fc2ブログ
 
  

完璧なR・シュトラウスの響き、ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン@サントリーホール 2015.2.23

やはり、ティーレマンは大変な天才指揮者。saraiの予想や期待をあざ笑うかのように想像を絶する音楽を聴かせてくれます。リストもワーグナーもR・シュトラウスも最高の演奏でした。

リストの交響詩《オルフェウス》は初聴きの曲。予習で聴いたところでは、聴きやすいメロディアスな曲。ところがティーレマンの手にかかると、実に甘美な名曲に変身。オーケストラの響きも最高です。のっけから、ティーレマンの音楽の魔法にかかり、陶然としてしまいます。

次のワーグナーの《ジークフリート牧歌》は極上の名演。予習したすべての演奏を凌駕する驚くべき演奏でした。かのクナッパーツブッシュ、フルトヴェングラーの名演も霞んでしまいます。ティーレマンの演奏の基調は静かで穏やかな音楽ですが、音楽性がぎっしりと詰まった密度の濃いもので、綺麗で退屈な演奏とは対極にあるような素晴らしい演奏。そして、熱が高まってくるとロマンの極致に至り、感動で頭がいっぱいになります。ティーレマンがとびっきりのワーグナー指揮者であることを再認識させてくれました。

休憩後は今日のメインのプログラムのR・シュトラウスの《英雄の生涯》。ティーレマンの指揮でこの曲を聴くのはこれが2度目。以前、ミュンヘンのガスタイクでミュンヘン・フィルの演奏で聴きましたが、そのときとは比較にならないほどの素晴らしさ。広大なガスタイクのホールの遠い席で聴いたせいもあるかもしれませんが、今日の演奏は格別の出来に思えます。今日の演奏を聴いていると、ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンは大変な蜜月状態にあり、ティーレマンのオーケストラのコントロールがきっちりと決まっており、ティーレマンの意図する音楽が存分に表現できているのが分かります。ティーレマンのドレスデン移籍は大成功だったのが確認できました。これまでsaraiが聴いた《英雄の生涯》の最高の演奏はハイティンク+シカゴ交響楽団のみなとみらいホールでの演奏(残念ながらブログ記事未掲載)。まさか、その演奏を上回るものを聴くことになることは想像だにできませんでしたが、今日はまさにその奇跡のようなことが起こったんです。
ティーレマンはこの《英雄の生涯》から様々なものを引き出してくれました。多くは音楽的な響きによるものです。R・シュトラウスが若干35歳で作曲したこの作品は彼の最後の交響詩であり、それまでの交響詩作品を俯瞰しつつ、その後の楽劇を見据えた驚異的な作品と言えます。ティーレマンはオペラ指揮者としての経験をもとに、この作品でR・シュトラウスの過去の交響詩を総括するだけではなく、随所で後の楽劇(オペラ作品)を彷彿とさせる響きを明確に織り込んでいきます。特に《ばらの騎士》、《サロメ》の響きが感じられました。終盤では、《4つの最後の歌》の響きが聴こえてきます。この45分ほどの《英雄の生涯》でR・シュトラウスの全音楽人生を響かせてくれたのがティーレマンの演奏でした。R・シュトラウス好きにはたまらない音楽的充実度の高い《英雄の生涯》でした。
そうそう、コンサートマスターのマティアス・ヴォロングの見事なソロにも触れないわけにもいかないでしょう。シカゴ交響楽団のロバート・チェンとも拮抗する素晴らしい演奏でした。特に最後の最高音がきっちりと響いていたしね。
予習でもハイティンクとティーレマンが響きという点でとりわけ優れていると感じたのは、間違いではなかったようです。予習についてはここに書きました。

ところで、今日のプログラムは以下です。

  指揮:クリスティアン・ティーレマン
  管弦楽:シュターツカペレ・ドレスデン

  リスト:交響詩『オルフェウス』
  ワーグナー:ジークフリート牧歌

   《休憩》

  R・シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』

   《アンコール》
    ワーグナー:楽劇『ローエングリン』第3幕への前奏曲

もっと書きたいこともあるのですが、まだ、明日のブルックナーも控えているので、このあたりで止めて、早々に寝ます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ティーレマン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR