fc2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:昼寝して、お寿司を食べて、国立歌劇場のオペラへ

2012年4月17日火曜日@ウィーン/4回目

ライムントホーフRaimundhofのパサージュの探検は途中で切り上げて、パサージュの入口を入ったところにある中庭に戻ってきます。また、マリアヒルファー通りMariahilfer Straßeに戻りましょう。


5XuRdQPJC_d607.jpg



マリアヒルファー通りを歩いていると、歩道の上に何かあります。のぞき込むと、有名人の手型・足型のプレートのようです。このプレートは、北京オリンピックの柔道で銀メダルを獲得したルートヴィヒ・パイシャー(Ludwig Paischer)の手型・足型です。彼はモデルの仕事もしている美男子でオーストリアでは有名人のようです。saraiは知りませんけど・・・。


rUU0D8nK6i4144.jpg



この他にもたくさんのプレートがあります。
地下鉄の駅を探して、通りを歩きます。この通りはショッピングストリートなので、全世界に展開している有名ショップが並んでいます。お馴染みのZARAの大きな店舗もあります。


jNBRhJz7A8d30d.jpg



H&Mもあります。ベルリンでも、よく見かけました。


ym8acxGHP493ed.jpg



ショッピングストリートを歩いていると、突如、バロック様式の教会が現れます。新旧入り乱れているのもウィーンのひとつの顔ですね。これはマリアヒルファー教会Mariahilfer Kircheです。


boTthME0xq6ff8.jpg



教会前に建っているのはハイドン像です。マリアヒルファー教会はハイドンゆかりの教会だそうです。思いがけないところで、有名音楽家に出会えるのもウィーンですね。


1R3dhMXpegbd30.jpg



ともあれ、地下鉄の駅を探してマリアヒルファー通りを歩きます。


nUJMP42EhPdf48.jpg



ようやく、地下鉄の駅ノイバウガッセNeubaugasseに下りるエレベーター乗り場を発見。


TynE_ps2Jrcfd4.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2012122801.jpg



地下鉄3号線U3に乗って、ウィーン西駅Wien Westbahnhofに着きます。ここへ来た目的はお寿司をゲットすることです。ここのお寿司はなかなか美味しいんです。


2Mjf7EASdM489f.jpg



駅のコンコースにやってきます。もちろん花屋さんがあります。駅には必ず花屋さんがあるのがヨーロッパです。


AzgSmK_eKL443f.jpg



コンコースの2階にお寿司屋さんが見えます。さあ、行きましょう。


Odlz3E8Hn09745.jpg



お寿司屋さん(というかアジア系の惣菜・弁当のお店)のMr.Leeでお寿司をゲットし、ホテルに戻ります。

お昼寝をして元気回復、お寿司で腹ごしらえをして、今晩のオペラに出かけます。
今夜のウィーン国立歌劇場Wiener Staatsoperでは、オペラ友達のSteppkeさんとご一緒の予定です。Steppkeさんの方が見つけてやって来てくれ、半年ぶりの再会となります。お互い日本に住んでいるのに、お会いするのはウィーンという変なお友達です。
幕間におしゃべりをしながら、オペラを楽しみます。

オペラはマスネの《ウェルテル》です。原作はゲーテの《若きウェルテルの悩み》。美しく哀しい音楽が全編流れ、第3幕、第4幕では主人公たちの悲しい運命にほろっとなります。このオペラの《ウェルテル》の感想については、既にここにアップ済みです。来年の4月には、このウィーン国立歌劇場でガランチャの歌う《ウェルテル》を聴く予定で、とても楽しみです。

アフターオペラで、Steppkeさんとウィーン国立歌劇場併設のカフェ・オパーCafe Operでの楽しいおしゃべりは、閉店まで続きます。それでも話はつきませんが、明日もまた御一緒するので、しばしのお別れです。結局、Steppkeさんにお食事をご馳走になってしまいます。ありがとうございました!

ホテルに戻ると、珍しくsaraiの方が疲れ切ってバタンキュウ。配偶者が代役として、せっせとブログを書いてくれます。saraiはグーグー気持ちよく寝ていましたが、頃合いで起き出してブログを書き上げます。

明日もウィーン国立歌劇場でオペラです。今回の旅の第1の目的であるガランチャがオクタヴィアンを歌う《薔薇の騎士》です。楽しみです。
その前に明日はホテルを引越しします。明日からは贅沢に5つ星のホテルです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR