FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:レオポルド美術館はクリムトだけじゃない

2012年4月20日金曜日@ウィーン/5回目

レオポルド美術館Leopold Museumのクリムト展を堪能し、今回のウィーンWienでのクリムト三昧は完了。面白いものを色々と見せてもらいました。さすがにウィーンは凄い。

せっかくレオポルド美術館に入館したからには、他の展示も楽しみましょう。窓からのウィーンの街の眺めも楽しみます。


GXBtV5fxYbf57b.jpg



ウィーンの街といえば、こんな写真も展示されています。奥の方に分離派会館Wiener Secessionが見え、その手前に見えているのは昔のナッシュマルクトNaschmarktでしょう。この頃は分離派会館の見通しがよく、分離派会館の存在感がありましたね。


Io0z6siVgQ1c99.jpg



レオポルド美術館の展示は前回の訪問時にかなりの量の絵画作品をご紹介済みです(記事はここにアップ済み)。今回は、まだ未紹介のなかで、saraiが気になるものをご紹介しましょう。

レオポルド美術館と言えば、まずこの人に登場してもらわないといけないでしょう。エゴン・シーレです。レオポルド美術館はシーレ美術館と改称してもおかしくないほど、世界最大のシーレ・コレクションを所蔵しています。それに今回の旅では、遂にシーレが生誕し青少年期を過ごしたトゥルンTullnにまで遠征しましたしね。
彼の気取ったポーズの写真も大目に見ましょう。彼は根っからのナルシストですね。


HRWUJ7dBh96303.jpg



まだ見ていない作品を発見しました。シーレ25歳、つまり死の前年に描いた《ラヴメーキング》です。日本語には翻訳し難いです。この絵は、紙の上に鉛筆とグワッシュ(水彩絵の具の1種)で描いたものです。


QEP_ehiYXw820a.jpg



次の絵は、既にご紹介済の「ヴルタヴァ川に面したクルマウ(チェスキー・クルムロフ)」です。23~4歳頃の作品です。クルマウ(Krumau)というのはチェスキー・クルムロフČeský Krumlov(チェコ語)のドイツ語での表記です。


4bvbqX6nV634d9.jpg



何故この作品を再度ご紹介したかというと、この絵の横にチェスキー・クルムロフの写真が展示してあったからです。この写真に似た風景ということなのでしょう。


NOwnLo4eTq4aff.jpg



この写真は明らかにチェスキー・クルムロフのお城の塔の上からの写真です。そして、橋の右手の建物は昨年saraiが泊まったホテルなんです。最上階の建物の角のバルコニーのある部屋が、その時宿泊した部屋です。偶然この光景を発見して驚きます(チェスキー・クルムロフ訪問時の記事はここ)。

クリムト、シーレとくれば、次はココシュカの登場です。
これは《自画像》です。


8ARAIwrO6v54cb.jpg



ここで忘れてはならないのが、「トレクロッチ峠-ドロミテの風景」です。イタリアのアルプスに当時の恋人アルマ・マーラーと旅したときの作品です。この翌年には彼らは破局を迎え、感動的な傑作「風の花嫁」が生まれます。


ctjbmHXrWbd155.jpg



saraiはスイスのバーゼルまでわざわざその「風の花嫁」を見に出かけ、とても感動しました。その「風の花嫁」の背景に描き込まれているのが、この「トレクロッチ峠-ドロミテの風景」の山岳です。


6QMP_OC_vl61b4.jpg



saraiは今でも「風の花嫁」を見たときの感動が忘れ難く、2か月後の旅でスイスのバーゼルを再訪することにしています。「風の花嫁」との再会がとても楽しみです。

他の画家の作品で気に入ったものをピックアップしてみましょう。

ハンス・マカルトの「ベスタの処女」です。色使いの綺麗な美しい作品です。このマカルトの美しい色使いは「色の魔術師」とも呼ばれ、クリムトが最初に影響を受けたと言われています。ハンス・マカルトはオーストリア19世紀の画家で、ウィーンの宮廷で活躍し、歴史画の大作を数多く描いたアカデミック美術を代表する画家です。


AJ7Xd2G8Ym0e74.jpg



ヨゼフ・マリア・アオヘンタラーの「小川の妖精」です。とても美しい絵です。アオヘンタラーはウィーン分離派の主要なアーティストの一人です。


0Ku66QkGwk2503.jpg



次はコロマン・モーザーの作品をいくつかピックアップします。コロマン・モーザーは19世紀末から20世紀始めにウィーンで活躍したデザイナーで、ウィーン分離派の一人。愛称はコーロ(Kolo)で、コーロ・モーザーとも呼ばれました。 実際、ここでの展示でも、両方の呼称が使われていました。

これは第13回分離派展のポスターです。実にモダンですね。


RkNnsaO4mc6387.jpg



これは「高い水平線のヴォルフガング湖」です。彼はデザイナーですが、画家でもありました。クリムトがアッター湖の風景を描いたように、彼は同じザルツカンマーグートのヴォルフガング湖の風景をよく描いています。しかも、クリムトが風景画を正方形のキャンバスに描いたことに影響されているようです。


sHM1NfrfZya28e.jpg



これは「洞窟のヴィーナス」です。人物画もよく描いています。


7VhrYmYAbs330c.jpg



これは「恋人達」です。少しシーレの影響が感じられます。


YHrTvEQ1JLa912.jpg



次はリヒャルト・ゲルストルの作品を3枚ピックアップします。リヒャルト・ゲルストルは19世紀末から20世紀始めのごく短い期間に象徴主義の画家としての人生を燃焼させました。作曲家シェーンベルクの妻マティルデと深い仲になり、作曲家は苦悩し、画家は若干25歳で首吊り自殺してしまいました。

これは「ヘンリカ・コーンの肖像」です。死の年に描かれました。病的な作品ですね。


9HaBBaRfQU8615.jpg



これは「庭のマティルデ・シェーンベルク」です。問題の愛人ですね。これも自殺した年に描かれたものです。画家はどんな気持ちでこの絵を描いたんでしょうか・・・。
ちなみにマティルデ・シェーンベルクの旧姓はツェムリンスキーです。そうです。あの作曲家ツェムリンスキーの妹なんです。


C9kFshTjukf88f.jpg



これは「グムンデン近くの湖畔の道」です。死の前年に描かれました。アッター湖の近くのグムンデンでの作品です。これもクリムト風に真四角な風景画です。
グムンデンも2か月後の旅で訪れる予定の街です。


DqzUViRI9H3fec.jpg



ゲルストルについては、もう少し取り上げてもいいかなとも思います。そのうちに気が向いたら、またご紹介しましょう。なお、シェーンベルクがこの時期に「弦楽四重奏曲第2番」を書いています。ソプラノ独唱付きの変わった楽曲です。シェーンベルクが妻の不倫に心を乱されて、エモーショナルになって作曲したと言われています。興味のあるかたは、ラサール弦楽四重奏団の素晴らしいCDが出ていますので、聴かれてみてはいかがでしょう。

  新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲集:ラサール四重奏団(4CD)

十分にレオポルド美術館の鑑賞を終え、ムゼウムシュクヴァルティアーの中庭に出ます。相変わらず、若者達で賑わっています。美術館の中では、ココシュカとアルマの愛の苦悩、ゲルストルとマティルデの愛の苦悩が渦巻いていましたが、若者達は青春を謳歌しているようです。


xkVlQcbrQH2086.jpg



次の目的地に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR