fc2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ベルンのクレーセンターの《ジャポニズムとクレー》展、その2

2013年4月14日日曜日@スイス・ベルン/4回目

ベルンのクレーセンター、《ジャポニズムとクレー》展の展示内容を前回からご紹介しています。

ところでこの特別展示は2009年に千葉市美術館、静岡県立美術館、横須賀美術館で開催した「パウル・クレー 東洋への夢」をベースとしたものだそうです。クレーセンターの奥田修さんとケルン東洋美術館の柿沼万里江さんが企画・監修されたそうです。今回の特別展の正式な名称は「ジャポニスムから禅まで パウル・クレーと東アジア」展です。

では、前回からの続きです。

これは葛飾北斎。


AemJQtt2xi88e0.jpg


クレーは子供たちの動きに置き換えて、線画で表現しました。1908年の作品で《Sechs Skizzen Blättchen nach Kindern im Freien》。


RT1puVmJMZ04e4.jpg



これは渓斎 英泉(けいさい えいせん)の 『当世好物八契』。


ThokWyv7Tnc55e.jpg



クレーはこの絵とは直接は関係ないのかもしれませんが、中国人と思われる女性を似たような構図で描いています。1927年の作品。


6pn5j7Rr6e336e.jpg



これは相阿弥真相(そうあみ しんそう)の風景画。


rXlZRPJGBU098d.jpg



クレーはヨーロッパの風景を似たようなタッチで描いています。1910年の作品で《Kanal b.Sugiez》。


a5srFTtaSLa5d0.jpg



これは賢江 祥啓( けんこうしょうけい)の風景画。


DYO_SQPpee2c02.jpg



クレーが描くとこうなります。1910年の作品で《Steg, bei Regen》。


r2VU8PRYAz6b37.jpg



これは曽我蕭白の東屋のある風景画。


PTjDlRvtwKda9e.jpg



これもクレーが描くとこうなります。1912年の作品で《Pension in d.Schweiz》。


RmGhVMNGMG03e9.jpg



これは作者不詳の蒔絵。


nDbxJo8Ckhd244.jpg



これはクレーの絵ではなく、青騎士の仲間のマルクの描いた得意の鹿の絵ですが、蒔絵風の表現が面白いですね。1913年の絵葉書。


hyiiR4sDD2cc47.jpg



これは伊藤若冲の寒山拾得。


L5rqg2GHcka384.jpg



クレーはこの絵などを咀嚼した上で、見事に子供の姿をデフォルメして描いています。1938年の作品で《Kindheit》。


s49NZz0EL_afc0.jpg



これは狩野秀信の水墨画。


CnYFi6rqz19799.jpg



クレーはこの絵を再構成した上で、見事な作品を描きました。1940年の作品で《ein Amphibien-Streitross》。


7rsbF20p4scfae.jpg



これは亀田 鵬斎(かめだ ぼうさい)の書。


GpDJiwiYsO3b4e.jpg



クレーはこの書をイメージとして捉え、素晴らしい抽象画を描きました。1938年の作品で《vorsicht Schlangenl》。


sD5CruNxIpeb86.jpg



まだまだ、続きますよ。クレーの素晴らしさが爆発していますね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR