FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:ハルシュタットのホテルにチェックイン・・・塩抗へのケーブルカー乗り場へ

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/11回目

ホテルのオーナーに船着き場まで出迎えてもらい、車であっという間にホテルに到着です。ホテルはハルシュタットの街の外れにありますが、ハルシュタットの街は1キロ足らずの細長い街ですから、街中みたいなもんです。車で迎えに来てもらうほどのことはありませんが、初めて訪れる街は土地勘がないので、ホテルまで案内してもらえば楽ちんですね。
ホテルはGasthof Pension Grüner Angerです。これが外観。ホテルのパンフレットからの画像です。


rjMW8k9Trzaf3e.jpg



このホテルは比較的料金が高いザルツカンマーグートのホテルの中ではリーズナブルな料金で泊まれるので、選択しました。
ホテルのレストランです。落ち着いた感じです。


28LJx72w8M2ba2.jpg



ホテルのレセプションでチェックインします。レセプションの奥には、厨房が見えています。


i7JZVFysYo23ae.jpg



ホテルでチェックイン後、部屋に向かいます。部屋は2階ですがエレベーターなんてありませんから、荷物を持って階段を上がらないといけません。ただ、ウィーンからの小旅行なので、荷物は最小限で大したことはありません。
部屋に入って窓から外を覗くと、野原が広がっています。いい環境ですね。


5TQZCmQCWacb81.jpg



部屋には気持ちのよさそうな清潔なベッドが置いてあります。


6hPzO7e_yKc443.jpg



バスルームも清潔そのものですが、残念ながらバスタブはありません。


IvRAXfOnOL533b.jpg



部屋には小さなバルコニーが付いていて、そこからは街から続いている家並みも見えます。うーん・・・可愛い家々ですね。


Ou5TrC0Tamd280.jpg



山肌もホテル近くまで迫っています。


JEwnai01SU26e0.jpg



可愛い家を発見。こういう家に住んでみたいものです。後ろに見えている山の上のほうが少し靄っていますね。眺望が悪くならなければ、いいのですが・・・。


ayQ43iw4Xfc1fd.jpg



さて、いつまでもぐずぐずせずに塩抗に向かいます。ザルツカンマーグートは、名前の《ザルツ》の通り昔から岩塩の産地で有名です。実はそれほど塩抗に興味があるわけではありませんが、塩抗がある山の上からの絶景に期待しているんです。それに何と、この塩抗は冬の間はお休みで春になるとオープンするのですが、それが昨日(4月20日)からなんです。グッドタイミングでのハルシュタット訪問になりました。
塩抗は4時までにケーブルカーに乗らないとツアーに参加できないので、急がないといけないんです。後、1時間でクローズです。
ケーブルカーの駅はホテルのすぐ近くで、オーナーが割引券をくれました。ラッキー! ダンケ・シェーン!
ホテルを出ると、良いお天気で、綺麗な小川も流れています。


telP1HSompb75d.jpg



周りの山の美しさ、草花の美しさ、これぞザルツカンマーグートです。


NxU90s3lVKdb58.jpg



すぐに、急な山の斜面に敷設されたケーブルカーの軌道が見えてきます。つい、saraiは足が早まります。


a50diq2RDU9334.jpg



塩抗に上るケーブルカー乗り場に到着。


lpEvDm7Ujqf02d.jpg



塩抗に上るケーブルカー乗り場で振り返ると、周りは美しい雪山が見えます。ケーブルカーで上った山の上からは綺麗に見渡せるでしょう。


CoZ2t85iv93af1.jpg



窓口でケーブルカーと塩抗ツアーのセット券を購入。1人26ユーロです。ホテルのオーナーから貰った割引券を出すと、2ユーロの割引で24ユーロになりました。ちょっとだけ、得した気持ち。


PKnNyFzCS564b1.jpg



塩抗の説明パンフレットもゲット。ドイツ語の他に英語でも書かれています。助かります。


H0BV5sidPI57d9.jpg



ケーブルカー乗り場の建物に入ります。次の発車は3時15分と表示されています。15分おきの発車のようで、後5分ほどです。最終便の4時には余裕で間に合いました。


kw2n8Ti8PE8a19.jpg



チケットのバーコードをかざすと、入場ゲートのバーが開きます。


SPan5mrHbo5796.jpg



奥のドアの先がケーブルカーのホームのようです。


spgNIIjXps1590.jpg



壁にケーブルカーのデータが掲示されています。24人乗りの車両で300m以上の高さを上るようです。できたのは1980年ですから、そんなに昔からあるわけではありませんね。


e6Y0ICHAf_c492.jpg



この後、ケーブルカーで山に上り絶景を楽しみます。

船着き場~ホテル~ケーブルカー乗り場のルートを地図で確認しておきましょう。


2014011301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR