fc2ブログ
 
  

旅はオランダから~デルフトの旧市街の散策を開始・・・運河の美しい街です

2013年4月6日土曜日@アムステルダム~デン・ハーグ~デルフト/7回目

デン・ハーグHS駅から代行バスに乗って、デルフトに向かいます。デン・ハーグも運河の街なので、バスはすぐに運河を渡ります。運河と言っても川みたいです。


ny5e5Imt6s0e46.jpg



その後は運河に沿って走ります。


PDXTcjrNgb2c3a.jpg



どこまで走っても運河が続きます。


lsSxVH0tSs32cd.jpg



バスはデルフト行きですが、あくまでも鉄道の代わりに走る代行バスですから、途中の鉄道駅に寄っては乗客が乗降します。


vQAks8aR7k6442.jpg



意外にこのロスが大きく、デルフトDelftには40分ほどもかかって到着。デン・ハーグでデモ行進に巻き込まれたりしたので、予定よりも大幅に遅れてのデルフト到着です。もう3時20分を過ぎています。できれば、この日のうちにロッテルダムまで行ってみるつもりでしたが、それは明日に回しましょう。

バスが到着したのは駅裏で、お友達の情報通り、駅の向こう側に行く歩道橋がそびえています。どう考えても荷物を持っての移動は無理です。近くに立っていた駅員さんに駅を通り抜けるガードを教えてもらい、ぐるっと迂回して駅表に移動します。駅表から見た駅前の工事中の様子です。大変な工事です。


YVFizumDSt0b48.jpg



工事現場の間に作られた仮通路を歩いて、ホテルに向かいます。


Bqe1f2huWf50bc.jpg



運河を越えると、旧市街にはいります。古い石畳の路地をホテルに向かいます。


40xGqWynFi46a2.jpg



今日からは鍵の心配もない素敵なホテルに2泊です。フロントのお姉さんも可愛くて親切。


14bo8AyQbsac83.jpg



ホテルは、運河に面した旧市街にあるHotel Leeuwenbrug(レーウエンブルフ)です。1泊2人で85ユーロというリーズナブルな料金です。もちろん、WIFI無料、朝食付きの料金です。

まずは部屋に荷物を放り込みます。部屋はなかなか綺麗な部屋です。


t0I72VCMz159b8.jpg



ちゃんとPC操作ができるデスクもあります。


GTJWa99_Xz52b9.jpg



水回りは残念ながら、バスタブはなくシャワーのみです。


BRQv8zBZAk78bd.jpg



休むこともなく、すぐにデルフト観光に出かけます。いろんな出来事で、時間が予定より大幅に遅れていますからね。ホテルを出ると、運河沿いの道です。


H5hjEYxGQGd9e0.jpg



運河沿いを街の中心に向かっていくと、大きな教会の尖塔が見えてきます。旧教会Oude Kerkです。


b4lJ7h2zRs7286.jpg



旧市街の中心のマルクト広場Marktはホテルからすぐです。市庁舎Stadhuisと新教会Nieuwe Kerkの建物が見えます。


WHqcG5HnCxbb3f.jpg



マルクト広場に出てびっくり。小さなマルクト広場は人であふれています。土曜日ということもあるのでしょうが、今やフェルメール効果で大観光地になったようです。人をかき分けながらの観光をします。


1_8MmVYpgaeac5.jpg



小さな街ですが、往年の繁栄を感じさせられる教会などの建物の素晴らしさに圧倒させられます。これは市庁舎Stadhuisの建物です。


jJsblB0UAj575a.jpg



マルクト広場に面して、デルフト焼きのお店もあります。お土産物のお店がずらっと並んでいます。


0cfzap_wBLde0e.jpg



これが新教会Nieuwe Kerkです。後で中に入ってみましょう。


gRXjSPRcIM78f7.jpg



今日は土曜日なので、マルクト広場にはびっしりと市が立っています。何故か布生地を売るお店が多かったのですが、どうしてでしょうね。


hXKdoHLMOu3693.jpg



この後、フェルメールの足跡を尋ねてデルフトの街を歩きます。

デルフト駅からホテルまでの移動も含めて、ここまでのデルフトの街散策を地図で確認しておきましょう。


2013052301.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR