FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:カフェでの朝食の後のお楽しみは憧れのベルリン絵画館でクラナッハ

2012年4月13日金曜日@ベルリン/5回目

カフェでの朝食を十分に楽しみました。
予想外の楽しい出来事も重なり遅くなってしまったので、このままホテルに戻ろうかとも思いますが、朝食を食べただけで1日の行動を終えるのも寂しいものです。
少しの時間ですが、ベルリン絵画館Gemäldegalerieに寄ってみましょう。急ぎましょう。来たときと逆の経路を辿ります。エーベルスヴァルダー駅U Eberswalder Straßeから地下鉄2号線(U2)の代行バスに乗り、その後はアレキサンダープラッツ駅Bahnhof Berlin Alexanderplatzまで一駅分地下鉄に乗ります。アレキサンダープラッツ駅からは200番の2階建てバスに乗ります。来たときは100番のバスでしたが、これはベルリン絵画館の前は通りません。途中で面白いものが見えます。これです。


lwRKPSujzZ6668.jpg



何か分かりますか? ベルリン名物の酔どれビール自転車です。集団で大型の自転車を漕ぎ、積み込んであるビール樽からビールを飲みながら、市内観光をするようです。これは酔いがまわって、見物どころではなさそうな気がします。あっという間に目の前を通り過ぎていきます。何とかもう1枚写真が撮れました。


XpBmlCH8r_3da1.jpg



200番のバスは、ウンター・デン・リンデンUnter den Lindenの通りまでは100番のバスと同一経路を走ります。また、博物館島Museumsinselで旧博物館Altes Museumが見えます。


iEjtWQGaES6288.jpg



ウンター・デン・リンデンの通りの先は、ティーア・ガルテンTiergartenの公園には入らずに大きく公園を回り込みながら市街地を走ります。ポツダム広場Potsdamer Platzの先のティーア・ガルテン沿いに走るところでバスを降ります。ここはフィルハーモニーPhilharmonieのバス停です。ベルリン絵画館は、今夜のコンサートの会場のフィルハーモニーのすぐ隣にあるんです。フィルハーモニーの建物を見ると、今夜のコンサートが楽しみになってきます。


6RzsgvQykv754d.jpg



どの建物がベルリン絵画館か分からず、ちょっと迷います。複雑な構造のビルなんです。ようやく、ベルリン絵画館に入り、チケットを購入します。2人ほど並んでいるだけで、すぐに買えます。


uBeu6wjbbl352c.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012101901.jpg



明日からの予定も検討した結果、ミュージアム・パス・ベルリンMuseumspass Berlinの3日間券Drei-Tage-Karteを購入します。ベルリンの主な美術館・博物館などに入場できるパスです。連続する3日間、つまり明後日までは美術館見放題っていうことです。1人19ユーロですから、かなりお得感があります。日本の場合、海外からの美術展では1回でこれ近くの料金をとられますものね。


Zy8a1WVJLS8349.jpg



パスと一緒にミュージアム・パス・ベルリンの利用ガイドをもらいます。60もの美術館・博物館に入場できるとのことで、その一覧が掲載されています。今日から3日間はできるだけ美術館・博物館回りをしましょう。


o76Fxk26nAc8a7.jpg



このベルリン絵画館の入場チケットも一緒に渡されます。もちろん、無料です。


jrSRCbJjqk0252.jpg



ベルリン絵画館のガイド・パンフレットもゲットしますが、日本語版はなく英語版です。


UovB9szb8Bb8dd.jpg



このガイド・パンフレットによると、入口に入ってすぐに7室もクラナッハ、デューラー、ホルバインを中心とした16世紀までのドイツ絵画が展示されているようです。今回の旅のテーマのひとつでもあるクラナッハ作品を、思いっきり楽しめそうです。わくわくです。
それに前回のベルリン訪問ではベルリン絵画館には来ていません。その頃は、東西ドイツの美術品を統合したこのベルリン絵画館はまだ存在しませんでしたからね。
広いロビーを歩いて展示室の入口に向かいます。


y8OT9SIRF8e9d0.jpg



おっと、その前に手荷物はロッカーに預けないといけません。こういうことはドイツは実に厳格ですぐに注意されます。カメラだけはちゃんと取り出して、手荷物を預けます。ベルリン絵画館は写真撮影は可なので、パチパチ撮りまくりましょう。いよいよクラナッハの作品群と対面します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR