FC2ブログ
 
  

ゴージャスで見応え十分:オペレッタ《伯爵夫人マリッツァ》@ウィーン・フォルクスオーパー 2015.6.24

今日はウィーンで最後の音楽を聴きます。フォルクスオーパーでオペレッタの名作、カールマンの《伯爵夫人マリッツァ》です。

途中、1回の休憩を含んで、3時間ほどの長い公演。オペレッタらしく、歌あり、踊りあり、お芝居あり、なんでもありのぎっしりした内容。舞台装置も美しく、回り舞台を使ったきびきびした進行で無駄は何もなしという立派な公演です。

オーケストラもしっかりした演奏で、歌手陣も歌はもちろん、演技もしっかりしていて、よく練れています。
マリッツァを歌ったケスラーは初めて聴きましたが、容姿もよく、肝心の声も高音がよく出ていて、よい出来でした。欲を言えば、もう少し、伯爵夫人らしい気品が感じられればと思いましたが、それは望みすぎかもしれません。《チャルダッシュの女王》ならば、文句なしでしたね。
タシロ伯爵を歌ったプロハスカは雰囲気は最高で歌も及第点。
大御所シュライプマイヤーは場を引き締めていましたが、さすがの彼もかなり声が出なくなりましたね。
男爵コロマン・ジュパンを歌ったエダーは見事な踊りと演技でした。
三幕目で登場したのがパポウシェックとフォルクスオーパー総裁のロベルト・マイヤー。この2人の名演技にホール中が盛り上がりました。saraiはドイツ語が分からないのが残念です。特にマイヤーが出るとは思っていなかったのでびっくり。この人の存在感は特別です。日本で言えば、人間国宝みたいなものですね。

見たい、見たいと思いながら、これまで日程が合わず、なかなか見られなかった《伯爵夫人マリッツァ》は期待以上の公演でした。

プログラムとキャストは以下です。

  指揮:Johannes Pell
  演出:Thomas Enzinger
  管弦楽:ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団

  カールマン:オペレッタ《伯爵夫人マリッツァ》

  Gräfin Mariza:Astrid Kessler
  Fürst Populescu:Kurt Schreibmayer
  Baron Koloman Zsupan:Boris Eder
  Graf Tassilo Endrödy-Wittemburg:Daniel Prohaska
  Lisa, seine Schwester:Johanna Arrouas
  Karl Stephan Liebenberg:Nicolaus Hagg
  Fürstin Bozena Cuddenstein zu Chlumetz:Helga Papouschek
  Penizek, ihr Kammerdiener:Robert Meyer
  Tschekko, Diener Marizas:Michael Gempart
  Manja, Zigeunerin:Annely Peebo
  Primas:Gregory Rogers
  Ein Mädchen:Paloma Siblik

明日はアムステルダムに場所を変えて、ベルクの未完成の最後の名作、《ルル》を聴きます。オーケストラはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ですから、またまた、贅沢なサウンドを聴けそうです。


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

 

ウィーンの街歩きはヘレン通りから

今日のウィーン街歩きはヘレン通りからの路地歩き。
まずはフォルクスガルテンで終わりかかってるバラの花を見て、ミノーリテン教会からヘレン通りへ。ショッテン教会、カフェ・ツェントラルを経て、ミャエル広場へ。そこから、アム・ホーフ広場、クレント小路を抜けて、トゥーフラウベン通り。ベルクの住居を眺めます。明日は彼の遺作オペラ《ルル》を見ますからね。そして、アンカー時計の正午の音楽を聴きながら、ランチを食べるパラチンケンプファンドルへ。ランチは美味しいパラチンケンをいただき、ついでにデザートもパラチンケン。

2015062401.jpg


ランチの後、シュヴェーデンプラッツまで歩き、今日の散策は終了。リング通りを突っ切る散策になりました。そこからはトラムを乗り継いで、ホテルに戻ります。リング通りを走るトラムから、ベルゼ(証券取引所)の建物を眺めます。オペラ《ルル》の中で殺される前にシェーン博士が向かうのが、このベルゼなので、見ておかないとね。

2015062402.jpg


夜はフォルクスオーパーでオペレッタ《伯爵夫人マリッツァ》の充実した公演を見て、今日の日程は完了。これでウィーンの日程も完了です。

明日はアムステルダムに飛んで、3度目の正直で遂に国立美術館でフェルメールを見ます。そして、夜はオペラ《ルル》です。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR