fc2ブログ
 
  

ティーレマン+ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲チクルスへの助走:交響曲第7番⑤ウィーン・フィル1回目

ティーレマン+ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲チクルスの第3日(11月15日(金):交響曲第6番、第7番)のプログラムについて、聴いていきます。

なお、予習に向けての経緯はここ
交響曲第1番についてはここ
交響曲第2番についてはここ
交響曲第3番《英雄》についてはここ
交響曲第4番についてはここ
交響曲第5番《運命》については1回目はここ、2回目はここ、3回目はここ
交響曲第6番《田園》については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ
交響曲第7番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ、4回目をここ、5回目をここ、6回目をここ
交響曲第8番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ
交響曲第9番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ、4回目をここに書きました。

(全予習が完了したので、全予習へのリンクを上記に示します。参考にしてくださいね。)

今回は交響曲第7番イ長調 Op.92の5回目、ウィーン・フィルの演奏のうち、1976年までのものを聴いていきます。フルトヴェングラーの2枚のCDは前回、ご紹介しました。

では、録音年順に感想を書いていきます。

ショルティ 1958年録音

 ショルティ、初登場です。これはウィーン・フィルの初期のステレオ録音です。ショルティはこの時期、ウィーン・フィルとは他に第3番、第5番を録音しています。いっそのこと、全集にすれば、この時期のウィーン・フィルの素晴らしい響きでベートーヴェン全曲を聴けたのに残念です。ショルティはこの後、シカゴ交響楽団と2回にわたって、ベートーヴェンの交響曲全集を完成させています。

 第1楽章、雄大な序奏。とてもステレオ初期の録音とは思えないほど、広がりのよいDECCAの名録音です。低域から高域まで音の伸びも素晴らしいです。主部はオーソドックスな演奏です。ウィーン・フィルの分厚い響きを引き出していて、見事な指揮です。
 第2楽章、いやはや、ウィーン・フィルの弦の美しさには何も言う言葉はありません。
 第3楽章、この楽章も響きが素晴らしいです。特に弦は低弦から高弦までパーフェクト。トリオのアンサンブルも見事。
 第4楽章、速目のテンポで整然としたアンサンブルの見事な演奏。大変、聴き応えがあります。颯爽とした音楽に充足感が得られます。ショルティの自然な音楽の作りにも感銘を受けました。これからはショルティのCDにも注意を払っていこうと思います。

シュミット・イッセルシュテット 1969年録音

 全集からの1枚です。

 第1楽章、深い響きに満たされる序奏、実に雄渾です。奥行きのある音楽を感じます。主部、ショルティと同様にオーソドックスなスタイルですが、アンサンブルのバランスが微妙に異なり、ここはショルティの自然さに軍配を上げたいと感じます。イッセルシュテットの場合は少し硬さを感じてしまいます。
 第2楽章、ウィーン・フィルの弦の響きが格別です。
 第3楽章、躍動的で弾むような感じの活き活きした演奏です。
 第4楽章、シャープなアンサンブルで速めのテンポ。凄みはないものの聴きやすい好演。

ベーム 1972年録音

 全集盤からの1枚です。

 第1楽章、よく響き、よく歌う、柔らかい演奏で始まる序奏。素晴らしい始まりです。主部、美しいフルートソロ。続くトゥッティの瑞々しい躍動感は素晴らしいです。ウィーン・フィルの美しい弦を活かした見事な演奏です。コーダの盛り上がりも素晴らしいです。
 第2楽章、静謐な低弦の演奏で開始。美しい弦の響きを活かして、見事な変奏が続きます。あふれる詩情にうっとりと聴き入ってしまいます。素晴らしい演奏です。
 第3楽章、かっちりした演奏。アンサンブルも完璧です。
 第4楽章、隙のないアンサンブルでがっちりした演奏。バランスのとれた見事な演奏です。次第に演奏は白熱化。大変な迫力です。コーダは実に感動的です。

クーべリック 1974年録音

 全集盤からの1枚です。ウィーン・フィルはこの第7番だけです。

 第1楽章、深い響き、瑞々しい表現の序奏。主部、明るく沸き立つ喜びが心地よく感じます。力強く堂々とした表現で音楽は進行していきます。
 第2楽章、沈み込んだように音楽は始まります。次第に音楽は高潮していきますが、決して、気品を失うことはありません。
 第3楽章、きびきびした表現。トリオも粘らずにあっさりとした表現で頂点に上り詰めます。
 第4楽章、自然な表現で心地よく聴けます。

クライバー 1976年録音

 クライバーはウィーン・フィルとこの第7番と第5番だけ録音しています。第7番はこの録音の6年後にバイエルン国立管弦楽団と再録音しているほか、コンセルトヘボウ管弦楽団とヴィデオ録画を残しています。得意の曲だったんですね。

 第1楽章、なんという見事な序奏でしょう。自然で流れがスムーズ、雄渾で繊細。要するにバランスがいいということでしょうか。主部、木管は清新。弦は艶やか。提示部は繰り返します。溌剌とした表現で音楽は進行していきます。ちょっとオーケストラを鳴らし過ぎるのが気にはなります。クライバーなら、もっとスマートにやってほしいところです。
 第2楽章、とても美しい弦楽合奏。心が和まされる思いです。この思いはこの楽章全体で続いていきます。
 第3楽章、切れ込みの鋭いシャープな表現。
 第4楽章、速いテンポでノリの良い演奏を展開。音楽は後半にかけて、熱く高揚し、最後は猛スピードでコーダを駆け抜けていきます。


ウィーン・フィルの演奏はいずれも素晴らしいものばかりです。

次回はこの交響曲第7番のウィーン・フィルの演奏のうち、1978年以降の録音を聴きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR