FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:レールジェットの贅沢なプレミアムクラスともお別れ

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/6回目

ゼメリング鉄道の区間を通り過ぎて、ジェットレールはミュルツツーシュラーク駅を出発。ミュルツツーシュラークの綺麗な街並みを抜けていきます。この街はブラームスが交響曲第4番を作曲したところ。ブラームスはゼメリング鉄道が開通した30年後の1884年と1885年の2回の夏をここで過ごしました。当時、ゼメリング鉄道でウィーンから3時間かかったそうです。ミュルツツーシュラークには、オーストリア唯一のブラームス博物館があり、ブラームスが弾いていたピアノも展示されています。1991年の開館時には、saraiの最愛のピアニスト、クラウディオ・アラウが記念コンサートを行う予定だったそうです。しかし、アラウはこの年に亡くなり、代わりにイェルク・デムスがアラウ追悼コンサートを行ったそうです。そのときの演奏が2枚組のCDになっているので、是非、聴いてみたいものです。今でも、このブラームス博物館で販売しているようです。なお、ブラームスは夏を避暑地で過ごす習慣があり、晩年はザルツカンマーグートのバート・イシュルで過ごし、名作のクラリネット五重奏曲を作曲しています。明日はそのバート・イシュルを訪ねる予定です。


cJIKqSGyIG5b42.jpg



街を出ると、アルプスからの清流ミュルツ川Mürzに沿ってレールジェットは走っていきます。


Gsk80mNx9O59d3.jpg



アルプスの外れにあたるこの辺りは、美しい風景が広がっています。


yr7kZDB8ec5ed2.jpg



緑の野原の中をレールジェットは走ります。


dzGgKagCXI8a4d.jpg



ゼメリング鉄道を走っているときは写真撮影や風景を楽しむのに忙しかったsaraiも、ようやくリラックス。プレミアムクラスのリクライニングシートでゆったりです。


qU7iFdetqh639d.jpg



沿線には次々と街があらわれます。いずれも綺麗な街です。


d3n0qQoMo5a147.jpg



ミュルツ川は時折、川幅を広げます。といっても小川の域を超えるものではありませんけどね。


TLcKCSpR2Z1bba.jpg



美しい風景の中、気持ちよさそうにサイクリングを楽しんでいる人達がいます。羨ましいです。


1ATU0Dcak4f2e4.jpg



次の停車駅、カプフェンベルクKapfenbergに到着。レールジェットのプレミアムクラスの贅沢な旅ももう数分でおしまいです。乗り換える準備を始めましょう。


rAclxhoEi318aa.jpg



ほぼ定刻でブルック/ムーア駅Bruck an der Murに到着。


72dZZYdfFWc030.jpg



これが今まで乗ってきたレールジェット。5番線のホームに停車しました。


XXjogriFLY4f54.jpg



ここで贅沢なシートともお別れです。多分、プレミアムクラスに乗るのはこれが最初で最後になるでしょう。プレミアムクラスのドアも閉じています。


J7qPdzYkTg94ba.jpg



車両には派手な模様が描かれています。アルペンスキー・ワールドカップのオフィシャルパートナーの特別塗装のようですね。


hqEPJYXOzX5b3a.jpg



素敵な女性車掌さんと手を振って別れを惜しみます。レールジェットはグラーツに向かって走り出しました。


EkUiCo14ol77af.jpg



このブルック/ムーア駅からは3つの列車を乗り継いで、ハルシュタットに向かいます。ブルック/ムーア駅には、プラットホームの移動に地下通路とスカイウォークの2つがあります。1番線への乗り換えだったのですが、車掌さんが配偶者にスカイウォークのほうだよと親切に教えてくれたそうです。乗り換え時間が10分を切っていたので助かりました。エレベーターに乗って、スカイウォークに上ります。


zTRerCeaQp10c5.jpg



スカイウォークの上からはプラットホームが見渡せます。1番ホームには既に電車が入線しています。


40HUoH20G_47a0.jpg



1番ホームに停車中の各駅停車の電車です。あと2~3分で発車です。急いで乗り込みましょう。


nf4rHbtGsQcc70.jpg



このブルック/ムーア駅からの電車は、ファーストクラスの付いていない各駅停車の電車です。次に乗り換えるレオーベン中央駅Leoben Hbfまでは10分ほどですから、構いません。それに席はがらがら。


q8I1fyAMEubedb.jpg



車窓からは先ほど渡ったスカイウォークが見えています。


tbfqttToaO0a75.jpg



2番目の電車の旅が始まります。

今回の小旅行の鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014010301.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR