FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:フィルハーモニー初見参・・・感動のぺライアのピアノとベルリン・フィル

2012年4月13日金曜日@ベルリン/10回目

ベルリン絵画館Gemäldegalerieのまったくもって素晴らしいとしか言いようのないコレクションを堪能して絵画館から出ると、文化フォーラムKulturforumのテラスに出ます。絵画館は、文化フォーラムという複雑な構造の複合文化施設の中にあります。
テラスから見えるのは素晴らしい青空。フィルハーモニーPhilharmonieの建物が輝いています。


sKDPtWJo7hf762.jpg



文化フォーラムのテラスを下りて、フィルハーモニーの前にある200番のバスの停留所に向かいます。


B_ZrJgfIb58cf4.jpg



急いでホテルに戻りましょう。バスに乗って10分ほどで目的の停留所ブライトシャイドプラッツBreitscheidplatzです。バスを降りると、オイローパセンターEuropa Center近くの広場は、週末の金曜日ということで、お決まりのメリーゴーラウンドや出店や屋台やちょっとしたコンサートなどで盛り上がっています。


bWd0jCvU3a57e1.jpg



これはソーセージやステーキを焼いている屋台です。


aTR4o1gw4U6714.jpg



ヌードルの屋台が気になります。屋台を覗き込んで、夜食用にテイクアウトするものを選びます。


aZLqacTTB4fdcf.jpg



野菜をたっぷり乗せた焼きソバのような物をゲットします。
広場では、テーブルに座って軽食と飲み物を楽しんでいる人たちがたくさんいます。


zF0qTqO7JT915d.jpg



実に様々な屋台があるので、B級グルメが楽しめます。やっぱり、癖になってしまったカリーヴルストも買って帰りましょう。


rZKaensFrN928f.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012102801.jpg



夜食用にと思って買ったカリーヴルストですが、あまりに美味しそうな匂いにたまりかねて、ホテルに戻るなりぱくっと食べてしまいます。実に美味しいです。カリーヴルストはベルリン最大の収穫です。明日からも積極的に食べましょう。


HCtCCuMNQd1e27.jpg



結構歩き回って疲れたので、夜のコンサートに備えて一寝入りします・・・ZZZZ。

熟睡中にドアのノックで起こされます。何でしょうね。ホテルのスタッフが明日の天気予報を持ってきてくれたんです。晴れ!にチェックが入っています。ありがとう・・・でも起こさないで欲しかった・・・ZZZZ。

元気回復して、乗り慣れた200番のバスでフィルハーモニーに向かいます。憧れのフィルハーモニーのホールのロビーに入ります。既に多くの人達が来ています。


5K2ZkKAC8fb5fb.jpg



チケットをチェックしてもらって、入場です。いやあ、中はなかなか壮観ですね。素晴らしい内部空間です。


6F4oMBtw5f29a9.jpg



物珍しそうにうろうろしてしまいます。その挙げ句にテラスに出て、裏庭のようなところにまで出てみます。出入りにはチケットのチェックがあります。珍しいところに出たので、そこからのフィルハーモニーの建物を撮影します。あまり見かけない角度からのフィルハーモニーです。フィルハーモニーの向こうには、ソニーセンターSony Centerのビルが見えています。


XmAPwPnY4L2a4e.jpg



さて、開演時間が迫ったので、自分の席につきます。今夜はベルリン・フィルと世界最高のピアニストのペライアの共演です。実に感動しました。夢のような時間でした。すぐ目の前でペライアがピアノを弾くというとんでもない席で配偶者は緊張しまくりだったようですが、粗相なく聴き終わりほっとしたとのことです。あ~、疲れたっていうのが彼女の感想。このコンサートについては既にここに記事をアップ済みです。

また、200番のバスでホテルに戻ります。
ホテルの部屋で無料のコーヒーを淹れて夜食をいただき、1日の終わりです。


FSlhUfInvt2cd6.jpg



今日はベルリンを堪能した1日でした。明日から、さらに3日間ベルリンを余裕で過ごします。

今日はずい分歩き回った筈ですが、歩数は15,106歩でした。そこそこですね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, Masaさん 2012/10/30 15:46
こんにちわ。
ペライアとベルリン・フィル、なんて素晴らしい組み合わせなんでしょう! 羨ましい限りです。
しかし、昨日インバルのマーラーを聴かれてから、そのままベルリンへ飛んだのですか? すごい行動力ですね。
自分も将来的に、そのように精力的に世界各国を飛び回って演奏会に出かけられるよう、体力を温存しておこうと思いました。

2, saraiさん 2012/11/01 00:44
Masaさん、saraiです。

紛らわしくて、すみません。旅の詳細記事はリアルタイムで書いているわけではないんです。ですから、ペライアをベルリンで聴いたのは今年の4月です。海外の旅でのオペラ・コンサートについてだけはリアルタイムで書いています。
今はおとなしく、横浜の自宅にいます。今週末のインバル+都響のマーラー4番も聴きますので、感想を読んでくださいね。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR