FC2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:ナスル宮殿に入場し、あまりの美しさにボー然

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/6回目

アルハンブラ宮殿を散策。アルカサバを見終わって、アルカサバの前に出ました。

2015011401.jpg


予約時間の9時にナスル宮殿前に行くと、既に長い行列ができています。少し甘く見て、出遅れたかもしれません。9時予約の人たちはかなり以前から行列を作っていたようです。

2015011402.jpg


ちょうど花壇の前に行列ができているので、綺麗な花でも見ながら、行列が進むのを待ちます。アルハンブラ宮殿は緑豊かで、この時期は一際、花が咲き乱れ、楽園のようです。

2015011403.jpg


5分ほどで行列はずい分進みました。半分以上は前に進みました。後方にはアルカサバが見えています。

2015011404.jpg


ナスル宮殿Palacios Nazaríesの入り口が近づいてきました。

2015011405.jpg


いよいよ、ナスル宮殿に入ります。並んで10分ほどです。9時10分になりました。

2015011406.jpg


ナスル宮殿に入り、最初の部屋に向かいます。メスアール(裁き)の間Sala del Maxuarです。ナスル宮殿で最も古い部分です。

2015011407.jpg


これはメスアールの間の内部。細い大理石の柱が天井からの重みを支えています。ほの暗い空間は光と闇が交錯しています。この部屋はナスル朝時代、行政と司法の中心でした。何かしら、威厳のようなものを感じます。

2015011408.jpg


壁に施されたイスラム文様に目を奪われます。何と言う緻密な装飾でしょう。職人の美的なセンスと丹念な仕事ぶりに驚嘆します。

2015011409.jpg


規則的な文様の連続の間にまるで王冠のような装飾が目を惹きます。イスラム芸術の奥深さを感じます。

2015011410.jpg


全体に色彩のない文様が続いていますが、時折、色鮮やかなタイルがアクセントになっています。色彩豊かな芸術は後年、追加されたものなのでしょうか。

2015011411.jpg


メスアールの間から次の部屋に進みます。

2015011412.jpg


これはメスアールのパティオPatio del Maxuarです。コマレス宮に続くファサードの壁一面に緻密な装飾が施されています。圧倒的な美しさです。この美しい中庭は、かって王宮を来訪した者の控室として使われていたそうです。来訪者はさぞや、この中庭の美しさに度肝を抜かれたことでしょう。

2015011413.jpg


メスアールの間の北隣には黄金の間Cuart Doradoがあり、そこからはアルバイシンの眺めが楽しめます。

2015011414.jpg


黄金の間の天井です。美しい幾何学模様が広がっています。見事な装飾です。

2015011415.jpg


黄金の間の壁面に施された超緻密な装飾文様に言葉を失います。イスラム文化の素晴らしさに驚嘆するのみです。

2015011416.jpg


この超緻密なイスラム芸術と青空の組み合わせは何とも贅沢な空間になっています。感動的ですね。

2015011417.jpg


黄金の間とメスアールのパティオの美しさに感銘を受け、しばし、この場に立ちすくんでいます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR