fc2ブログ
 
  

saraiの音楽総決算2014:オペラ・オペレッタ・バレエ編

さて、前回に引き続き、今年の音楽の総決算です。

今回はオペラ・オペレッタ・バレエ編です。
今年はオペラはすべて海外での公演しか聴いていません。ですから今年も海外で聴いたオペラからの選定になります。あっ、バレエは日本でも見ました。
ちなみに昨年の結果はここです。

で、今年は以下をベスト5に選びました。

1位 チェネレントラ@ザルツブルグ・モーツァルト劇場 2014.6.5

2位 《ナクソス島のアリアドネ》@ウィーン国立歌劇場 2014.6.11
   《ナクソス島のアリアドネ》2回目@ウィーン国立歌劇場 2014.6.15

3位 我らがチェチーリア:ロッシーニ《オテロ》@ザルツブルグ祝祭大劇場 2014.6.9

4位 ホフマン物語@マドリッド・レアル劇場 2014.5.28

5位 美し過ぎるザハーロワ:ボリショイ・バレエ《白鳥の湖》@オーチャードホール 2014.11.24

ザルツブルグ精霊降臨音楽祭の初日、オープニングを飾ったロッシーニの歌劇《チェネレントラ》。初めて生で聴いたチェチーリア・バルトリはやはり素晴らしかった。というよりも凄かった。久しぶりに凄いオペラを見たという感覚でした。生涯に何度かしか聴けないオペラでした。ラミロ王子役のハヴィエル・カマレーナも素晴らしく張りのある声で見事なテノール。いやはや、世界は広い。オペラ終盤は強い感動に襲われました。それにしてもバルトリのアジリタは凄まじいばかりです。

今年は毎年見ていた《薔薇の騎士》は見ることができませんでしたが、その代わり、R・シュトラウスの《ナクソス島のアリアドネ》を久しぶりに聴くことができました。やはり、ウィーンで聴くR・シュトラウスは素晴らしいとしか言いようがありません。もう、グルベローヴァのツェルビネッタを聴くことはかないませんが、新時代のアリアドネは聴き応え十分でした。それにこの日はR・シュトラウス生誕150年という節目の年の、それも誕生日で正真正銘の生誕150年の公演というおまけ付き。やはり、R・シュトラウスのオペラはいいですね。2回目に聴いた公演もさらに素晴らしい内容で夢のような時間を過ごしました。

ロッシーニの《オテロ》はきっと、2度と聴けないオペラになるでしょう。珍しいオペラですからね。これは聴き逃せないという気持ちで公演に足を運びましたが、それがなかなか素晴らしい。特にバルトリの歌う《柳の歌》は彼女の独壇場。素晴らしいったら、ありゃしません。

《ホフマン物語》も久しぶりに聴きました。何と言ってもニクラウス/ミューズ役のアンネ・ゾフィー・フォン・オッターの名唱がすべてです。付け加えて言えば、日本では上演不可能な過激な演出も凄いと言えば凄い。まあ、目の毒になるので、音楽を聴く邪魔にはなりましたけどね。

バレエは遂に美しいザハーロワが踊る白鳥・黒鳥を見ました。やはり、これは一度は見ておかないといけませんね。究極の美に酔いしれました。

バルセロナで見たワルキューレもなかなかのオペラでした。これは次点。

次点 ワルキューレ@バルセロナ・リセウ劇場 2014.6.3

次回はオーケストラ・声楽曲編です。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

通りすがりさん

コメント、ありがとうございます。正直、もう2年ほど前のコンサートなので、詳細は覚えておらず、自分の文章を信じるしかないのですが、生演奏とテレビで

05/13 23:47 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR