FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:LPの名盤をゲット・・・そして、トゥルン駅の駅舎でシーレの生まれた部屋を拝見できるかな??

2012年4月19日木曜日@ウィーン/5回目

エゴン・シーレ・ムゼウムEgon Schiele MuseumからトゥルンTullnの街の中心の広場ラートハウスプラッツRathaustplatzに戻ってきました。saraiのお楽しみのお店(ヴィンテージLPレコード・ショップ)はすぐ近くです。配偶者はこの街の中心の噴水の前で一服。のんびり歩いて行くということで、saraiは先にお店に向かいます。


V2x2bBiHio2c17.jpg



お店に近づくと、先ほどの男性店主が女性スタッフと一緒に店の前に出ています。彼はsaraiが来るのを見て、手を振ります。彼のところに歩み寄って、「これからランチタイムですか?」と聞くと、「いや、いいんだよ」ということで、既に閉じられていた店の鍵を開けて店の中に入れてくれます。客はsarai1人です。店中を自由に見せてもらいます。これは1階のフロアです。正面の棚は交響曲だけの棚です。奥にはピアノ、オペラ、室内楽などの棚が所狭しと並んでいます。アーティスト別に整理した棚もあります。


F2YmvZdeUT014e.jpg



特に大事なコレクションのある2階も自由に見てくれとのこと。お宝もありそうです。


t1K78B2fSW9b68.jpg



とはいえ、この膨大なコレクションを全部見るためには丸1日はかかりそうです。御主人のご自慢の2階のコレクションや1階の棚を行ったり来たりしますが、到底、欲しいものを探し出すのは無理ですね。。

レアなものを数枚セレクトして、店を後にします。ゲットしたのは、アドルフ・ブッシュ・カルテットのベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲集、カール・シューリヒト指揮ウィーン・フィルのブルックナーの交響曲第9番というところです。アラウのベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全集にも食指が動きましたが、高いし、重いので断念しました。(帰国後、アドルフ・ブッシュ・カルテットのLPを聴きましたが、演奏も素晴らしく、盤の状態もよいものでした。これについては既にここに書きました。)

店の男性店主からは「大量に購入して、日本に送るんじゃなかったのかい?」と言われましたが、短い時間でセレクトするのは難しいと言って、ネットのアドレスだけ教えてもらいました。お店の名前はBlue Danube Recordsです。
また、機会があれば寄ってみましょう。

いつの間にか配偶者も店にやってきて、お店の中の椅子に座ってsaraiを待っていました。
一緒にトゥルン駅Tulln Bahnhofに戻ります。バスは来たときとはルートが違って、ぐるりとトゥルンTullnの街を一周して駅に向かうようです。ま、街も見物していきましょう。と、突然パラ~と雨が降ってきます。お天気雨です。良かった、濡れなくて。バス停はこんな感じでちゃんと屋根があります。こんな突然の雨が多いのかもしれません。


us2eKq4a1p68f7.jpg



洗濯物を干している女性も見かけますが、全く雨のことは気にしていないようです。


oZkTYMlQxNa45b.jpg



バスは大回りして、一向に駅に着きそうにもありません。仕方ありませんね。雨はすぐに止みます。


iGVetHE5yf0396.jpg



ようやくバスはトゥルン駅に着きます。20分程もかかりました。トゥルン駅の駅舎は綺麗な色で塗装されています。


PTNWnFx9Fobe48.jpg



このトゥルン駅の駅舎の2階でエゴン・シーレは生まれたんです。駅にもそのことが書かれています。トゥルンの観光はシーレがらみだけのようですね。


Q0C4YMDqGA6b4e.jpg



これがその案内板です。


oPKxFj1gIb0afe.jpg



シーレの生まれた部屋はこっちの方かなと歩いて行くと、大きなドアが閉まっています。よく分からないので、駅の待合室で掲示を見たりしながら調べますが、何も説明がありません。


dZ3APq0jjc70db.jpg



もう一度先程の大きなドアに戻って、意を決してそっと開けると、2階への階段があります。上がってみましょう。


kjYEliO3UE4708.jpg



2階の廊下沿いにドアはいくつかありますが、さてどこでしょうかねえ。


D3oYyteriw3377.jpg



と、奥の方に人がいます。オーストリア国鉄の職員のようです。シーレの生まれた部屋はどこかと聞くと案内してくれますが、ドアの前でお終い。それ以上は公開していないとのことです。


Z5jaBGR6eE11f9.jpg



ま、何が見たいというわけではないので、これで終わりにしましょう。オーストリア国鉄の方のご厚意に感謝です。
廊下にはシーレのポスターは貼ってあります。


hiXS3l5xZ34bb5.jpg



写真も貼ってありますが、シーレとは関係ない鉄道関係の古い写真です。


8m9c2x650Ya635.jpg



これが2階の見取り図です。左側がオーストリア国鉄の事務室で、右端の2部屋がシーレの記念室です。


90fZdFC6zx7427.jpg



これでシーレゆかりの地はほぼ回ったことになります。今や、saraiにとって、シーレはクリムト以上の存在になりつつあります。
これからウィーンの街に戻ります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR