FC2ブログ
 
  

いきなり感動の名演、ティーレマン+ウィーン・フィル:ベートーヴェン・チクルス①@サントリーホール 2013.11.8

待ちに待ったティーレマンとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲チクルスが始まりました。大変な期待をしていましたが、それはそれ、聴いてみるまでは不安感もあります。十分に予習をして、ティーレマンのベートーヴェンがどういうものかは十分把握していたつもりですが、CDの記録と生演奏は別物ですからね。もちろん、CDはライブ録音なので、生演奏に近い筈ですが、ホールも異なります。

で、どうだったか・・・素晴らしい演奏でした。

まず、交響曲第1番を聴いて、これは最高だと思い、このチクルスの白眉だろうと思いました。

次に第2番、序奏の最初の和音を聴いた瞬間、これは素晴らしい演奏になることを確信。実際、最高の第2番でした。脳裏をよぎったのは、こんな素晴らしい音楽をフルトヴェングラーが何故、そんなに演奏を避けたのかということです。ほとんど、録音が残っていません。ともあれ、こんな素晴らしいベートーヴェンが聴けるなんて、このチクルスはこれで終わっても満足だと思ったほどの感銘を受けました。ところが、ティーレマンの真価はこんなものではありませんでした。

第3番《エロイカ》はありえないような奇跡が起こったとしか思えません。生涯最高のベートーヴェンです。実はこの《生涯最高のベートーヴェン》というのは一度使ったフレーズです。それはやはり、同じウィーン・フィルの《エロイカ》でした。巨匠プレートルの来日公演でした。一生、この《エロイカ》を超える《エロイカ》は聴けないだろうと思っていました。今夜、それが覆されたんです。まあ、冒頭のトゥッティの和音から、フィナーレまで、まったく、息の抜けない演奏。CDで聴いた演奏を大きく上回る演奏に度肝を抜かれました。最高に感動したのは、第2楽章の後半、対位法的に第2ヴァイオリン、第1ヴァイオリンと受け継がれる部分から、頂点に上り詰めていくところです。余りの感動に涙が滲みます。こんな素晴らしい第2楽章は聴いたことありません。第4楽章も高弦の美しさ、音楽に内在するチカラの凄まじさに茫然とするだけでした。第1楽章、雄渾という言葉そのものの力強く、それでいて、美しい演奏。第3楽章は軽く流すのかと思っていたら、剛球を投げ込んできたかのような凄まじい演奏。本当はもっと書くべきことは体にぎっしり詰まっていますが、とりあえずはこんなところで、お許しください。感動を吐き出さずに心の奥底にしまっておきたいんです。

今日のプログラムは以下です。

指揮:クリスティアン・ティーレマン
管弦楽:ウィーン・フィル

ベートーヴェン交響曲チクルス第1日

第1番ハ長調Op.21
第2番ニ長調Op.36

《休憩》

第3番変ホ長調Op.55《エロイカ》

これで第1日は感動のうちに終えましたが、まだ、あと、3日も残っているのは心豊かです。今日の《エロイカ》はsaraiにとって、歴史的な名演とも言えます。CDで聴けるフルトヴェングラーのウラニア盤と合わせて、生涯の宝です。

最後に今日の3曲の予習について、リンクを張っておきます。何かのご参考になればと思います。

交響曲第1番についてはここ
交響曲第2番についてはここ
交響曲第3番《英雄》についてはここ



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ティーレマン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR