FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:グラーベン通り、コールマルクト通りあたりをぐるりと散策

2013年6月23日日曜日@ウィーン/2回目

アウグスティナー教会Augustinerkircheのミサを少し聴いて、ヨーゼフプラッツJosefsplatzの路地に出ます。路地を少し進み、左手の路地のシュピーゲルガッセSpiegelgasseを覗くと、オーストリア演劇博物館Österreichisches Theatermuseumの建物があります。あまり興味を惹くような展示会はやっていませんね。


I3Hbe410_jee5d.jpg



ヨーゼフプラッツの路地を少し戻って、ドローテーアガッセDorotheergasseの路地に歩み入ります。すぐに右手にドロテウムDorotheumの建物が見えてきます。赤い旗が下がっています。ドロテウムはヨーロッパではサザビーズと並ぶ有数のオークションハウスです。一度中に入ってみたいですが、今回はパス。


tu9GSgYjF8b60f.jpg



ドロテウムの向かいには、ルーテル市中教会 (Lutherische Stadtkirche) があります。この辺りは教会だらけです。


BR1Vipgjzn977c.jpg



さらにドローテーアガッセを進むと、左手に路地シュタルブルクガッセStallburggasseが現れます。路地の先には、聖ミヒャエル教会St. Michael Kircheの尖塔が見えます。路地には、カフェ・ブロイナーホーフCafé Bräunerhofも見えます。この伝統あるカフェは作家ホフマンスタールが通っていたカフェです。オペラ《薔薇の騎士》の台本作家のホフマンスタールを偲んでお茶するのも一興ですが、今日は決まったプランがあるので、それは別の機会にしましょう。


6VENMiEtUZeeb0.jpg



とは言え、なんとなくこの路地が気になって、このシュタルブルクガッセに入り込みます。この路地はすぐに、ミヒャエル教会の裏通りの路地ハプスブルガーガッセHabsburgergasseに突き当ります。


SnFQCo8jrgd6b2.jpg



ハプスブルガーガッセの路地で右の方を見ると、古色蒼然としたバロック様式の建物が目立ちます。ペルチー・パレ・ホテルPalais-Hotel Pertschyです。Cavriani宮殿の建物を利用した4つ星ホテルだそうです。


bcszogcWN12fd8.jpg



左を見ると、ミヒャエル門Michaeltorがすぐそこに見えます。


atUziE3W1Va072.jpg



ミヒャエル門に戻るのもなんなので、ハプスブルガーガッセの路地を北の方に歩きます。やがて、グラーベン通りGrabenに出ます。通りの真ん中には聖ヨセフ像が立っています。その像を挟むように、地下の公共トイレの入り口があります。


t8FqGJJGalbe44.jpg



グラーベン通りがコールマルクト通りKohlmarktにぶつかるところには、高級スーパーのユリウス・マインルJulius Meinlが見えています。もちろん、今日は休業中のままです。


MFgBDilAYn39c0.jpg



グラーベン通りをシュテファンズプラッツStephansplatzの方に向かって歩きます。


KAqAkjexJi35b9.jpg



ペスト記念塔Wiener Pestsäuleの近くまできました。


ai1mE8Rlmtf32b.jpg



ペスト記念塔を過ぎると、今度はバーベンベルク家のレオポルト3世の像があります。この辺りはお馴染みのものですね。


mRZJrfBKN_d9bc.jpg



ケルントナー通りKärntner Straßeまで行ってもよかったのですが、人混みを避けて、手前の路地ドロテーアーガッセDorotheergasseに右折します。


LxloQf3Vhoffe0.jpg



路地の右側に有名カフェのカフェ・ハヴェルカCafé Hawelkaがあります。このカフェもパスして通り過ぎます。


oWL3OLcHn_b032.jpg



カフェ・ハヴェルカのテラス席は混み合っています。中の席は暗くて狭いので、テラス席の方が気持ちよいでしょう。


hhuMX4PEhW938f.jpg



路地をさらに進むと、ウィーン最古の音楽専門店のドブリンガーDoblinger Musikhaus und Musikverlagです。クラシック音楽のCDやDVDがありますが、何と言ってもクラシック音楽の楽譜が充実しています。


tei9GSjTXr8bde.jpg



ドブリンガーの店内に入っていきたいところですが、今日は日曜日でお休みです。恨めしく、店の前を通り過ぎます。


gZLK00NpPSb45f.jpg



こうやって散策しながら時間つぶしをしたのは、saraiがウィーンを離れる前にカフェ・ハイナーCafe L.Heinerで最後のお茶をしたいからです。朝食のお腹も落ち着いたので、再びカフェ・ハイナーに向かいます。

今回の散策ルート(アウグスティナー教会からカフェ・ハイナーまで)を地図で確認しておきましょう。赤い矢印が前回(カフェ・ハイナーからアウグスティナー教会まで)のルートで、緑色の矢印が今回のルートです。カフェ・ハイナーを起点にグラーベン通り、コールマルクト通り辺りをぐるりと周回したことになります。


oxaXTAM9Kucf2f.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR