路線バスなので、購入済のベルリン7日間券で乗ることができます。


wfnpNR0_8325b3.jpg



もちろん、2階席に上がります。少し混んでいますが、並んで席につけます。saraiが地図を手にして、しっかりガイドを務めます。市内半日観光の気分です。


jbH1ztYT6_f5d7.jpg



まず街の風景で目立つのは、いまだに工事中の建物が多いことです。20年前はベルリンの壁が崩壊して間もない頃でしたが、いまだにこんなに工事中が多いとはね・・・。


437g8P4h8576c4.jpg



バスはティーアガルテンTiergartenの緑に包まれた公園の中の道にはいっていきました。


sdHxE0iMYc90dc.jpg



やがて、ティーアガルテンの真ん中にある戦勝記念塔(ジーゲスゾイレSiegessäule)を通過します。これは20年前と変わりがありません。


b54WwkMGv8d4f3.jpg



その先はベルビュー宮殿Schloss Bellevueの白い瀟洒な建物が見えます。騎馬警官の姿も見えます。この建物は、現在は大統領官邸として使われていますが、1786年にプロイセンの皇太子のために建てられました。第2次世界大戦の頃はナチス政府の迎賓館として利用され、戦争で破壊されましたが、戦後再建されました。この建物は一般人には公開されていません。


LQ_mLxocoka040.jpg



ベルビュー宮殿を過ぎたあたりから、バスはシュプレー川Spreeに沿って走ります。


XxQxFZA_TO18a3.jpg



道が川からそれていくと、変わった形の建物が見えます。世界文化会館Haus der Kulturen der Weltの建物です。ベルリンっ子の間では「孕んだ牡蠣Schwangere Auster」としておなじみなんだそうです。アメリカの建築家ヒュー・スタビンスが設計した建物で、文化的なイベントに利用されているそうです。


cGNCk4UB_q6069.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012101401.jpg



バスの上からの観光はまだまだ続きます。20年前の復習です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR