FC2ブログ
 
  

グラナダでアルハンブラ宮殿拝見:カテドラルの見学を終え、グラナダ観光完了

2014年5月31日土曜日@グラナダ~カディス/16回目

グラナダのカテドラルを見学中です。
グラナダをイスラム勢力からカトリック勢力が取り戻した後、イスラム教のモスク跡に1518年よりカテドラルの建設が開始されました。初めはトレドのカテドラルに基づいてゴシック様式の基礎工事が行われましたが、1528年以降はディエゴ・デ・シロエが建設の指揮を執り、プラテレスコ様式で建設が進められることになります。プラテレスコ様式はイタリア・ルネッサンス様式の影響を受けつつ、構造的にはゴシック様式を踏襲し、さらに装飾的にはアラブのムデハル様式を用いるなど、いろんな様式を折衷したものです。その後、ルネッサンス様式に傾倒しながら、1704年までほぼ200年にわたって工事が続けられました。最終的に塔の部分は未完に終わりましたが、プラテレスコ様式最大の建造物になりました。シロエの手になる黄金の主祭壇が最大の見ものです。そのあたりを熱心に眺めています。主祭壇の手前の柱周辺の装飾は見事です。

2015012801.jpg


反対側の左の柱周辺も見事な装飾が施されています。

2015012802.jpg


主祭壇の前から後方を眺めます。白い壁、柱、天井で構成された空間です。左右の壁にはパイプオルガンも見えます。

2015012803.jpg


主祭壇の裏に続く通廊です。ステンドグラスも見えています。

2015012804.jpg


これは明るい光に満ちた側廊ですね。カテドラルの内装は白に統一されて美しく輝いています。

2015012805.jpg


これはパイプオルガンの一部のようですが、華麗な装飾が施されています。
2015012806.jpg


白い壁にあけられた丸窓は聖人を描いたステンドグラスになっていて、とても綺麗です。

2015012807.jpg


美しい装飾、柱などで構成される複雑な空間は不思議な美しさが感じられます。ムデハル様式によるものでしょうか。ヨーロッパの普通のカトリック建造物と趣を異にしています。

2015012808.jpg


主祭壇を真横から見ると、また感じが違って見えます。

2015012809.jpg


グラナダのカテドラルはトレドのカテドラルほどの規模の大きさはありませんが、アラブのテーストの感じられる一味違った教会建築でした。

アルハンブラ宮殿を見た後、急ぎ足で宮廷礼拝室、カテドラルを見て周りグラナダ観光はすべて完了。また、イザベル・ラ・カトリカ広場に出ました。イサベル女王とコロンブスの像に最後のご挨拶。

2015012810.jpg


もう、予約済のセヴィーリア行のバスの出発30分前です。ホテルで荷物を受け取り、目の前にいたタクシーでグラナダのバスターミナルに駆け付けます。無事にセヴィーリアへのバス発車15分前にスタンバイ出来ました。あまりにも慌ただしいグラナダ観光で、朝御飯も食べてません。バスターミナル内の簡易なレストランで軽食をいただきましょう。

2015012811.jpg


結構混み合っていて、注文するのもなかなかです。美味しそうに食べている人が恨めしい感じ。

2015012812.jpg


とりあえず、飲み物だけでもゲットしましょう。暑くて喉が渇いています。生絞りオレンジジュースを作ってもらいます。

2015012813.jpg


ふーっ、やはり本場のオレンジジュースは美味しいですね。甘くて、濃厚な味です。

2015012814.jpg


サンドイッチはバスの中で食べることにして、テイクアウトにしてもらいました。

今日はこれからセヴィーリャまでバスで行き、そこからは電車に乗り換えて、大西洋岸の街カディスに向かいます。さあ、12時発のセヴィーリャ行のバスに乗り込みます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR