FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:ゼメリング鉄道の旅、完結!

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/5回目

ゼメリング鉄道Semmeringbahnの最高地点に近づいていきます。


ゼメリング鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。


2014010501.jpg



現在、ブライテンシュタインを過ぎたあたりで標高800mくらいです。まわりには岩山がそそり立っています。


welgCaUQxi0d71.jpg



また、アーチ橋が近づいてきます。2層アーチのアドリツグラーベン橋Adlitzgraben-Viaductです。


qx_vA9GKwGa34a.jpg



アドリツグラーベン橋をレールジェットが渡っていきます。絶景です。


YbemYqAjPg27c6.jpg



遠くに見えていた雪山がだんだん近づいてきます。


J4ux1s7UbP89bb.jpg



ゼメリング駅Semmeringに到着です。ここは標高896m、ほぼゼメリング鉄道の最高地点の峠です。


iM1okDRQfW924e.jpg



ちょうど逆方向の電車がホームに入ってきました。


cuNOy6g96H1c3a.jpg



液晶パネルを見ると、4分ほどの遅れが出ています。ほとんど停まりかけるほど、のろのろと走ることもありましたからね。


9pJ7QxnAQfa90a.jpg



3分遅れでゼメリング駅を発車しました。乗り継ぎもあるので、これ以上遅れが大きくならないことを願うばかりです。


O1R3Rcrzro6768.jpg



ゼメリング駅にはまだ雪が残っています。春とは言え、さすがに高い山の上はまだ寒いようです。


Lr8fFf6kHW3136.jpg



ゼメリング駅を出ると、ちょっと長めのトンネルに入ります。単線並列のゼメリングトンネルSemmering-Tunnel、約1500mの長さです。単線並列になっているのは、単線の旧ゼメリングトンネルAlter Semmering-Tunnelが元々あって、単線の新ゼメリングトンネルNeuer Semmering-Tunnelが新たに建設されて、複線化されたためです。新トンネルは旧トンネルよりも80mほど長くなっています。saraiの乗ったレールジェットは歴史ある旧トンネルを走りました。もっとも、中は暗くて何も見えませんでしたけどね。
このトンネルを抜けると、一気にスピードを上げて下りはじめます。並行して立派な道路(S6の高速道路?)も通っています。


BUJRd78Rmjdf84.jpg



ゼメリング鉄道はしばらくこの道路と並行して走ります。地形的に道路は見え隠れします。


Zctj6q7bgY2ae3.jpg



沿線は草原でのどかですが、遠くの山には雪が見えています。


lGR9e_gwvZ7eca.jpg



綺麗な村が見えてきました。シュタインハウス・アム・ゼメリングSteinhaus am Semmeringです。標高が838mで、最高地点からは60m下っています。


PIWbtyjZqt4b01.jpg



近くの山には、スキーの素晴らしいゲレンデも見えます。ウィンターリゾートの村なんですね。


v2RJ16qAjO470e.jpg



結構、大きな村です。村というよりも街と言ったほうがよさそうです。


9D1NWfbBLi6d29.jpg



ゼメリング鉄道は緑の野原をぐんぐん下っていきます。


Go_uY0RzDfe02e.jpg



素晴らしい景色が広がっています。


E9bzLJIgnC5605.jpg



ゼメリング鉄道の区間の最終地点、ミュルツツーシュラーク駅Murzzuschlagに到着しました。ここは標高681mです。最高地点との高低差は約300m。センメリンク鉄道はグログニッツからの高低差は約450mですから、センメリンク鉄道はグログニッツ側のほうが急峻で、ミュルツツーシュラーク側は緩やかです。


gWiB08m6S96fbf.jpg



ゼメリング駅からミュルツツーシュラーク駅への下りは快調だったので、ゼメリング駅での遅れをほとんど取戻し、ほっと一安心です。


aKawCYTufa9cc3.jpg



ゼメリング鉄道はこの区間で完了。このゼメリング鉄道を楽しむなら、絶対に左側(ウィーンの方から行く場合)に席をとりましょう。右側の窓はずっと山斜面で、何も見えませんよ。
また、前に書いた通り、2012年から新しいゼメリング基底トンネルSemmering-Basistunnelの建設が始まっています。これはゼメリング鉄道の区間、グログニッツからミュルツツーシュラークまでの間を27キロのトンネルにしてしまうものです。現在ゼメリング鉄道を通過するために45分の時間を要していますが、これがゼメリング基底トンネルでは30分短縮され、たった15分で通り抜けるようになります。完成予定は10年後の2024~2025年。その折には、ゼメリング鉄道は完全にローカル観光鉄道になってしまいます。ゼメリング鉄道を楽しめるのは、ここ10年の間です。
この後、さらに電車を乗り継ぎながらハルシュタットに向かいます。


次回を読む:18日目-2:ハルシュタットへの鉄道の旅 (5)

前回を読む:17日目:ウィーンで音楽三昧、4日目 (5)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR