FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ランチを食べ、ホテルで休息し、いざ、楽友協会へ

2012年4月19日木曜日@ウィーン/7回目

トゥルンTullnからウィーンWienの街に戻り、遅いランチをいただくために、シュトゥーベントーアStubentorのカフェ・プリュッケルCafé Prückelに入ります。
中に入ると、煙草の匂いがします。喫煙スペースが広いようですね。


KvnmKuD2Nb0379.jpg



禁煙席の表示があります。

EHuFq9JvRc3ff8.jpg
EHuFq9JvRc.jpg


禁煙席はお店の奥にあります。


GZ2GrFv2Cp0e4a.jpg



禁煙席は喫煙席の半分ほどです。もちろん、禁煙席に座ります。白を基調にした明るい装飾です。


4oAaAzb4Mgb447.jpg



さて、ランチメニューはあるでしょうか。今日のメニューにはありますが、ランチメニューは3時までと書かれています。


GB3dDcOHu807e4.jpg



もう4時ですが、聞いてみるとOKとのこと。シュパーゲルと書いてあったので、是非お願いしたかったのです。このお店は、ランチのセットメニューというより、今日の1品という感じですね。

まずは飲み物の紅茶が運ばれてきます。


dALhYf9jTY566f.jpg



ランチのシュパーゲルです。たっぷりとポテトが添えられています。


b5A3fFX5Fr1893.jpg



こちらもシュパーゲルですが、肉がメインです。


R2_HeIxSN22782.jpg



このシュパーゲルのランチですが、saraiは今一つという判定を下しました。saraiには、どうしてもドイツのシュパーゲルの味が忘れられないのです。

お店を出て、並木の緑が雨に濡れて綺麗なリンク通りRingstraßeに出ます。


I4QnHNS2Gm28d6.jpg



ここで、saraiがウィーン・フィルの事務局にネクタイを買いに行きたいと配偶者に相談します。配偶者は捻挫しているので、そんなに歩くのは大変だし足手まといになるということで、ここから別行動することにします。めったに別行動することはないのでちょっと不安ですが、配偶者はちゃんと一人でホテルに帰ることが出来たようです。

saraiがウィーン・フィルの事務局に向かうと、その建物の前の舗道にはウィーン・フィルの銘板があります。


ziMInOzyb24210.jpg



しかしながら、ウィーン・フィルの事務局には無情にも営業時間は3時半までの張り紙が・・・。すごすごと帰るしかありません。


iC63S5YCOE9a35.jpg



雨上がりの舗道をとぼとぼとホテルに戻ります。


pioD3W257ne90b.jpg



saraiがホテルに帰還すると、配偶者はブログを書きながらお留守番をしていました。saraiは、そのままお昼寝です。何故か元気な配偶者は、黙々とブログを書き続けています。

さて、コンサートに出かけましょう。今日はウィーン楽友協会Wiener Musikvereinでヨルダン指揮ウィーン交響楽団の演奏会です。ピアノがツァハリスでブラームスのピアノ協奏曲第2番、それにストラヴィンスキーのバレエ音楽《火の鳥》です。いずれも音の響きの素晴らしい楽友協会のホールで、今まで聴いたことのないような音響の洪水にのみこまれ、音楽の素晴らしさを実感します。ウィーン交響楽団はウィーンではウィーン・フィルに次ぐ2番手のオーケストラですが、とてもレベルの高いオーケストラです。詳しい感想はここにアップ済みです。

明日もこの楽友協会で目玉のティーレマン指揮ウィーン・フィルでシューマン三昧です。それは次の土曜日の公演まで連続します。まったく同じ公演を2回聴きます。お友達のHさんも同様です。Hさんの影響を受けつつあります・・・。

コンサート後、早めの10時にホテルに帰ってきました。折角ルームサービスのある立派なホテルなので、軽くスープでもお願いしましょう。一緒に付いてきたパンを食べ、立派な夜食になります。


a13BwVv1os5dd0.jpg



満足満足で、お風呂に入って、オヤスミナサイ。
今日の歩数は14,279歩でした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR