FC2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:二姉妹の間は最高の芸術作品、感嘆・賛美!!

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/10回目

アルハンブラ宮殿の中核をなすナスル宮殿でもとびっきりの美しさを誇るライオンの中庭とアベンセラッヘスの間に圧倒的されながら、隣にある諸王の間に移動します。
諸王の間Sala de los Reyesはライオンの中庭の東側にある部屋です。これまた素晴らしい意匠が凝らされていますが、ほかの場所のイスラム建築で慣れっこになったせいか、ああこんなものねという余裕で鑑賞します。天井は鍾乳石飾りでアーチ型の壁はレース風の細工です。定番って感じですね。

2015012001.jpg


諸王の間はアーチ型の仕切り壁で数室に分かれています。このアーチ型の仕切り壁の連なりが美しいです。アーチ型の仕切り壁は石の彫刻ですが、布のレースを思わせる質感です。究極の職人技ですね。

2015012002.jpg


天井の蜂の巣状の鍾乳石飾りは、やはり見事な出来栄えです。

2015012003.jpg


部屋の端の壁に開けられた窓からの緑豊かな眺めも格別に感じます。人間の作り上げた最高峰の装飾建築も素晴らしいですが、ぱーっと見える自然も美しいものです。

2015012004.jpg


再び、ライオンの中庭に戻ります。本当にユーモラスなライオン君達です。かってのサラセン人の王たちもきっと心を和ませたことでしょう。

2015012005.jpg


ライオンの中庭を取り囲むアーチ型の柱廊を最後に見やりながら、ナスル宮殿を代表する部屋に向かいます。

2015012006.jpg


ライオンの中庭の北側に二姉妹の間Sala de Dos Hermanasがあります。部屋に入ると、自然に目が天井に吸い寄せられます。何とも素晴らしい鍾乳石飾りではありませんか。アベンセラッヘスの間の天井で驚嘆しましたが、これはそれを上回る完成度です。これはもう神の領域です。

2015012007.jpg


美しいのは天井だけではありません。壁面の美しい文様、透かし彫りの窓、鍾乳石の氷柱のように垂れ下がる天井下部、入り口の見事なアーチ・・・完璧な空間が形作られています。

2015012008.jpg


呆然と部屋の中央に立ちすくんで、美し過ぎる空間をただただ眺めるだけです。

2015012009.jpg


これが壁の文様です。この精緻な文様が壁面をびっしりと埋め尽くしています。この凄さを形容する言葉が見つかりません。

2015012010.jpg


二姉妹の間の奥には、美しい庭園リンダラハのパティオを望むバルコニーがあります。リンダラハのバルコニーBalcón de Lindarajaです。筆舌尽し難い美しさです。この抗しがたい究極の美に酔いしれます。昔日はハーレムの女性たちの憩いの場だったそうです。何とも贅沢過ぎる憩いの場です。人工美と自然美の最高の結合です。それにしても、文様の趣味のよさに強く惹き付けられます。

2015012011.jpg


バルコニーの色鮮やかな天井も印象的です。

2015012012.jpg


バルコニーのある部屋全体も精密な細工が施されています。

2015012013.jpg


細部を見ると、見事な文様であることが分かります。

2015012014.jpg


再び、二姉妹の間の天井を鑑賞します。圧倒的な芸術作品です。

2015012015.jpg


天井をズームアップして仔細に観察しますが、実に緻密です。一体、どうやって作り上げたんでしょう。

2015012016.jpg


これは天井の下部の部分です。同様に緻密さに感嘆します。

2015012017.jpg


もう少し、ナスル宮殿最高の芸術作品の中にいましょう。まだ、立ち去り難いですからね。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR