fc2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ボーデン湖畔の街コンスタンツ

2013年4月15日月曜日@スイス・チューリッヒ~ボーデン湖~ラインの滝/1回目

旅の12日目です。

オランダから続けてきたラインの旅も、前日はスイスのベルンに寄り道でライン川とはちょっと離れてしまいましたが、この日はまた、チューリッヒからライン川の旅に戻ります。ライン川を遡っての旅も、遂にその源流といわれているボーデン湖Bodenseeを訪れます。実際にはボーデン湖にライン川の上流が流れ込んでおり、その源はアルプスまで達するようですが、どうもそれは感性に合わないので、sarai的にはライン川の源流はボーデン湖ということで旅のしめくくりをしたいと勝手に思っています。

昨日に続いて快晴の朝です。saraiがこの旅で一番晴れて欲しいと願っていたのがこの日です。期待通り晴れ上がりました。配偶者のお蔭ですっ! 配偶者は無類の晴れ女ですからね。
このチューリッヒ空港近くのホテルには朝食は付いていないので、さっさと着替えて出かけます。朝食が付いていないと、時間の節約にはなりますね。
出かける間際に、今日のコースは、ややこしいことにスイスとドイツにまたがるエリアを移動することに気付きました。スイスフランとユーロの両方を持っていかないとダメなのです。気が付いて良かったです。

このホテルは空港までの送迎バスがあります。それを利用して、空港駅から今日の行動は始まります。
まずは空港内のパン屋さんで朝食のパンとジュースを買います。


NcrlNUNx21d0e5.jpg



いざ、ボーデン湖畔の街コンスタンツKonstanzに向けて、空港の地下駅から電車に乗り込みます。事前にネットで購入済みのチケットは、出発地がチューリッヒ空港駅Zürich Flughafenで到着地が同じチューリッヒ空港駅。つまり、ぐるっと巡回するチケットです。途中駅はヴィンタートゥールWinterthur、ヴァインフェルデンWeinfelden、コンスタンツKonstanz、クロイツリンゲンKreuzlingen、シャフハウゼンSchaffhausen、ヴィンタートゥールです。このチケットは通常料金チケットですが、全行程を一括して購入することで、区間ごとに購入するよりも大幅に安く購入することができました。1人53スイスフランです。


YB8Y7fphvnb4dc.jpg



鉄道移動の全行程を鉄道路線図で確認しておきましょう。


2013102801.jpg



空港駅で、予定通りのインターシティICに乗車します。


70PTv8b1se8446.jpg



すぐに電車は地上に出て、快晴の中を美しい平原を走ります。


yhR20MVlsX5f43.jpg



早速、朝食をいただきます。美味しそうでしょう。


W5WAp_4KuG2a51.jpg



線路近くにアパートが見えます。日本のマンションと似たような建物ですね。


4hOxxPoS2Y202d.jpg



広々とした畑の中を電車は快調に走っていきます。


Ho7PkW5AYJfd22.jpg



乗換駅のヴァインフェルデンWeinfeldenに到着。


NnN0ijMyDz13b9.jpg



ここでコンスタンツKonstanz行の電車に乗り換えます。


P45M1pMAJm3a6a.jpg



車内は空いていて、ゆったりと座れます。


00Im1nDVWR0266.jpg



車窓に美しい教会が見えます。


DdXWC8KNYve70a.jpg



コンスタンツに近づくと、遥かに美しいアルプスが見えます。


LpBVICTQIP4638.jpg



緑の美しいスイスらしい風景の中に、チーズ工場なども見られます。


egrfy_QU4A0648.jpg



ようやく車窓に湖の姿が見えてきました。きっと、ボーデン湖でしょう。


m5o_yeojYY41ef.jpg



予定通りコンスタンツに到着です。ところで、日本で準備したはずのコンスタンツの情報をプリントした紙が、昨夜どこを探しても見つからず、コンスタンツ到着の最初の用事はツーリスト・インフォメーション探しとなりました。でも、これは駅舎のすぐ隣にあり一安心。


Dim_WRxzOo6906.jpg



地図は0.5ユーロです。電車に乗ったのはスイスで、電車を降りたコンスタンツはドイツなんです。ツーリスト・インフォメーションの女性に、スイスフラン?ユーロ?ややこしいたらありゃしないねっていうと、そうなのよねと笑っていました。


_L2V2JHL1593ca.jpg



これがその地図。地図を見ると、駅のすぐ前がボーデン湖のクルーズ船乗り場(地図右下の方の赤丸の5番)です。


oXh6FGDOgm720f.jpg



到着したコンスタンツは、ライン川の源流と言われているボーデン湖畔の街なのです。いきなり目の前にボーデン湖が広がります。湖の向こうにはアルプスが見え、美しいったらありゃしない。その遥か向こう辺りはもうオーストリアです。ボーデン湖はドイツ、オーストリア、スイスの3つの国に接しているのです。あまりに大きな湖でライン川の源流というイメージは全くありません。
ライン川は、ボーデン湖の遥か向こうに見えるアルプスの山々の水が集まり作られた小さな湖のトーマ湖一体を源流域と呼び、トーマ湖から流れ出た一筋の川が、もう一つの流れと合流し、リヒテンシュタインやオーストリアとスイスとの国境を成しボーデン湖に流れ込むまでを上ライン、このボーデン湖から下流をライン川(下ライン)と呼ぶそうです。というわけで、源流域や上ラインを辿ることは旅行者としては不可能なので、今日このボーデン湖を訪れることで、saraiのライン川を遡る旅は完結すると考えています。あまりにも大きな美しいボーデン湖に源流というイメージはありませんが、あまり源流という言葉にはこだわらずに湖を楽しみましょう。
ボーデン湖クルーズを楽しむために船乗り場に急ぎます。


AFFV1baYVF177d.jpg



これから、ラインの旅を締めくくるボーデン湖クルーズです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR