FC2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ラインの滝の駅を間違えて、すわっ・・・一大事! でも、災い転じて福となすかな?

2013年4月15日月曜日@スイス・チューリッヒ~ボーデン湖~ラインの滝/11回目

シャフハウゼンから電車に乗って、いよいよラインの滝に向かいます。鉄道で2つ目がラインの滝の最寄駅です。電車はライン川に沿って走ります。ライン川の岸辺の斜面は例によって、ワイン畑です。美しく、穏やかなラインの流れです。


qwegr288o564e6.jpg



岸辺には木立も並び、のんびりした風景です。


S8h8Gwz87qceee.jpg



シャフハウゼンの街もみるみる遠ざかっていきます。


3bNnzlVOdZ6627.jpg



対岸に綺麗な家々が見えてきました。


pJntm_B7etb29a.jpg



対岸の綺麗な家々が正面に来たところで、電車が停車しました。1つ目の駅です。


_ogux1RScc6c75.jpg



ふと駅名の表示板を見ると、駅名に『Rheinfall』の名前が付いています。慌てて、ここだ!と叫び、配偶者を急き立てながら急いで飛び降ります。その途端、駅名をよく見直し、ここが最寄駅でないことに気付きました。今度は、間違えた!と叫び、配偶者とともに慌てて電車に戻ろうとしましたが、悲しいことに電車は固くドアを閉じて出発してしまいました。ラインの滝の最寄り駅は次の駅なのですが、初めての土地の不案内のため、つい間違えてしまったのです。とんでもないミスに愕然としながら、30分後の電車を待つしかないと覚悟しました。と、その我々の慌てた様子を見ていたらしい、ホーム(小さな田舎の駅でホームしかない)にいた現地の人と思われる中年のご夫婦が、何も問題はないよと話しかけてくれました。目的の次の駅まで歩いても大した距離ではないし、遊歩道があるのでそれを歩いたら良いとのこと。きっと、我々のように失敗する観光客が多いのでしょうね。そのアドバイスで、ようやく気持ちが落ち着きました。ダンケ・シェーン!! 
ちなみに間違えて降りた駅はノイハウゼンNeuhausenです。
このノイハウゼン駅から歩きはじめると、すぐにライン川沿いの道に出ました。


qtxI1YmG4B848e.jpg



この川沿いの道を100m程歩くと、すぐにラインの滝へ向かう遊歩道の標識がありました。ご夫婦のアドバイス通りです。


ReW0QQxBHJf921.jpg



この辺りはライン川の川幅も狭く、対岸に渡る小さな橋も架かっています。


QO_HONOoTy365e.jpg



この橋の先は気持ちのよさそうな散策路になっています。晴天で気持ちのよい散策になりそうです。大正解!ここを歩かずしてラインの滝を語ることなかれって感じです。負け惜しみじゃありませんよ。ラインの滝に行かれるときは、天気さえよければ、このルートがお勧めです。


uuu5t8rr1x6aeb.jpg



穏やかな川と思えた印象はすぐに一変し、川に岩が目立つようになり、だんだん川の流れが逆立つようになってきました。滝が近づいている予感です。


e31_jw9OwQae11.jpg



こうなると現金なもので、saraiの足取りは軽くなって、ぐんぐん歩を速めていきます。配偶者は後ろから、呆れ顔でついてきます。


TmETtjLWxQ003e.jpg



川は岩礁地帯で、危険を示す旗も立っています。


D59Jt9GYUVd569.jpg



流れは依然として速いものの、岩礁地帯は抜けたようです。川に入って、のんびり釣り糸を垂れている人達もいます。これでは、まだまだラインの滝は遠いようですね。


HfbzB4_CINa1d0.jpg



それに、川縁に無粋な近代的なビルが見えてきました。これは景観を悪くしますね。saraiも余裕が出てくると、勝手な思いが浮かんでくるものです。


bVEkZJH8dQd086.jpg



それでもライン川に目をやると、岸辺に立つ木は花盛りで綺麗ですし、川も浅瀬の川底まで透き通って見える美しさ。


SYJOWIVe2K7edc.jpg



散策路の美しいことこの上なく、とっても気持ちのよい散策です。


pObmHfYWH66352.jpg



配偶者も疲れ気味ながら、のんびりと散策を楽しんでいます。


4x24P30_Lz8823.jpg



何て気持ちのいいライン河畔なんでしょう。


afD1DyAnET8de0.jpg



色んな人が散策を楽しんでいます。ジョギングしている人もいます。春爛漫っていう感じです。


NyTB9fNDJGe5b4.jpg



岸辺の緑の野原では、水着で川遊びに興じている人達もいます。日光浴だけかもしれませんけどね。本当に素晴らしいお天気です。


mSgwwV0esKae5a.jpg



もうすぐ、ラインの滝に着きそうな感じになってきました。

駅から散策したルートを地図で確認しておきましょう。


2013111201.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR