FC2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:アルハンブラ宮殿内の広大な敷地をぶらぶら

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/2回目

グラナダで早起きして、アルハンブラ宮殿の朝一番の入場の列に並びました。まずは予約したチケットの入手です。
オープン時間の8時になって、予約済の人と当日券を求める人、それぞれの行列が遅々とはしていますが進み始めました。横目に見ると、チケットを手にいれた人は入場の列に並んでいます。予約していてもなかなかです。

2015011001.jpg


ようやく順番になり、窓口で予約済みチケットを受け取ります。

2015011002.jpg


これがそのチケット。アルハンブラ宮殿の全域に入場できるスーパーチケット。一人15.4ユーロ。一番の見どころであるナスル朝宮殿の入場予約時間は9時です。ナスル朝宮殿の入場は30分ごとの入場制限になっているんです。

2015011003.jpg


チケットを手にして、ようやく入場の列に並びます。

2015011004.jpg


すぐにアルハンブラ宮殿Palacio de La Alhambraの広大な敷地の中に入れました。宮殿の城壁に向かって、敷地内の並木道を進んでいきます。

2015011005.jpg


宮殿を取り囲む城壁の入り口に出ました。アルハンブラ宮殿は1238年に建国されたグラナダ王国のナスル朝初代王アル・アフマールによって、アルハンブラ城内に築城された王宮です。スペイン・イスラム文明を代表する輝かしいモニュメントです。

2015011006.jpg


城壁自体はそう高くはありませんが、その周りには濠が巡らせてあるので、堅固な城塞になっています。

2015011007.jpg


濠の上の橋を渡って、城壁に向かいます。

2015011008.jpg


いよいよ、この先がアルハンブラ宮殿の城壁の内部です。

2015011009.jpg


城壁内は美しい緑の庭園の道が続きます。

2015011010.jpg


傍らには城壁も続いています。

2015011011.jpg


よく整備された清々しい朝の庭園の道を歩いていきます。

2015011012.jpg


左手にはいったんは離れた城壁が近づき、城壁の向こうにはグラナダの街も眼下に広がっているようですが、あまりよくは見えません。

2015011013.jpg


綺麗に刈り込まれた樹木の垣根に挟まれた美しい路に出てきました。

2015011014.jpg


右手の垣根の隙間からは瀟洒な建物が見えます。これはパラドール・デ・グラナダでしょうか。

2015011015.jpg


やはり、パラドールでした。古い修道院を改装した国営のホテルです。ここに宿泊することも検討しましたが、既にパラドールは一昨日にトレドでも体験しましたし、このアルハンブラのパラドールは宿泊料金が高いので宿泊を断念し、グラナダ市内のリーズナブルな料金のホテルに泊まったんです。

2015011016.jpg


検問所のようなところが見えます。

2015011017.jpg


このゲートは特にチェックなしに抜けられます。この先はいよいよ、アルハンブラ宮殿の中枢的な建物が並んでいるのでしょう。

2015011018.jpg


道標に従って、ナスル朝宮殿、アルカサバの方に向かって、歩いていきます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR