fc2ブログ
 
  

旅はオランダから~デルフトの散策・・・フェルメールの足跡を尋ねて(後編)

2013年4月6日土曜日@アムステルダム~デン・ハーグ~デルフト/9回目

フェルメールの足跡を尋ねて、デルフトの街を歩き回ります。旧教会を出て、運河沿いにマルクト広場の方に戻ります。運河沿いに美味しそうなファストフード(オランダ風)のお店があり気をそそられますが、ここはぐっと我慢。


P2uRMWBu4lf994.jpg



先程訪れたツーリスト・インフォメーションの裏側に出ました。ここを起点に散策を開始します。


qUOsGKSCoR521a.jpg



フォルダース運河Voldersgracht沿いを歩きます。


xHqBf_Tl788a6a.jpg



1番目はフェルメールの生家です。生家は25/26番地です。中を見ることはできません。当時は父の営むデ・フリーヘン・デ・フォス(飛ぶ狐)という居酒屋兼宿屋でした。


B0BjtoE6cy7cc7.jpg



フォルダース運河を渡って、マルクト広場へ。


JGFEey8G0pdbba.jpg



マルクト広場の北東の角にハウス・メヘレンがあります。これが2番目です。この場所にフェルメールが9歳のときに一家が転居しました。当時の建物は残っていません。この建物の壁に「ここにフェルメールが生まれた。」という記念碑がはめ込まれていますが、もちろん誤りです。


lq5KTrMzL7d963.jpg



3番目は新教会ですが、ここは既に訪問済みです。マルクト広場を出て、ニューウェ・ランゲンダイク通りNieuwe Langendijkを歩き、《小路》が描かれた家に行きます。絵に描かれたような家はありませんが、どうもこの花屋さんがその建物らしいです。いずれにせよ、既に家に面した運河は埋め立てられ、様子はすっかり変わっています。ちょっと、これは自信がありません。花屋の人にうかがうと、ここだということですけどね。これが4番目。


NWC3E7CUCjb1d9.jpg



次の場所に向かうために、大きな運河に沿った散策路Oranje Plantageを歩きます。美しい風景です。


YGDIu_JMdl1055.jpg



先の方に城門Oostpoortが見えてきました。これが5番目のポイントです。


IuDPDFM_r94d73.jpg



城門近くの運河縁は綺麗な緑地になっていて、水鳥が遊んでいます。


qScU7MII4e78db.jpg



これが城門です。フェルメールの《デルフトの眺望》にも城門が描かれています。描かれた当時はその場所(デ・コルグ波止場)にも城門があったそうですが、今は残っていません。この城門はフェルメールの描いた城門ではありませんが、これがデルフトに残された唯一の城門です。当時の面影が感じられます。


tWbbwXKlor6b64.jpg



城門から運河を渡る橋はハネ橋になっています。


Y39a6l2jHr8788.jpg



次の6番目以降のポイントはいったんパスして、ここからは《デルフトの眺望》が描かれたという場所(デ・コルグ波止場)に向かうことにします。
運河沿いに歩いていくと、途中の橋もハネ橋です。これもオランダの風物ですね。


01bCLEfY0K8d54.jpg



デ・コルグ波止場の近くまで歩いてきました。ずい分歩きました。もうすぐでしょう。水路も広くなってきました。


uMU1AF4KHR3d49.jpg



ところが、ここまで来て、運河の反対側に出てしまったことに気が付きました。運河を渡る橋はありません。波止場になっていて、水路がとても広くて、橋がないんです。がっくりして、とぼとぼと元来た道を戻ります。ショック!

それでも、5分ほどで運河を渡ることができました。


0BCTK3uXZl0218.jpg



運河を巡りながら、デ・コルグ波止場をめざします。


pwmz2ge8y4fc90.jpg



途中、道路工事中で迂回させられたりしながら、ようやくデ・コルグ波止場に到着。かなりヘトヘト状態です。

街の外れまでかなりの距離を歩いて、《デルフトの眺望》が描かれたという場所から街を眺めます。なるほど、これは絵になる風景です。城門の外側の運河を挟んだ波止場から眺めたデルフトの街の風景だったんですね。すっかり、デルフトの街の真ん中の風景だと勘違いしていました。


tyEvG9u51517e9.jpg



天才フェルメールの筆にかかると、この風景がさらなる進化を遂げ、素晴らしい芸術作品に昇華したこともよく分かります。風景の再構成はまるでコラージュのようです。決してリアルな絵画ではなく、天才芸術家の頭の中で美を構築したものです。フェルメールの凄さを改めて痛感しました。これがフェルメールの《デルフトの眺望》です。


28JOlePihZ2396.jpg



しばらくその景色に見とれて過ごしました。ここには誰もいません。我々だけの風景です。


_55wtB4qD6ceb1.jpg



岸辺に繋留されている船は《デルフトの眺望》の絵に合わせるためのものでしょうか?


fwnNREBIux4b07.jpg



これで、すっかりデルフト散策に満足しました。
また、街の中心のほうに戻りましょう。運河沿いに歩きます。


tggTyN7OZGef83.jpg



8番目のポイントのフェルメールの行きつけのパン屋、ディー・フルデン・コップ(黄金の頭)を見ることができました。生活の苦しかったフェルメールはつけでパンを買って、何とか生活できたそうです。フェルメールが死亡すると、このパン屋への借りを返すために絵画2点を渡したそうです。それが残っていれば、莫大な資産になったんでしょうが・・・。この絵はしばらく、お店に掛かっていたそうです。


RurglWDxCP6c38.jpg



クロム通りKromstraatを通って中心地に抜けていきます。


ZBmcr5V75827e8.jpg



これが7番目のポイントのフェルメールの住居のあったところです。現在は大きな教会になっています。マリア・ファン・イェッセ教会Maria van Jessekerkです。


cP0vO5Htuve6ac.jpg



壁には、フェルメールの住居についての説明板が埋め込まれています。


gN_ugnToJ85dd5.jpg



ここで、フェルメールの珠玉の作品群が生まれたんですね。感慨一入です。
フェルメールの足跡巡りをしめくくるに最高の場所でしょう。
まだ、残るところ、
 6番目:父の生家
 9番目:プリンセスホフ(フェルメール時代のデルフトの画家の作品を展示)
の2つがありますが、まあ、いいでしょう。
10番目の旧教会は訪問済みです。
番外のフェルメール・センターも訪問済みですが、ちょっとのぞいてみると既に閉館していました。


dZHkxw9DOr2e6e.jpg



結局、10個のポイントと番外の2つ(フェルメール・センター、《デルフトの眺望》を描いたデ・コルグ波止場)は、2つを残して見て回ることができました。あ~、疲れた! でも、凄い満足感に浸っています。

フェルメールの足跡を尋ねる散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013052501.jpg



この後はディナーです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR