fc2ブログ
 
  

とても嬉しかった!庄司紗矢香+大野和士+ウィーン交響楽団@サントリーホール 2013.5.13

前半の庄司紗矢香が弾くブラームスのヴァイオリン協奏曲、聴き終わり、あまりの嬉しさに自分が満面笑みになるとともに、涙も出てきます。泣き笑い状態です。誰に見られているわけでもないので、構いはしません。何故、こんな反応になったかというと、彼女も遂にここまで来たかという感慨で胸が一杯になったからです。彼女をサポートするのは天下のウィーン交響楽団、音楽の都ウィーンでも、ウィーン・フィルに次ぐ超一流オーケストラです。先日、このコンビでウィーンでのデビューも果たしました。そして、今日の彼女の演奏は美しい高音の響きに満ちていて、若い頃の勢いにまかせた演奏からは脱却して、精神的な深みさえ感じさせるものになってきました。ウィーン交響楽団と渡り合っても、彼女の音楽性で曲をリードできているように感じます。成熟した音楽家として、一人の女性として、完全に自立したことが感じられます。長い間、彼女の音楽を聴いてきて、一時は音楽的に迷いが感じられた時期もありましたが、彼女の不断の努力ですべてを乗り越えて、今日の演奏にまで飛躍してきました。もう庄司紗矢香が弾いているのを他人に思えず、我が娘のことのように喜び、誇りに思っている親馬鹿もどきのsaraiでした。

後半のブラームスは、変な言い方ですが、真正のブラームスでした。ウィーンのオーケストラの体幹の通った美しい響きはブラームスそのものです。変な小細工不要の堂々たるブラームスに終始、魅了されました。

大野和士の指揮、まだ、ウィーン交響楽団を完全にコントロールしている印象はありません。お互いに折り合うところを模索している感じですが、それも面白くは感じます。

この日のプログラムは以下の内容です。

 指揮:大野和士
 ヴァイオリン:庄司紗矢香
 管弦楽:ウィーン交響楽団

 モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
  《アンコール》 マックス・レーガー:プレリュード ト短調
 
  《休憩》

 ブラームス:交響曲第4番ホ短調 Op.98

  《アンコール》
    
    J.シュトラウスⅡ:ワルツ『春の声』
    J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ
    J.シュトラウスⅡ:『雷鳴と稲妻』

最初はモーツァルトの『フィガロの結婚』序曲です。やたら早いテンポで始まり、さすがのウィーン交響楽団もアンサンブルが揃いません。それでも、次第に合ってきました。大編成での演奏ですから、そうぴったりというわけにはいきませんが、シンフォニーでも聴いているような堂々たる演奏。あまり、オペラの序曲のようなワクワク感はありません。ただ、saraiの趣味にはありませんが、こういう演奏も有りでしょう。

次は一番楽しみな庄司紗矢香のブラームス。第1楽章の後半あたりから、ヴァイオリンの音色の冴えが目立ち始めます。高音の美しさは若い頃はなかった輝きです。カデンツァは美音をベースに内省的な演奏でうっとりと聴かせます。フィナーレは高揚感のある響きで、思わず、禁断の拍手をしたくなります。
第2楽章は最高でした。見事な高音の響き、そして、精神的に充実した演奏。最近の庄司紗矢香はこういうところで、決めてくるようになりました。
第3楽章はもともと得意の勢いあふれる演奏です。これは文句なし。
庄司紗矢香はもともと、彼女のこのブラームスの協奏曲を聴いたのが、彼女にのめりこむきっかけでした。そのころも素晴らしいブラームスを聴かせてくれました。しかし、今はその頃とは次元の異なる高みに達しました。今後、ますます、上をめざして、精進してくれることでしょう。
そうそう、アンコールのレーガーも見事な演奏。最近、レパートリーに加えた曲で、彼女の成熟を感じさせる曲でもあります。

休憩後のブラームスの交響曲第4番はブラームスの響きに酔いしれました。それだけで十分でした。アンサンブルの少々の乱れなど、取るに足りない瑣末なことです。やはり、これがウィーンのブラームスですね。

アンコールのウィンナーワルツは実に見事・・・ウィーンらしい沸き立つような演奏で会場を盛り上げました。
ウィーンの音楽文化を今日も満喫。
また、来月はウィーンの本拠地コンツェルトハウスでツェムリンスキーの《人魚姫》とシェーンベルクの大曲《グレの歌》の2回のコンサートを聴かせてもらう予定です。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR