fc2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:アルカサバのベラの塔からの絶景

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/5回目

アルハンブラ宮殿の軍事要塞アルカサバの一番高い塔、ベラの塔に上ったところです。塔の上からアルカサバを見下ろします。アルカサバ内に朝日が差し込もうとしています。

2015011301.jpg


ベラの塔からの眺めは最高で、眼下にグラナダの街が一望できます。
これはアルカサバの先端方向(西)の眺めです。ヌエバ広場からカテドラルまで一望できます。

2015011302.jpg


これは南の方の眺め。アルハンブラ宮殿の丘の裾野の森、グラナダの街、遠くにはシェラ・ネバダ山脈も望めます。

2015011303.jpg


こちらは北の方の眺め。アルバイシンの街並みからサクロモンテの丘の一帯が望めます。

2015011304.jpg


こちらは東の方の眺め。アルカサバの全景に遮られていますが、その先は広大なアルハンブラ宮殿が続いています。

2015011305.jpg


ベラの塔からは四方が見渡せ、歩哨の見張りに最適な場所だったことが分かります。
最後にシェラ・ネバダ山脈の雪を抱く峰々を眺めます。かって、この城の最後の王ボアブディル(ムハンマド11世)は落城したアルハンブラ宮殿から落ちのびる途中、シェラ・ネバダの丘の上からアルハンブラ宮殿を視界にして、惜別の涙にくれたそうです。このとき、スペインでのイスラム勢力が一掃されて、イベリア半島がカトリック教徒の手に戻りました。1492年のことです。レコンキスタが完了した年であり、グラナダを征服したイサベル女王の援助を受けたコロンブスが新大陸に到達した年でもあります。世界史的に記念すべき年で、その舞台がここでした。

2015011306.jpg


さて、そろそろベラの塔を下りて、アルカサバを抜け出しましょう。下を眺めると、この塔の高さがうかがいしれます。

2015011307.jpg


狭い石段を下りていきます。その先は狭いトンネルが続き、外の光が見えてきました。

2015011308.jpg


ここはまだアルカサバの中です。まさに迷宮の中という雰囲気。

2015011309.jpg


ようやく外に出ました。大きな水槽に水が満々と溜められています。

2015011310.jpg


アルカサバの外壁に沿った美しい塁壁公園を歩きます。

2015011311.jpg


公園には噴水があります。水は砂漠の民のこだわったものだったのでしょう。

2015011312.jpg


塁壁公園の出口です。

2015011313.jpg


最後に高い壁の間の通路を抜けて、アルカサバを出ていきます。

2015011314.jpg


アルカサバの出口前に出ました。

2015011315.jpg


ぶどう酒の門Puerta de Vinoを抜けて、アルカサバを出ます。

2015011316.jpg


アルカサバに最後の一瞥をくれます。塁壁に沿った通路が続いています。

2015011317.jpg


アルカサバを抜けて、ナスル朝宮殿の前の美しい花が咲く庭園に出ました。そろそろナスル朝宮殿の予約時間です。

2015011318.jpg


次回からは美しいナスル朝宮殿を堪能していきます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR