FC2ブログ
 
  

フィリップ・ジャルスキー&ヴェニス・バロック・オーケストラ @東京オペラシティ 2014.4.25

今日はカウンターテナーのフィリップ・ジャルスキーのリサイタルを聴きました。ジャルスキーを聴くのも初めてだし、カウンターテナーのリサイタルを聴くのも初めてです。これは5月末からのヨーロッパ遠征の前哨戦です。ザルツブルグ精霊降臨音楽祭で同じくカウンターテナーのフランコ・ファジョーリのリサイタルを聴くので、とりあえず、同じカテゴリーのプログラムを体験しておこうということです。(フランコ・ファジョーリのリサイタルはオランダ在住のお友達レイネさんの強いお勧めで行くことにしました。カウンターテナーのことは彼女以上に詳しい人は知りません。詳しくはレイネさんのブログをご覧ください。)
ただし、今日のジャルスキーのリサイタルは18世紀のバロック・オペラのアリア、ザルツブルグ精霊降臨音楽祭のファジョーリのリサイタルは19世紀のオペラのアリアとかなりの相違点はあります。どちらもカストラートをテーマにしているところは同じです。カストラートは19世紀に活躍したGiambattista Vellutiが最後の代表的なカストラートで、その後、カストラートは禁止になりました。現代の我々は決してカストラートの声を聴くことはできません。一体、どんな声だったんでしょう。一度だけでも聴いてみたいものです。生でね。ザルツブルグ精霊降臨音楽祭のファジョーリのリサイタルは最後のカストラート、Vellutiをテーマにしています。今日のジャルスキーのリサイタルはは18世紀前半に活躍したファリネッリとカレスティーニをテーマとしています。今や若手の実力派カウンターテナーの眼は過去のカストラートに向けられているようです。
今日のリサイタルはポルポラがファリネッリのために作曲したアリア、ヘンデルがカレスティーニのために作曲したアリアを大きく取り上げたものです。

まず、今日のプログラムを紹介しておきます。

  カウンターテナー:フィリップ・ジャルスキー
  管弦楽:ヴェニス・バロック・オーケストラ

  ポルポラ:歌劇『ジェルマーニコ』序曲
ポルポラ:歌劇『アリアンナとテーゼオ』より「天をご覧なさい」 
ポルポラ:歌劇『身分の知れたセミラーミデ』より「これほど憐れみ深く貴方の唇が」 
ヘンデル:《12の合奏協奏曲》第4番 op.6-4 HWV322
ヘンデル:歌劇『アルチーナ』より「甘い情愛がわたしを誘う」 
ヘンデル:歌劇『アルチーナ』より「いるのはヒルカニアの」 

  《休憩》

ヘンデル:歌劇『オレステ』より「凄まじい嵐にかき乱されながらも」
ヘンデル:歌劇『アリオダンテ』より「戯れるがよい、不実な女め」 
ヘンデル:《12の合奏協奏曲》第1番 op.6-1 HWV319
ポルポラ:歌劇『ポリフェーモ』より「いと高きジョーヴェさま」 
ポルポラ:歌劇『ポリフェーモ』より「愛しの人を待つあいだ」 

   《アンコール》
     ヘンデル:歌劇『リナルド』より「私を泣かせてください」
     ヘンデル:歌劇『セルセ』より「オンブラ・マイ・フ」

今日のプログラムを概観すると、最初のポルポラの序曲を除くと、前半のプログラムと後半のプログラムが対称形に配置されています。いかにもバロックの建築様式を模しているようでとてもお洒落ですね。なお、今日のプログラムでのアリアはすべて、ジャルスキーの歌唱をYOUTUBEで聴くことが可能です。saraiも十分に予習しました。

最初のポルポラの歌劇『ジェルマーニコ』序曲を聴くと、ヴェニス・バロック・オーケストラはバロックの典雅さを感じさせるだけでなく、イタリアの晴れ渡る青空のような明るい響きに満ちています。よく言えば爽やか、悪く言えば軽すぎるというところ。まあ、決して、悪い印象はありません。

ジャルスキーは最初は少し抑え気味に感じられる歌唱。ピュアーで透明な声の響きは健在です。それにスター性のある存在感があります。ヘンデルの歌劇『アルチーナ』のアリアあたりから、声もよく響くようになって、素晴らしい歌唱です。高音も素晴らしいです。しかし、圧巻は後半でした。まず、ヘンデルの歌劇『アリオダンテ』より「戯れるがよい、不実な女め」のアリアはヘンデルの天才的なメロディーメーカーぶりも幸いして、素晴らしい歌唱です。余程、相性のよい曲らしく、気魄のこもった歌唱で、悲嘆、詠嘆、復讐心などの感情が見事に表現されていて、すっかり堪能させてもらいました。さらにポルポラの歌劇『ポリフェーモ』より「いと高きジョーヴェさま」の美しい歌唱にはうっとりです。最後の同じく歌劇『ポリフェーモ』より「愛しの人を待つあいだ」もテクニックも感情も最高のものでした。贅沢を言えば、バロック歌唱のコロコロがチェチーリア・バルトリ並みとは言いませんが、もう少し迫力があればと思わないでもありませんでした。

アンコールはヘンデルの最高の名曲2曲を美しく聴かせてもらい、何も言うことはありません。

ジャルスキーを最初に注目したのは、2012年のザルツブルグ精霊降臨音楽祭でのヘンデルのオペラ《ジュリオ・チェーザレ》。セスト役のジャルスキーとセストの母コルネリア役のフォン・オッターの2重唱の美しさには、正直、参りました。それでジャルスキーには注目していたんです。今後のヨーロッパ遠征ではジャルスキーを始め、若手のカウンターテナーの動静とバロック・オペラからは目が離せません。高水準のバロック・オペラはヨーロッパでしか鑑賞が難しいですからね。





↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR