FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:カフェ“アンナ・ブルーメ”での素晴らしき朝食!

2012年4月13日金曜日@ベルリン/4回目

評判のカフェ“アンナ・ブルーメ”Café Anna Blumeでの朝食です。まずは紅茶ポットとティーカップとパンが運ばれてきます。それだけで小さなテーブルはいっぱいになってしまいます。朝食がこのテーブルに並べられるんでしょうか。


p2wum0ZnAV249b.jpg



来ました、来ました。運ばれてきたのは、まるでアフタヌーンティーの3段重ねのような器にあふれんばかりの豪華な朝食。


JcR7uI6R5Q78d2.jpg



思ったとおり座っていた小さなテーブルではのり切れず、これでは無理だねと、ちょっと広目のテーブルに案内しなおしてくれます。見た目も美しい盛り付けです。


c2MZCJkNcJ1f02.jpg



一番下は、色んな種類のハムやチーズ。真ん中は、調理されたいろいろな野菜と生野菜。上段は果物です。突き詰めれば、普通の朝食の内容と同じかもしれませんが、盛り付けが素晴らしいんです。この3段セットを食べている人も結構います。3段セット以外のものも、これらの食材をアレンジして見事な盛り付けをしたワンプレートのようです。お隣の女性が食べているフルーツサラダもとっても美味しそうです。


uW6Fatv3zzacdf.jpg



お花屋さんらしい華やかな盛り付けですね。店内には、配偶者好みの可憐な花がセンス良く活けてあります。
ゆっくりと時間をかけて、豪華朝食を完食。たかが朝食に1時間以上も費やしてしまいました。


6qh6ol_dWIc683.jpg



しかも、2人で3000円弱です。この料理とパンと紅茶ポット(たっぷり3杯は飲める)2人分ですから、決して高くはないですね。

朝食後にはもちろん配偶者は隣に併設してある花屋に直行し、お花を物色。数種類をお買い上げです。ホテルで押し花にして、日本に連れて帰るそうです。花屋さんはなかなかお洒落です。こんなものが目にはいります。お花で装飾したシャンデリアです。


9XLAMeGd5Yd25a.jpg



お花の展示も綺麗です。


Lgv_3bHo_Jeed8.jpg



これなんかもなかなか良いですね。


Xt0124M5fW03f2.jpg



朝食もお花もすべて大満足で、カフェ“アンナ・ブルーメ”にお別れ。お店はますます賑わってきたようです。


vpnWsYvwLafa49.jpg



さて、お約束通り、先ほどの女性のお店に寄っていきましょう。エーベルスヴァルダー駅U Eberswalder Straßeのすぐそばにお店があります。日本骨董とカフェの店の《エニシ》(enishi)です。


nUlhq0Yixt3279.jpg



店内には日本の懐かしい品々が豊富に並べられています。店主の女性は明るく迎えてくれ、雑談で盛り上がります。やはり、この2週間はイースター休暇で学校もお休みだとのこと。だから、アイゼナハEisenachには若い子たちが来ていたんですね。お手製の抹茶プリン、豆腐プリンまでご馳走になってしまいます。どうもありがとうございました。女性はベルリンに長くお住まいで、その彼女を頼って、数日前に日本からやってきたのが18歳の甥っ子です。彼は、近くの日本料理屋で勉強をするそうです。頑張れ、若者!です。店内で店主の女性とその甥っ子さんと記念撮影です。撮ってくれたのはドイツ人のお客さんです。ここでは彼女と甥っ子さんをご紹介しましょう。周りには、和風の品々が並んでいます。


GmFEZBy1z5f8c6.jpg



海外で頑張っている日本人女性と、楽しい時間が過ごせました。彼女たちとお別れして、エーベルスヴァルダー駅の方に向かいます。青果店の店先には、ポツダムで美味しくいただいたシュパーゲルが並んでいます。いかにも美味しそうですね。


fYmPNhsFwv7de6.jpg



予想以上に朝食に時間をとられ、もうすぐ2時です。この後、どうしましょう? 思案しながら駅に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR