FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:王宮の丘をウィーン門から漁夫の砦へぶらぶら

2013年6月1日土曜日@ブダペスト/2回目

セール・カルマン広場Széll Kálmán tér(旧モスクワ広場)から階段を上がったところにあるヴァールフォク通りVárfok utcaのバス停から16番のバスに乗って、王宮の丘Várを目指します。土曜日のせいか、多くの人、特に若い女性の姿が目立ちます。バスは乗り込もうとする人でごったがえしています。


DjNh0tCo0I9a52.jpg



バスの車内は思ったほどの混雑ではありません。


28JbHe2NKCfff4.jpg



バスはあっという間に王宮の丘の北端にあるウィーン門Bécsi kapuに到着。かなりの登り坂だったので、結果的にはバスにのって正解です。ウィーン門の前でバスを降りて、王宮の丘を散策します。ウィーン門はかって18世紀には城門があった場所に、1936年にオスマン帝国からの解放250周年を記念して造られた堅牢な石造りの門です。


tJbpM22Pogc0ea.jpg



門の前にはウィーン門広場Bécsi kapu térがあります。広場には天使の像と向い合せに白い教会、ルーテル派教会Budavári Evangélikus Templom és Gyülekezetが建っています。


piAWo30ankd452.jpg



ウィーン門の城壁の上に上がると、ブダペストBudapestの街が見渡せます。美しい景色です。


s5HLj3Hh1Ybc6e.jpg



城壁の上からの眺めを楽しみます。


9pmrtq9bSNd1f2.jpg



これが城壁の上から見たウィーン門です。


cAo72tfds73cc9.jpg



城壁の上の端まで行くと、ブダペストの街が綺麗に見渡せます。


JjOdIxgEkxd4ad.jpg



ウィーン門の上から見たルーテル派教会です。


VPaSaXuLOV708f.jpg



ウィーン門広場には、いかにも古いハンガリー風の建物が並んでいます。


52_ynNMpDvf246.jpg



これはルーテル派教会に向かって、十字架を捧げ持つ天使の像です。


Gu853NdSii1046.jpg



ウィーン門広場からは静かな通りがマーチャーシュ教会Mátyás-templomに向かって続いています。


nRUGfhuOfg85d1.jpg



意外にこの辺りは人が少ないです。観光地のはずなんですけどね。ウィーン門広場から西の方に歩きます。立派な大きな建物があります。軍事歴史博物館Hadtörténeti Múzeumでしょうか。


WEflh_dCez2f4b.jpg



さらに進むと、ちょっと異様な形の建物があります。マーリア・マグドルナ塔Mária Magdolna Toronyです。もともとは13世紀に建てられた教会ですが、第2次世界大戦で破壊されて、この塔だけが残っています。この塔は鐘楼だったそうです。1997年に修復され、戦争の悲惨さを伝えるための展示物となっています。


ZOTTY6Rp3fd93f.jpg



今度は漁夫の砦Halászbástyaの方向に歩いていきましょう。石畳の道は大規模修復中です。


niiPTWb2SWf6de.jpg



その工事中の道の間を進んで行くと、マーチャーシュ教会が近くに見える通りに出ます。


SKVU4beaeIb496.jpg



教会の方に向かわずに、漁夫の砦の方にとりあえず向かいます。砦の端には下に降りていく階段があるので、ちょっと下りてみましょう。漁夫の砦の下にある緑の園に出ます。


M11LbMk28Z0c72.jpg



砦を下から見上げながら、小鳥が賑やかに鳴く木立の中を歩きます。


roE4vhNWHQ9957.jpg



下から見上げる漁夫の砦の尖塔は雄大です。


0y9OLQ_Qm0a863.jpg



この漁夫の砦は戦争のために建造されたのではなく、街の美化のために建てられたもので、白い石灰岩で作られた美しい建造物です。


H_U6npNFmT637b.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014042901.jpg



漁夫の砦の下の散策は続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR