FC2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ラインの宝石、シュタイン・アム・ラインを堪能

2013年4月15日月曜日@スイス・チューリッヒ~ボーデン湖~ラインの滝/8回目

白鳥亭Hotel Schwanenのホテルの先にライン川を渡る橋があります。橋を渡れば、シュタイン・アム・ラインの旧市街です。


XUS1CcBHMp8497.jpg



橋の袂までやってきました。青空が綺麗です。


_Bs_pZFTf48d86.jpg



このあたりのライン川は意外に狭くなっているようです。そんなに長い橋ではありません。この橋はローマ時代に起源を持つ石橋だったそうです。1971年から1974年にかけて、現在の橋にかけかえられました。


Q3zo8SKgC5dc7c.jpg



橋に上がったところで、ライン川越しに対岸の旧市街を眺めます。無理をして、この街に立ち寄った甲斐がありました。素晴らしい眺めです。



VuNkiBWV_M8dac.jpg



ここまで駅から歩いて5分程でした。橋の真ん中でライン川の景色を眺めます。これは下流方向です。ロッテルダムから、ここまで長い道のりでした。ライン川はこのスイスから、ドイツを経て、オランダで大西洋に流れ出します。美しい眺めです。


_3SpZQlwXS08a1.jpg



橋は重要な交通路らしく、多くの車が往来しています。橋の向こうには尖塔が見えます。市教会(Stadtkirche)でしょうか。


I8o5YcRr_bd930.jpg



振り返ると、橋の手前の岸辺にも美しい建物が並んでいます。ライン川にかかる橋の周りの街の美しいこと、素晴らしいです。


Dmr73Zlj8J2eef.jpg



橋をほとんど渡り切ったところから、ライン川下流の眺めを楽しみます。いや、美しい!


815Nd2FhdGabf9.jpg



橋を渡りきると、シュタイン・アム・ラインの旧市街にはいります。


p9mdtVfunI05a3.jpg



通りは少し狭くなって、突き当りになっています。


szicdrkqTD0f0f.jpg



通りを突き当って、右を見ると、尖塔があります。市教会(Stadtkirche)です。青空に映えて美しいですね。


KjUaminBXI3309.jpg



左手は大きな通り、市庁舎広場(Rathausplatz)です。賑やかです。石畳も綺麗です。


Uybo4hBTwue87e.jpg



通りが突き当った建物は市庁舎でした。市庁舎広場から市庁舎を眺めます。建物の壁には、装飾画が描かれています。これは歴史画でしょうか。


VnMIK_e7Mgf3d6.jpg



市庁舎広場に面した建物の壁の多くに装飾画が見事に描かれています。ヨーロッパの街では、建物の装飾画はよく見かけますが、この街の装飾画はその中でも秀逸です。


NTGoqXGcyja7ce.jpg



広場にずらっと並ぶ装飾画の建物は壮観です。


1e4aM2HOUZ3f9d.jpg



この建物もご覧ください。凄いですね。


obhALGv1PHbf1f.jpg



街中の建物の壁面には絵が描かれていて、とても美しく、中世の雰囲気が素晴らしいです。正面の噴水は市の泉(Stadtbrunnen)です。


ojLyG9ZweP7689.jpg



広場の先の通りを行くと街の目抜き通りウンターシュタットUnterstadtです。残念ながら、もう、持ち時間がなくなってきたので、ここで引き返します。もう十分に街の景色を楽しみました。


ob1SvcVWhLe85d.jpg



至る所に、観光客が繰り出していて賑やかでした。街の名前の“シュタイン・アム・ライン:ラインの石(宝石)”というのも肯ける美しさです。美しいこの街を見ずして、ライン川は語れません。この街に立ち寄ったのは大当たりでした。
シャフハウゼン行の1本後の次の電車に乗るので、この街にはわずか30分の滞在です。何とも慌ただしい2人です。
帰りはまた、市教会の尖塔のそばに近寄ってみます。美しい塔です。


t0jS5o67FBd3c0.jpg



最後にもう一度、建物の装飾画を拝見します。とても綺麗です。


alYrL44Mll23cd.jpg



さあ、駅に急ぎましょう。

シュタイン・アム・ラインの急ぎ足の散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013110601.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR